「読裏クラブ」のワンツー通し

オーストラリア戦(H)の採点

このエントリーをはてなブックマークに追加


それでは(一日遅れの)オーストラリア戦(H)の採点です。
GK 川島 6.5 おめでとう!そしてお疲れさん!とにかく危ないシーンはあのポストに当たった瞬間だけで、あとは危なげない場面がずっと続いたわけで、それは川島のお陰でもあり、川島じゃなくても大丈夫やったんちゃうのん?という雰囲気もあり。ま、内訳明細としては、通常プレーが6.0。出場決定試合のボーナスポイントが0.5という感じです。 
DF 吉田 6.5 おめでとう!そしてお疲れさまでした!ここまでず~っと出続けて、ず~っと日本の牙城を守り切った実績に素直に敬意を表します。スピードが遅くても、足が遅くても、裏を取られると相手に追いつけなくても、そして・・・かなり危なくても、キーパーとの譲り合いで「???」があっても、とにかく日本のゴールをここまで9試合、ず~~~~っと守り切ったその実績に、◎!を献上します!というわけで内訳明細としては、今日の試合は5.5。出場決定試合のボーナスポイントが0.5。そしてこの最終予選をず~っと守ってきたその実績が0.5というところです。
DF 昌子 7.0 やったやん!?ええやん!?今日はじぇ~~んじぇん(=全然の最上級表現)危なげなかったし!そらもう鹿島のそれと全く同じやったし!しかし、助かったよねぇ~。オージーの連中が繋ぎの美学にハマっていてくれて。こっちも案外危なっかしいパスカットとかあって、速攻=カウンターを喰らったら、結構危ないシーンもあったかもしれないんだけれど、全部一旦「落とし」て、しっかり繋いでいこうとしてたからね。昌子としては、ミエミエでもボコンボコン放り込まれた方が絶対に苦しかったと思うなぁ~。はてさて・・・。今日は今日。これからW杯本番のグループリーグ初戦のピッチに君が立っているかどうか?今から長い長い戦いやね。君の採点の内訳明細は、今日のディフェンス:6.0。出場決定ボーナスポイントが0.5。そして、なんだかんだ言って身体を投げ出してオージーのシュートを寸前で止めたシーンが2回はあったので、その貢献度0.5がプラスされています。
DF 長友 8.0 で!出た!ナガト~~モ!カルチョの国の、ビッグクラブのサイドを担う、我らがナガト~~~~~モ! 今日はその君のブランドが決して色褪せていないということをしっかりと証明できた、そんな試合やったね。別に1点目のあのフィードがどうこうというような、そんな素人系の分析をするわけじゃないんだよ。90分全体を通じて、左サイドをほとんど支配していた、その君の貢献度に僕は素直に感謝の意を表して採点したんだ。得点の内訳明細は今日のプレーが7.0。出場決定ボーナスポイントが0.5です。それにナガトモのブランド価値によるプラスが0.5追加されました。
DF 酒井(宏) 7.0 「君はいつでもポカをする」「君は必ずポカをする」「君はマルセイユではなくて、ポカ・ジュニア?」と、いつも突っ込んでいた僕がいる。そんな僕は今日の君のポカを「今や今や・・・」あ、もとい!「いつ?いつ?」という心持ちで見守っていたのだが、遂に90分間、ポカを出さなかったね!こんな君を見たのはもしかしたら初めてかもしれない。というわけで、君の採点の内訳明細は今日のプレーは6.0。出場決定ボーナスポイントが0.5。そしてまさかの「ノーポカポイント」が0.5です。


MF 長谷部 6.5 帰ってきました!我らがキャプテン!ドイツの規律と、日本の武士道を融合させた男、ハセベ。またの名をベッセーハ!華麗なプレーはまったくなく、ひたすら武骨に、ひたすら勤勉に、ひたすら精神力で、この90分間を乗り越えたこと、先生、よ~~く知ってます(BY まるむし商店)。君の内訳明細は、プレー内容は5.0。出場決定ボーナスポイントが0.5。ひたすら勤勉賞に0.5。ひたすら武骨賞に0.5です。
MF 井手口 8.0 もしかしてもしかしたら、今日2017年8月31日は、日本代表がロシアW杯出場を決めた日・・・ではなくて、「あの井手口が代表の座をしっかりと捕まえた日」として、後世語られるかもしれない。そんな感じさえします。物怖じしないプレーは、その昔のG大阪の大先輩、稲本を彷彿させるし、横顔の垢抜け無さ度は、大黒を思い出すし、W杯出場決定試合後のインタビューで「たまたまです」と応えたあのフテブテしさは、往時のヒデを思い出します。プレーもとにかくイケイケ。「どいたらんかい!俺が井手口じゃ!」バリのプレーは頼もしい限り。別に点を決めたから褒めそびやかすというわけではありません。点を決めなくても逃げ切っていれば同じような採点をしていたでしょう。君の内訳明細は、今日のプレーが6.5。出場決定ボーナスポイントが0.5。コーナー全部蹴ってお疲れさん!ポイントが0.5そして君のゴールで僕に至福の時間(試合終了までの5分間)を過ごさせてくれてありがとう!ポイントが0.5です。
MF 山口 8.1 一番優秀なレフリーは、観客と出場選手がその存在を試合中に意識から消えるようなレフリーである。という話があります。ボランチというのも、ディフェンシブ・ハーフというのも、どこかそれに通じるものがあります。今日の「蛍」ってホンマ、目立たないというか、究極の表現をすれば「消えて」いたというか。なんせ試合が90分間ほとんど「ボヨンボヨンサッカー」だったもんで、「構築」とか「支配」とか「散らす」とかとは無縁の君のポジション。一番のミッションはとにかく「オージーを止めること」。従来だったら、早めに放り込んでくる彼らのプレーで後ろへ下がりながら競ったり、左右に散らされるロングフィードについて行ったりということなんだけど、今日は足元にガチガチ行けばよかったところは少しやり易すかったかもしれんけどね。今日のMOMは君です!採点の内訳明細は、プレーが7.5。出場決定ボーナスポイントが0.5。そして「井手口にはまだまだ負けたらアカンで!」の先輩の意地ポイント0.1を特別に帳尻上乗せしました。
FW 浅野 5.0 最初スタートのメンツに君の名前を見たときは、正直メチャメチャ驚きました。「え?あさの?」ってな感じ。そんな僕の感覚はそんなに外れなかったのではないか?と思っております。右サイドでフリーで貰い、前にスペースがあるシーン・・・僕は叫びましたよ!「しょ~~~ぶや!」と。何度もね。でも君は上がってきた酒井にボールを出したよね?後ろのハセベや顔を出してきた大迫を探してたよね?あれ、アカンで!もっともっとイカんと!あの先制点で採点が高くなるほど、僕のブログは甘くないからね!採点内訳明細は、4.5に、出場決定ポイント0.5です。もっと言えば4.5の内訳は、「通常のプレー5.0。先制ゴールのプラス1.0から、もっとイカんと!の▲1.5」です。
FW 乾 7.0 本当に頑張ってたよ。気持ちも見えていたし。「乾何やってんねん?」なんて思った瞬間はまったくなかったよ。ただ、乾のプレーが、今日の乾が、「これぞ乾」か?というとそれは違うわけでね。もっとボールを落ち着けて、相手を引きつけて、ペースチェンジドリで、しっかり相手を翻弄する・・・。それこそが乾だと思っているのでちょっとその辺りが「物足りない」です。ですが、まぁ、今日の試合でそんな「美しさ」や「気持ち良さ」を望む方が間違いなんやということも、「(教頭先生)よ~く知ってます(BY まるむし商店)。それを考えるとホンマお疲れさんでした!ありがとう!内訳明細はプレーに6.5。出場決定ボーナスポイントが0.5です。
FW 大迫 6.5 「大迫はキープできる」「大迫は身体を入れられる」「大迫は一人でできる」なんて評が最近はよく聞かれますが、今日のプレーを見ると「え?ぜんぜんやん?これやったら岡崎でもぜんぜんオッケーやで!」と思う今日の僕でした。僕としては毎試合毎試合とは言わないまでも、今日のように「因縁」の相手には、特にケーヒルなんかに「大迫ハンパないって!あんなん、ハンパないって!後ろ向きのボール、めっちゃトラップするもん!そんなん出来へんって・・・普通・・・」って泣きべそをかかせて欲しかったわけよ。採点内訳明細は、プレーの内容6.5。出場決定ボーナス0.5。で、「ハンパないって言わさなかったマイナスポイント」が0.5で、合計6.5です。
DER ハリルホジッチ 7.5 この試合を迎える際に「とにかくブランドある選手をかき集めて・・・挙句、定員オーバーの27人も呼んで・・・。何かポリシーも何も感じへん!」なんて思ってました。「杉本なんて出すわけないやん!」と思ってました(実際ブログにも書きました)。柴崎は残念やったけど、期待の井手口を使ったし、浅野なんていうビッグサプライズも見せてくれたし、「乾なんていつもサブ」と思っていた固定観念を覆してくれたし、スタートのメンツを見て、メッチャ印象良くなりました。この大一番でこの大胆起用。香川も本田も岡崎も原口もベンチ。これ、結果が解った今だから、普通に「それもあり・・・」ぐらいに見えるけれど、実際起用する立場からしたらメチャメチャ勇気がいる起用だったと思います。僕は今、1986年に、あのアルゼンチンが優勝したときの、彼ら国民と同じ気持ちです。「ごめん。ハリルホジッチ。ありがとうハリルホジッチ」。ご家族の健康をお祈りしております。
(W杯出場決定試合特別ボーナス採点)FW 岡崎 6.0 ここの採点は、本来であれば30分以内のプレー時間ではすべて「採点対象時間に満たず」で採点対象から外すのですが、今日だけは特別に、大好きな岡崎だけ採点させてもらいます。採点内訳明細 守備固めプレー3.0。「やったぜ!岡崎や!」という最後の至福の5分を至極の5分に格上げしてくれたボーナスポイント3.0。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
採点
タグ:
岡崎慎司
バヒド・ハリルホジッチ
大迫 勇也
乾 貴士
浅野 拓磨
長谷部 誠
山口 蛍
井手口 陽介
酒井 宏樹
長友 佑都
昌子 源
吉田 麻也
川島 永嗣

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

■ワンツーリターンパス

>nosoccornolifeさんへ
毎度です。(お互い)おめでとう!そしてお疲れさん!でした!「空爆」→受けた!(爆)ホンマにそうやね。空爆されたら、我々のバックラインなんて一気に吹き飛んでたかも。中東はどうでもええから鹿島に帰ってこいって・・・この余裕!ホンマ勝ってよかったねぇ~(苦笑)

>ぴれす さんへ
おお!お久しぶり!(お互い)おめでとう!そしてお疲れ様でした!そうです!よくぞ気付いてくれました!そしてよくぞ言ってくれました!座談会のアンカー据えが、まさか実現するなんて!そしてB氏が一押ししていた井手口がここまでブレークするなんて!このネタで近々「座談会のその後」をアップさせていただきます!ので、よろしくね!これからもまた是非コメントをお寄せください。

「オーストラリア戦(H)の採点」へのコメント

ご無沙汰しています。
いつも楽しく拝見しています。
明細内訳として、
絶対に勝たなければいけない試合に限って、その直前に歴代監督座談会を召集する「デスク読裏」さんの采配にも+1点が入るべきだと思います。

オーストラリア戦(H)の採点

W杯出場、おめでとうございます!
こんどこそ、G突破、そしてもうひとつ勝ちたいですね!

いやあそれにしても、ハリルさん、見直しました。絶対できないだろうと思ってました。
すばらしいと思います。

美しくつなぐサッカーが、プレスに負けて何もできなくなる。何度も見てきました。
ペナの中にボールがあるのは、もっとも危険な状態です。
何が起こるかわかりません。
それを作れなかったオーストラリアに危険はあまり感じられませんでした。

空爆の怖さがなかったのは幸いです。

昌子と植田、中東はもういいから帰ってこい。(リーグ戦、厳しいんだからさ)

こんな記事も読みたい

ロシアに行ける【サッカーを楽しく観よう】

日本vs豪州 ロシアW杯最終予選第9戦【球マニアのBLOG】

W杯出場&世代交代おめでとう、ハリルジャパン!【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:1693
  • 累計のページビュー:9469301

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss