「読裏クラブ」のワンツー通し

〇〇〇〇君たちへ。申し訳ない気持ちで一杯です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ロシアW杯に出場する32の国が決定しました。目出度く我が日本代表もそのリストに名を連ねています。
同じアジアでともに予選を戦ったオーストラリアも無事に大陸横断のプレーオフを制してロシアへの切符を手に入れました。
これで、アジア枠からは5つの国が。
日本・韓国・サウジアラビア・イラン・オーストラリア です。アジアからは初出場国は出現せず、それなりに常連と言えば常連。世界の人たちから見ても「おお。また彼らか」てな感じ。
しかし、我々がこうやって32のうちの5枚の切符を手にしたばかりに、当然の結果として5つの国が出場を逃がしたことになります。
その代表的な国がご存知イタリア。
それ以外でもオランダ、チリ、アメリカにスイスも。
先日の報道では我々アジアの国はイランの第3ポッドを除いて全員が第4ポッドのようです。アジアは第4ポッド大陸と言われても文句が言えない。
イタリアとオランダがもし出ていたら?そりゃもう第4ポッドのわけもなく。チリもしかり。アメリカだって第4というよりは第3のイメージ。スイスもかな。
「イタリア君、君のリーグで活躍できる選手なんてほとんどいない国なのに・・・W杯に出て、ゴメンね」 「オランダ君、大昔には鉄砲まで伝来してくれたのに、君を差し置いて・・・ゴメンね」 「アメリカ君、戦争に負けたのに、安保条約で守ってくれているのに、君を差し置いて・・・ゴメンよ」 「スイス君、永久中立国では大先輩の君を差し置いて、ゴメンナサイ」 そして「チリ君。南米チャンピオンを差し置いて、出てしまってゴメンね」
ホント、「皆さんにはお詫び申し上げます」。今後はアジア枠をもう一回考え直してもらいますので、今回だけは我々の出場をお許しくださいませ!(もうすぐまた枠、増えるけど・・・爆)



この度、2018年1月31日のスポナビブログ様の終了・閉鎖に伴い、新たに「中小企業診断士 読裏クラブのワンツー通し」を別館にてオープンさせたっす(2018年2月1日からは本館となる予定)。

従来のフットボールネタはもちろん最大継続強化!さらに野球ネタやその他のスポーツも追加エントリー!その上、診断士としての別の顔、ちょっと役に立つマーケット・ビジネスネタからゆる~~い、ベタネタやエンターテインメントまで盛沢山?

より拡がる「読裏ワールド」を展開するっす。只今「プレビューオープン」中!是非是非こちらのブックマークもよろしくお願いしますっす~! ※しばらくは両館にて記事をアップします。「はぁ、忙し!はぁ、忙し!(by 谷しげる)」

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ワールドカップ
タグ:
別館オープン
読裏ワールド
読裏クラブ
第3ポッド
第4ポッド
オーストラリア
イラン
サウジアラビア
韓国
日本
スイス
チリ
アメリカ
オランダ
イタリア

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

■遅くなってしまいましたリターンパス

>mizuha0407 さんへ

コメント有難うございました。かなり現実的ですし、かなり良く練られた案だと思います。特に中近東をこの分割で実施するのは私も大変興味深く拝読しました。というより「なるほどなぁ~・・・これ、一理あるなぁ~・・・」というメカラウロコ的な感覚でした。アジア3.5ならギリギリで我々も出られそうやしね。また今後も参考になるご意見をどしどしお願いします。

〇〇〇〇君たちへ。申し訳ない気持ちで一杯です。

サッカーの全世界的な普及活動という観点は必要なので、アジア枠4.5は少ないとは言いませんが多すぎるとは言えないかなと。
てかアジアは国の数多すぎ&移動距離長すぎで、多次予選方式になっちゃってるのをどうにかしたいですね。
それを解決するには枠増やすしかないのですが……というジレンマも。

個人的な区分けとしては2案あって
・アジアを東西に分けて2+2とする。境界線はインド中国の国境線
(西側の方が国数は多いが、オーストラリアが現状東に入るので2+2とする)

・中近東地域をひっくるめて1つの予選団体として、アフリカ、アジアから分割する。
この場合旧ソ連組はアジア側。パキスタンとかアフガニスタンはどちらでも。
出場枠は中近東3、アフリカ3、アジア3.5。
個人的にこの分割で中近東予選がものすごく見たい(イランとかサウジにエジプトチュニジアモロッコが絡む。)

出場枠を各地に割り振ることで、世界全体のサッカーのレベルは間違いなく上がってるでしょうし、次回あたりそろそろ「また彼らか」じゃないメンバーが出てきてもおかしくないですよね(そもそも今回も割とギリギリではあった)。
そうなるのであれば、私はその方が良いかなと思います。

〇〇〇〇君たちへ。申し訳ない気持ちで一杯です。

私もイタリア大好きなんで気持ちはわかりますけど、それをいっちゃうとWCがWCでなくなっちゃうかと思います。

アジアはせいぜい1.5枠。
北中米も2枠で十分。アメリカは、実際6チームのリーグ予選(10試合)で、パナマ、ホンジュラス以下の戦績だったわけですし、客観的に観て同情の余地ないと思います。
アフリカだって実績からしたら2.5枠くらいじゃないですかね。
とかとかで割り振ると、欧州:17枠、南米:8枠、アフリア:2.5枠、北中米:2.5枠、アジア1.5枠、オセアニア:0.5枠。
こんくらいが妥当な気がします。

最初から、欧州強国・伝統国と南米+それ以外の地域からFIFA推薦・承認された国でやったらええがな、ってなっちゃうような。。。。

〇〇〇〇君たちへ。申し訳ない気持ちで一杯です。

出場枠の割り振りは何を基準にするかでいろいろな意見があるからな。

今のように地域のレベルを考慮する考えもありますし、
各国内の国政選挙のように人口を重要視すれば、アジアだけで全体の半分以上になります。
他にも五輪のように、世界の各国は平等という名のもとに加盟国の数で枠を決めるのもあります。

FIFAランクも地域によってポイントの上げ底・水増しがしやすいトコもあってあてにならないからね。

予選の形式もUEFAやAFC等が予選を取り仕切るのではなく、世界のすべての国を31のブロックに抽選で割り振るのもアリです。
その一例で「日本・アイスランド・ブルキナファソ・サモア・ウルグアイ・ドミニカ」といったのが抽選で決まったりね。
その裏でネパールやボリビアに行くドイツとかもあったりね。

ただそれは移動距離と利権に潰されるだろうね。

こんな記事も読みたい

ベルギー戦選手評価 【 大迫勇也。原口元気。浅野拓磨。井手口陽介。長澤和輝。山口蛍。長友佑都。酒井宏樹。 】【FCKSA66】

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part9【スポーツ えっせい】

【侍青の風】「20周年を迎えたジョホールバルの歓喜」と「エースの交代」【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9539094

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss