巨人を見る

ドラフト望17 投手編

このエントリーをはてなブックマークに追加

 食欲、紅葉、読書、スポーツ、そしてドラフトの秋-。  というわけで、今年もやります「ドラフト望」。一年目のおととしは個人的な注目選手を書き出してその中から巨人にフィットする選手を取り上げた。去年は山下スカウト部長をクビにして新スカウト部長になったという設定で行ったが、今年も山下部長…と書きかけて、今年から岡崎スカウト部長になっていたことを思い出した。とはいえ、新しい設定をまた考えるのも面倒なのでもう岡崎さんもクビにします。  今年は例年より二週間遅らせてのスタートとなるが、これはU18と大学の秋リーグ戦の開幕を待ったため。9月11日にこの投手編を投稿し、巨人の雨天中止等々が無ければ15日に捕手・内野手編、21日に外野手編を投稿し、10月26日のドラフト当日に答え合わせ編を投稿する予定で進めていく。  では、本題の投手編へ。


【現有戦力】 [先発]  日本のエースとして、沢村賞を西武・菊池とともに争う絶対的大エース菅野。その菅野次第ながらも初のタイトル・最高勝率がチラつき始めた田口。同じく菅野次第ながらも最多奪三振のタイトルが相当近づいてきたマイコラスの三本柱は安定している。なぜ15勝、12勝、13勝の三人がいて熾烈なCS争いをしているのだと言われれば返す言葉もないほどだ。  しかしマイコラスは来年のメジャー復帰の可能性も低くない。その中で、昨年のドラフト二位ルーキー・畠が夏場以降大活躍。糸を引くようなストレートは目を見張るものがあり、変化球の精度が上がってくれば、そして一年間を戦え抜ければ、自ずとタイトル争いを演じることになるだろう。  一方でその四人以外の先発陣は五十歩百歩と言わざるを得ない。突発的に炎上、球威の衰えが指摘される内海。六回になると唐突に大爆発炎上する大竹。相変わらずの3B2S癖の治らない今村。これという決め球を欠く宮國といった具合だ。まだ投げられているだけマシか、FAで獲った山口俊は四試合に投げたきり謹慎生活へ。この山口を果たして来年以降の戦力として見込んでいいのかどうなのかも相当な疑問符である。  若い芽としてはドラフト六位ルーキーの大江には大きな期待を寄せている。来年は開幕ローテに食い込んできてもおかしくないだけのものがあり、早くもオープン戦での投球に期待している。五位ルーキーの髙田は前評判通りにじっくり育て上げていくべき。150キロを超えるストレートを持っているのだから、物になったら投手王国誕生だ。今季は中継ぎで投げていた桜井は先発に戻した方がいいと考えている。彼の投球は短いイニングというより、長いイニングで布石を打ちながら、というようタイプに見える。  来年の構図としては、三本、もしくは四本柱は安定しており、残る二つの枠を今年のようにベテランが代わる代わる投げるのか、若手が一石、なんなら二石を投じられるのか、というところだろう。杉内の復帰も期待したいのだが…。  補強ポイントとしては右投げ投手が欲しいところだ。

[中継ぎ]  マシソン、カミネロは盤石。だが、そのマシソンにもMLB復帰の可能性があるなど、来年の見通しは立たない。西村もよく投げてはくれているが、首脳陣の困ったら西村、困らなくても西村という起用法がどう出るか。田原にしても同じことが言えるが、田原はなんだかんだ言いながらもまとめてくるだろう。  現在の使われ方を見ていると、私としては先発で使ってほしいのだが、中川は来年も中継ぎだろう。そして重要なポジションで投げるような投手になっている可能性も高いとみている。  山口鉄也は深刻かもしれない。中日・岩瀬のようにまた戻ってきてくれればいいのだが、少なくとも全盛期並みの活躍を期待するのは酷だろう。かつてより楽な場所で投げさせたい投手である。  開幕直前に支配下登録された篠原という投手もいるが、一度も抹消されずに一軍帯同できるポテンシャルはあると思うにしても、いわゆる勝ちパターンというには厳しいだろう。  先ごろ飛び込んできた残念なニュースとして、澤村が鍼治療により神経麻痺を起こしてしまった可能性が高いというものがある。各種情報を総合しても、早くとも復帰は来夏であり、復帰できればいい部類になる可能性もあるという。昨年のセーブ王であり、あまりに痛手というほかない。いわゆる故障ならともかく、「人災」というほかないものだから余計にだ。  補強ポイントはともかく即戦力に尽きよう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドラフト望17
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

松山が発展途上の大瀬良の負けを消したね。【青木寝具店のブログ。】

短期決戦の先発陣と来シーズンへの先発陣【プロ野球好きのカープファンが思うこと】

岡田くん、一年間お疲れだね。【青木寝具店のブログ。】

オレが巨人 オレンジタオル、17年アランチョ・ネロ オレンジタオル、17年6月・7月デザイン 特製応援タオル、オレンジ手袋、チケットホルダー【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

対阪神3連戦へ向けて 巨人はどうすべきか【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

クライマックスシリーズへラストスパート【プロ野球の底力】

藤村大介、逆境を跳ね返すことができるか【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

巨人はDeNAと0ゲーム差に、巨人9月第2週【ジャイアンツ大好き! 小吉のブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconyomig-ai

巨人第一主義の元「フォークは永遠のロマン」を掲げてポジティブに、と思いながら書いています。
週3回更新を目標にしていますが、なかなか思うようには行きません。
時折ハチャメチャなことを言うのは仕様です。

なお、コメントの返信は次回の記事更新時が基本となりますので首を長くしてお待ちいただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:472
  • 累計のページビュー:3697885

(09月21日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 小山をボコボコにした責任を取りやがれ、阪神
  2. ドラフト望17 投手編
  3. 【巨人考15 Ⅳ】ドラフト戦略は正しかったと言えるだろうか
  4. 16.10.8 意味がわからない
  5. ドラフト望16 投手編
  6. 17.8.6 重信へ
  7. 16.12.7 監督が原辰徳なら的確な補強である
  8. 16.5.22 白鵬より稀勢の里より照ノ富士
  9. 15.3.2 大田も凄かったが、陰のヒーローは吉川と立岡
  10. 人的補償

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss