「読裏クラブ」のワンツー通し

日本サッカー協会に二つの「賞」を創設させましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近は「訃報」が続きます。例えば「おヒョイさん・・・こと藤村俊二氏」とか「松方弘樹氏」とか。思わず「ゲバゲバ90分」を懐かしみ、「仁義なき戦い」を思い出しました。いや、たぶん訃報が続いているのは変わらないのだろうけど、「え?亡くなったの?」と思う人のデータベースが僕の中に増えてきたからそう思うのかもしれんですね。
だから・・・少し「間」を空けました。
前回のネタですぐこのネタをアップするのは少しタイミングが良すぎる(悪すぎる?)ので。
それはあの「岡野俊一郎」氏が2月2日に亡くなられたから。
前回の2月1日のネタでは「サッカー界の沢村賞」ってそろそろ出来てもええんとちゃうのん?みたいな事を申し上げました。
その中で「お!確かに!」と思えるご意見を、いつもの「ベルントさん」からいただきました。その名は「クラマー賞」。これ、ええです!単純に「グラミー賞」に韻も似てるし、「〇〇〇賞」にはやっぱりカタカナがよう似合う!(爆)。
もちろんそれだけではなくて、クラマー氏が我々日本サッカー界に遺したものは、それはもう大変なもんで、我々は感謝してもしきれない。それはオフトの比ではないだろうし、オシム師のそれでも足りないし、もちろんトルシェなんて足元にも及ばん!強いて貢献度で言えばジーコが匹敵するぐらいでしょうか?いや、やっぱり匹敵なんておこがましい。それぐらデッドマール・クラマー氏の存在感は際立ってました。
「日本サッカーの父」と称されたクラマー氏も、一昨年の秋に亡くなられました。
で、「クラマー賞」・・・の、他に、実はもう一つ賞を創設したい!それは日本サッカー冬の時代に、細々と、しかし煌々と光を射してくれた、かの番組「ダイヤモンドサッカー」・・・。その中心的な存在、そして我々にサッカーの素晴らしさと、サッカーが世界でどれだけ重要で大切な存在のスポーツであるか?を教えてくれた「岡野俊一郎」氏を冠した「岡野賞」です。岡野氏はサッカー協会だけではなくて、オリンピック委員や日本体育協会等の要職を歴任された日本スポーツ界の重鎮でした。
でも、やっぱり、そんなことは重々承知の上で、やっぱり僕らの中での一番の要職は、あの豊かな知識をご披露されたダイヤモンドサッカーでの解説でした。
ね?あまりにもふさわしいでしょ?外せないでしょ?「岡野賞」。
え?二つも?沢村栄治は一人だけだよ?って?
そうおっしゃる御仁もおられるかもしれませんが、例えば「芥川賞」と「直木賞」という考え方もあるでしょ?だから、日本サッカー界の強化に対して、選手達や指導者に多大な貢献をした人には「クラマー賞」。日本サッカー界において、その普及活動や職歴が特筆すべきものであると認められた人には「岡野賞」。
ね?両立するでしょ?
これ、かなりええ考え方やと思うねんけどなぁ~。。。
今回、岡野さんのご冥福をお祈りするという想いを込めて、この二つの賞の創設案を「日本サッカー協会」並びに「すべての日本サッカーを愛する人達」に向けて提唱します。
ご賛同の方は是非是非コメントしていただき、その数が膨大な数に達した時点で、正式に「日本サッカー協会」に具申します(苦笑)。あ、この呼びかけや、提唱に対して、また日頃のブログネタのアップに「読裏さんにまず最初の岡野賞を授けようぜ!」・・・なんて、草の根運動されても、僕はそんな器じゃないので、しっかりとご辞退、ご遠慮しますので、ご承知おきくださいませ(爆)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー ヨモヤマ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

■またまた遅いリターンパス

>南田神田 さんへ
コメント有難うございます。そうでっか・・・。そういう風にしてネタというか、コメントを考えるわけですな(苦笑)。よく解りました。解かりましたが、「クラマー」で「グラマー」なんて、そらアカンっしょ?あまりに陳腐で、あまりに単純で、あまりに「おっさん」なんで。。。でも、そういうのを堂々とアップする、そしてその内訳までも披露する、そんな南田さんを最大限にリスペクト致します(笑)。今後ともよろしくお願いします。

日本サッカー協会に二つの「賞」を創設させましょう!

読裏さんに倣って私も二つ賞を考えました。ただし、賞の名称は一つで、対象者が二つです。その対象者の一つが、地域密着、社会貢献に尽力した「社会の規範」となるようなクラブやサポです。(まあ、私などは絶対に候補にもなりません)もう一つの対象者は、サッカーに親しむ健康的で、出る所は出て引っ込む所は引っ込んでいる体形の美人です。(美人でもスレンダー系はアピールしにくい)
ね、なかなかユニークな賞でしょう。名前はすぐ分かりますよね。『グラマー賞』です。

今回の落ちはクラマー賞を見たときに、すぐ思いつきました。ただね、パッとしないので、普通はボツにするのですが、私の『ネタバラシ』としては、使えそうなので書いてみました。

こんな記事も読みたい

初めまして!【走れ!!ソニー仙台FC】

コートジボワール代表ティオテが中甲の北京控股へ移籍!【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

いつも通り【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9538652

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss