「読裏クラブ」のワンツー通し

独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、我々読裏グループは、マンチェスター・ユナイテッドの新監督に就任し、すでに数か月を経過した「デイヴィッド・モイーズ」への単独インタビューをようやく実現することが出来た。練習後のマンチェスター・ユナイテッドクラブハウスでくつろぐ新監督に、現在の心境、彼のサッカー哲学、そしてやはり気になる「香川真司」について、忌憚のない意見を述べてもらった。インタビュアーは「デスク読裏」氏。それではインタビューを早速誌上再現してみよう。

デスク読裏(以下 読) 今回はお忙しいところ時間を取っていただき恐縮です。

モイーズ(以下 モ) いや、こちらこそ、わざわざ遠路マンチェスターまで足を運んでもらって。私の答えられる範囲であれば何でも聞いてもらって結構だよ。

読) 有難うございます。それでは早速ですが、監督就任から今までいろいろあったと思いますが、現在の心境を聞かせてください。

モ) 一言で言うと、「エキサイティング」な日々を過ごしている――ということに尽きるね。素晴らしい環境で、素晴らしいクラブで、素晴らしい選手とともに、日々フットボールに向き合うこと。これほどエキサイティングな経験はないと思うよ。

読) シーズンが始まって約1/3が過ぎようとしています。今の順位はどうでしょう?またチームの掌握という意味では・・・。当初の予想通りに進んでいるのか?それとも予想外の状況なのか?今の率直な監督の感想を聞かせてください。

モ) プレミアリーグほど、過酷で厳しいリーグはないよ。その意味では今の順位は予想の範囲内だと言ってもいいんじゃないかな?出来れば一つでも順位は上の方がよいが、どのクラブもそういう思いで戦っているのだから、うまく行く日もあればそうでない日も当然あるだろう。

読) サポーターはもっと強いマンチェスター・ユナイテッドを見たがっています。

モ) 一番それを見たがっているのは私だと思うよ(笑)。

読) チームのベストメンバーというのはもう見つかっているのでしょうか?

モ) ベストメンバーという言い方は正しい表現ではないと思う。チームは刻一刻と変化しているし、いつもいつも同じだとは限らないよ。それに相手があることだから、相手が変わればベストな対応も自ずと変わっていくものだ。フットボールというのは常に変化していくのだからね。

読) 我々日本人からすれば、そのベストメンバーに香川が入っていて欲しいと思っています(苦笑)。

モ) それは当然だよ(苦笑)。それに当然出るべき質問だね。単刀直入に「シンジ」について、聞きたいことがあれば答えよう!

読) 有難うございます。それでは単刀直入に質問させていただきます。この機会に是非聞きたいのは、監督の香川に対する評価です。

モ) シンジは大変知性溢れる選手であることは間違いないね。我々のクラブでもっともインテリジェンスに溢れた選手の一人であることは誰も疑わないだろう。

読) 知性が溢れていても試合に出られるとは限らない?

モ) それは大変デリケートな質問だね。シンジのプレーは誰もが大好きだし、誰もがエキサイトする。それは私もそうだし、同じチームメイトだってそうだ。特にウェイン(ルーニー)などはそうじゃないかな?彼のプレーを見ると、シンジとハーモニーを奏でるのを楽しんでいるよね。

読) それでも試合になると難しい?

モ) 我々は毎週、次の試合に全力を注ぐことを、クラブとサポーターに捧げなければならない。そしてそれは勝利に向けて全力で立ち向かっていくということだよ。勝利はクラブ全員で掴みとるもので、誰かのためにあるものではないからね。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
インタビューシリーズ
タグ:
香川真司
プレースタイル
マンチェスター・ユナイテッド
デイヴィッド・モイーズ
単独インタビュー
インタビューシリーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

■リターンパス

>ベルント さんへ
コメント有難うございます。ええとこ突いてるでしょ?(爆)このネタ、リクエストにお応えしまして・・・。リクエストのネタ自体が一級なんで、あとは仕上げるだけでした。しかしエヴァートンのゲームで映像をアピールするかぁ~!どんな電器屋やねん!(笑) それ、発狂してもええと思うよ!

>7 さんへ
コメント有難うございます。リクエストいただいてからずいぶん時間が経ってしまいましてすみません。おっしゃる通り、もう少し前なら「干され」時期だったので、ネタにもリアリティーが醸し出されたのかも知れませんが(苦笑)、「次はモイーズのインタビューにしよ!」「次はもうちょっとネタを練ってからモイーズにしよ」と思ってはや数週間。。。あかんねぇ~・・・。トッテナム戦とエバートン戦かぁ~。。。ええなぁ~。。。僕もいっぺんでいいから本場の雰囲気味わってみたいなぁ~。。。あ、モイーズへの伝言ですね。あります!あります!もし機会があったらお伝えください。伝言はね、「ぼ・・ぼく・・・モイーズさん、、、ごっつぃ昔からファ・・ファ・・ファンやったんです!ああ。。あ、あの、、、サ・・サ・・これに、サインしてください!」(爆)

>っs さんへ
コメント有難うございます。そうですね。今度この記者に会ったらよく言っておきます!(爆)今後ともよろしくお願いします。

>matsu910 さんへ
最後まで読んでいただいて有難うございます。少し笑っていただいて有難うございます。もっともっと面白いネタが出来たらもっともっとアップさせていきます。今後ともよろしくお願いします。

>南田神田 さんへ
コメント有難うございます。今回のコメは深いね。本当にそう思います。最も素晴らしいプレーは、頭より身体が、勝手に反応して、そしてその反応が、どんな選択肢のプレーより、もっとも素晴らしい選択になっていると思います。「え?俺、今、ごっついええプレーやったやん!?何でこんなプレー・・・出来たんやろ?」って。真面目に答えますが、そんなプレーを1試合に2~3度出せれば、それこそがワールドクラスなプレーヤーだと思います。

ちなみに、このネタ、尊敬する先輩から「モイーズのシンジツ」という題名の方が良かったのでは?という示唆を貰いました。このタイトルにしとけばごっついお洒落やったのに・・・と、いまだに後悔してます(苦笑)。

独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)

少し前ですが外国人選手がゴール前までボールを持ち込み、シュートするかと思いきや切り返し、これにDFはおろか中継カメラまで騙されました。勿論GKは棒立ちとなり綺麗にゴールを決めた。後のコメントを聞くとその時何も考えてなかった、体がかってに反応したと言っている。

選手のプレイには、知性というより、感性で行う方が良い結果を得られることもあるように思う。それが、ボコ~~!ドバコ~~ン!ズバコ~~~ン!ドコドコズド~~~ン!ヨッシャ~~~!イッタレ~~~!になるのではないでしょうかね。

ああ、それでも文中にナニの話が出た時には、これがナニか?とかナニがどうしてどうなったとか、輪になれ!ナニワとか。変な方向に話しがいくかと懸念しました。読裏さんはそんな心配はいらないと安心し、今後も楽しい話をしてくれるとシンジてます。

独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)

読裏新聞よ

少し笑えたわ。もっともらしい事を書きやがって最後まで読んでしまったやないかバカヤロ==
他の人も書いてたけど、ソシエダ戦の前ぐらいにアップしたら、良かったような内容やな。
最近は、モイーズに使われだしてるしね。
もっと面白いネタ出来たらアップしてや。

独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)

こういうの見ると日本もサッカー後進国なんだなと思う。こういう記者がいるから日本の評価が下がるんだよ。
香川が〜、香川は〜香川香川香川。気持ち悪い

こんな記事も読みたい

独走態勢に拍車をかけた【巨人 大鵬 卵焼き】

〔プレミア〕撃ち合いマージーサイドダービー!【日替わりExciting!】

ボヌッチという男【フットボール愛好会ー学生の部】

ブロガープロフィール

profile-iconyomiuraclub

ショートパス大好き!ヒール大好き!もちろんスルー大好き!裏を読み、裏を通すのが大好き。サッカーに限りない愛情と偏見を注ぐ方々とパス交換できればこの上ない悦びです。コラム、コピーライト、その他ライティング業務も承ります。私信等、個別のお問い合わせについては yomiuraclub◆yahoo.co.jp まで ◆は@
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:9508301

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 何故「ロングボール放り込み」に批判が集まるのか?
  2. 独占!モイーズ監督単独インタビュー(香川真司のプレーと自身のスタイルを語る)
  3. 世界で最も巧い選手は誰だと思いますか?
  4. それでもまだ貴方はマンチェスター・ユナイテッドを「マンU」と呼びますか?
  5. 香川を本当に必要としている監督二人が登場する香川との会話
  6. オマーン(A)戦の採点
  7. オーストラリア(A)戦の採点
  8. 『本田圭佑がマクドナルド社長の退任に関係している』という根拠はこれだ!
  9. 「今後注目される若手選手」に、要注意!
  10. いよいよW杯メンバー発表!今回のサプライズ枠の選手はこれだ!

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss