巨人を見る

17.3.26 再試合よりサスペンデッドの方がいいのでは

このエントリーをはてなブックマークに追加

 歴史というのは、そう簡単に刻めるものではない。しかし、第89回センバツ、もっと言えばこの2017年3月26日は間違いなく歴史に刻まれる、そんな一日であろう。  9時開始の報徳学園対前橋育英の一戦は、報徳が初回に4点を取って逃げ切り、いわば「スミ4」か。そして第二試合。初回に滋賀学園が先制し、以降両チームとも点の動きがなかったが、福岡大大濠が八回に同点に追いつくと再び、試合は膠着する。そこから福岡大大濠は延長戦に何度か無死、あるいは一死一塁を作り、バントを仕掛けるも、失敗したり、進めても点を取れなかったりという状況が続く。一方の滋賀学園もチャンスを作るが、好投手である・三浦投手から点を取れずに延長15回、最後は三浦投手へのフライかライナーか、中間ぐらいの打球で2時間49分の熱戦が終わった。この段階で、再試合は明日の第四試合と発表された。  そして第三試合。健大高崎対福井工大福井の一戦は、三回に健大高崎が一挙4点を取り、試合の流れを確固たるものにした。4点取ったのを見て、私はEテレから総合の相撲中継にチャンネルを切り替え、FMでの観戦にしたのだが、そうは問屋が卸さなかった。五回に表の攻撃工大福井が3点を取ると、すかさず健大も1点を返す。六回にも工大福井が3点を挙げ勝ち越すが、七回に健大が1点取って追いつく。雨が強くなり始めた九回に工大が二塁打で勝ち越したものの、健大は二三塁から牽制間の「重盗」で追いつくと、そこから健大はわずか2安打。工大も5安打、最後の最後で三塁打が出て、しかも健大にミスが出て本塁を伺ったものの、バックアップが完璧でアウトになってしまった。最後は難しい三邪飛を工大の三塁手がうまくつかんで試合終了。選抜・選手権通して史上初・二試合連続の引き分け再試合となった。

 こういう試合があると、必ずネット上ではやれ球数制限だ、やれタイブレークだという話になるのだが、私はどちらも反対である。WBCを比較に出すものもいるが、すでに「職」であるWBCと、あくまで学生、今後野球を続けるとも限らない高校野球では勝手が変わってくるだろう。だが、全国大会に直結しない春の都道府県・地区大会や国体、神宮大会ではタイブレークというのは有力な選択肢である。他方、第二試合はぱらつく程度だった雨も、第三試合には強めの雨へと変わった。春の5時半ともなれば、結構な冷たさである。これが夏だったとすれば、暑すぎて暑すぎて熱中症の可能性とて捨てられない。

 そういうことを考えた時に、私が提案したいのがサスペンデッド制である。今回の事例なら、福岡大大濠対滋賀学園は明日の第四試合終了後に延長16回から再開する。その決着が着いた後、健大高崎対工大福井も同じく延長16回から始める。オーダーに変更はない。決着がないから再試合、というのは当然の話だが、再試合というのは雨でも降らない限り9回は確定しているわけである。サスペンデッドなら、下手すれば延長30回まで行ってしまう、これはあの軟式選手権延長50回の時に起きてしまったことであるが、うまく行けば16回で終わるのだ。私はそちらのほうが合理的に思える、  少なくとも、延長20回には終わるだろう。夏なら最後の大会だからタイブレークとなると諦めがつかないだろうが、春なら延長18回あたりからタイブレークというのも一つの選択肢だ。

 何も知らない一部の評論家が、あの延長50回を見て、いや、あの方はきっと見てすらいずに聞いただけだと思うが、それで「虐待だ!」「●●ママは怒っています!」と大騒ぎしていた。しかし、このサスペンデッドは、少なくとも25時間後に再試合を9イニングやるよりはよほど理に適った制度なのである。  タイブレークはあまりに不条理すぎる。球数制限では今春、21世紀枠で出場した不来方高校のような高校は不利を被る。故に私は反対だが、しかし高校球児の「酷使」は好ましくない。それを改善するための手段は今回書いたようなことも考えられる。ぜひとも、高野連においては「再試合の在り方」を再検討してほしい。  また、今回の再試合によって休養日が無くなってしまったが、なんとか休養日は一日設けてもらいたい。これは球児のことだけでなく、今回なら一日設ければ決勝戦が土曜日になる、という私情も混んでの話なのだが。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:
高校野球
タイブレーク
球数制限
サスペンデッド

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

17.3.26 再試合よりサスペンデッドの方がいいのでは

ZAPPASKIさん
コメントありがとうございます。

タイブレークを導入するぐらいなら延長18回、あるいはいっそのこと無制限にしてくれというように私は思っております。なんでだと言われてもこうだというのはなくて、まああるとすれば感情でしょう。
今回投稿した内容も、もしかすれば「タイブレークを導入するぐらいなら」が枕につくのかもしれませんね。別に応援団がいなければ野球ができない、というわけではないのですから。一つの醍醐味は無くなりますが、タイブレークで削がれるよりはマシだろうと思います。

17.3.26 再試合よりサスペンデッドの方がいいのでは

1イニングで終わるかも知れない試合のために応援団は滞在又は地元と往復して、スタンドの応援団もその都度入れ替えする訳ですか?それとも無観客で?どちらにせよ無理があるでしょう。
だから現実的な選択としてタイブレークが候補になると思います。

こんな記事も読みたい

第89回センバツ 8日目展望【藤本バント ムーアタイムリー】

第89回選抜・第7日の3試合【高校野球観戦日記】

2017選抜高校野球,第7日【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconyomig-ai

巨人第一主義の元「フォークは永遠のロマン」を掲げてポジティブに、と思いながら書いています。
週3回更新を目標にしていますが、なかなか思うようには行きません。
時折ハチャメチャなことを言うのは仕様です。

なお、コメントの返信は次回の記事更新時が基本となりますので首を長くしてお待ちいただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3593160

(08月21日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 小山をボコボコにした責任を取りやがれ、阪神
  2. 【巨人考15 Ⅳ】ドラフト戦略は正しかったと言えるだろうか
  3. 16.10.8 意味がわからない
  4. ドラフト望16 投手編
  5. 17.8.6 重信へ
  6. 16.12.7 監督が原辰徳なら的確な補強である
  7. 16.5.22 白鵬より稀勢の里より照ノ富士
  8. 15.3.2 大田も凄かったが、陰のヒーローは吉川と立岡
  9. 人的補償
  10. 15.12.21 【広島】来年は山岡に行って欲しい

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss