「読裏クラブ」のワンツー通し

イタリア敗戦は予知できた?アズーリ敗戦の驚きの理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加


イタリアが負けた。あの老獪で、かつ洗練され、勝利の哲学を生まれながらに持ち合わせていたアズーリが、あのイタリアが負けたのだ。
そんなのは見たことがない。
それもそうだろう。60年ぶりなのだから。60年ぶりの出来事だということは、少なくとも現在59歳以下の人間にとっては「人生初」の出来事になる。
(ほとんど)人生初のW杯予選の敗退。(ほとんど)人生初のW杯に出られないW杯イヤー。
ブッフォンの涙を誰もが印象的に見つめていただろう。
さて、ここで、同じように、ブッフォンの涙を見つめていた、ある「サッカー通」の、「アズーリ通」の、イタリア敗退の弁を披露しよう。その論によれば、今回のイタリアは負けるべくして負けた。そしてその兆候は既に何年も前から現れていた・・・らしい。
その人は、私の友人であり、イタリア人になるために生まれてきたかのような日本人だ。ある百貨店のバイヤー経験もあり、優秀な管理職でもあった彼のアズーリを見る視線は、いつも厳格でいつも独特だ。
「ラピスラズリ」という宝石がある。日本でいう瑠璃色に輝くこの宝石は、濃青色で上品な輝きを放つ。その彼は宝石売場で「ラピスラズリ」という宝石の名前の由来を客に説明していた。

【ラピスとは石。ラズリとは青という意味です。ほら、あのイタリア代表の愛称であるアズーリ。あのアズーリの意味のラズーリなのですよ。つまりこの石は地中海のアズーリの薫りを運んでくれるのです。イタリア代表、ご存知ですよね?】と・・・。
当時は「Jリーグ」もなく、日本でサッカーというスポーツはまったくのマイナーであった。その時に百貨店売場で「ほら、あのイタリア代表の、あのアズーリです」と言われて誰が感心しようか?しかし、アズーリを愛するその彼は「そんなことはお構いなし」だった(らしい)。
今回のイタリア敗戦を受けて、そんな彼から私は一報を受けた。「イタリアの敗戦は既に予知できていた」というのだ。それも驚愕の理由によって。その理由を聞いて私自身も驚愕した。
その驚愕の理由を、誰もが書かなかったその理由を、我が「読裏~~読者」だけに、特別に、無料で!公開しよう!
「なぜイタリアは負けたのか?」



なんと、その理由とは・・・



「顔」らしい。。。


そう、「顔」である。イタリア代表の「顔」という意味の「顔」ではなくて、本当に「顔」だ。つまり選手の「顔」によってイタリア代表は弱体化を余儀なくされたという。。。
考えてみれば、それなりに、なんとなく、雰囲気的にも、納得できそうでもあるし納得できそうでもない理由ではあるけれど、もう少し説明を聞くと変に得心がいく。
イタリア代表の強さを測るのに、もっとも正確で、その相関が高いのは、選手11人の中にどれだけ、いわゆる「ゴッドファーザーワールド」の幹部として通用するような、そんな顔を持っている選手の数を数えればよいのだという。。。それで解るというのだ。
確かに、ピルロなんて本物の幹部としても充分通用しそうだし、その横をマッツォーラやデロッシ、ディナ・ターレなんてのが並んでいたら、それだけで「お〇っこ」が漏れそうだ。
美男子=男前=女たらしのイメージが強いデル・ピエロやインザーギ、ロベルト・バッジョだって本物?と思えばかなり本物・・・に近い危険な薫りがする。
トッティなんて、鉄砲玉上がりからそのままそれなりの幹部席に座った感がしないでもない。
それに比べると、昨夜のスウェーデン戦でそれに匹敵する選手が思い浮かべられるだろうか?
外しまくったインモービレは幹部にはほど遠く、途の片隅で「立ち売り」をしているのが似合いの雰囲気。キエッリーニはそれなりだが、どこか幹部顔ではなくて、横で突っ立ってるボディーガードタイプ。マルコ・パローロに至っては「今日は大事な取引の日なんやから、お前はお家でお寝んねしてな」と言われてもおかしくない雰囲気である。
先の「彼」の解説によれば、「今回のイタリアは幹部比率が2:9」だったと。え?「2と9を足したら11じゃん?何言ってるの?」って言うのは早合点。「11人のうち、何人が幹部顔か?比率」という意味です。だから合計は11で正しい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ワールドカップ
タグ:
インモービレ
デ・ロッシ
マッツァーロ
ブッフォン
デル・ピエーロ
トッティ
バッジョ
60年ぶり
イタリア代表
地中海
宝石
ラピスラズリ
アズーリ
幹部
マフィア

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

イタリア敗戦は予知できた?アズーリ敗戦の驚きの理由とは?

確かに!!!これは激しく同意します!
次期監督は、カペッロかトラパットーニがよいと思います!
そーいえば、ザッケローニも幹部顔じゃないですね。どうりで日本勝てなかったわけだ。。。

イタリア敗戦は予知できた?アズーリ敗戦の驚きの理由とは?

通りすがりです。
確かに2006年にイタリアが優勝した時、ガットゥーゾとかは
海賊やマフィアみたいな顔でしたもんね笑。
国は違いますが、ウルグアイのカバーニとかもガチでマフィア顔というか笑。
そういう意味ではバロテッリがいたら1点は取ってくれたかもなぁ、
と思います・・(泣)。

■ちょっと宣伝も入ってるリターンパス

>nosoccornolife さんへ
コメント有難うございます。「さすが」と言われるとメッチャ照れるんですけど。だってどう考えたって「真面目に書いてんの?」てな内容ですもんね?まぁ、ネタとして楽しんでいただければといういつものスタンスで書きました。で、いつものスタンスということですが。。。何と!タイムリーな!このブログの引越し先を本日(以降も)アップの欄にて告知しました!閉鎖が発表されてから苦節〇日!。今度はもう閉鎖の心配の要らない「独自ドメイン」にて。その名も新しく!!「中小企業診断士 読裏クラブのワンツー通し」!どうよ?新しさ満杯でしょ?(爆)以前に書いていた「読裏新聞」の延長のような感じで書いていくつもりです。せっかくここで知り合ったんですから、是非是非今後もよろしくっす!

イタリア敗戦は予知できた?アズーリ敗戦の驚きの理由とは?

お邪魔します。

さすが、読裏さまの切り口、・・・そうかもしれません。

アズーリは、4度もW杯を取っていますが、その取り方が予想通りだったことはありませんね。

なぜ、出れなかったかを考える時、なぜアズーリは予想を覆してきたか?
ということに触れなければなりません。。。ちょっと偉そう(笑)

わが鹿島の大恩人ジーコが、まさに絶頂期にあった時、黄金の中盤と呼ばれていたとき。
勝利の女神に愛されたロッシが、すべてを打ち砕きました。

本命でないときほど、アズーリは強い!

そういえば、このブログもあとわずかですね。引っ越し先は教えてくださいね!

こんな記事も読みたい

ハリルジャパンよ スローインを練習しろ【サッカーを素人ながらに日記にしてみます】

長友のブラジル戦のコメントに物言いです。【「読裏クラブ」のワンツー通し】

【侍青の風】ブラジル戦各選手採点と、日本とブラジルの選手の所属クラブの差について思うこと【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:344
  • 累計のページビュー:9539437

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss