巨人を見る

16.8.21 そろそろ山口は考えた方がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

第98回を数えた夏の高校野球。戦前の予想では横浜や履正社というところに加え春の選抜で優勝した智弁学園などの名も取りざたされていたが、有力校は早々に姿を消した段階で、今年は秀岳館が優勝するのでは、と予想していた栃木県民の私であるが、準決勝第一試合で作新が勝利し、第二試合で秀岳館が敗れ、決勝が作新対北海のカードとなった。この段階で「ひょっとしたらひょっとするのではないか」と思っていたが、しかしエース今井投手もずっと投げっぱなしの中でそうは問屋が卸さないと思っていた。 ところが、ふたを開ければ先制こそ許したが四回に五点を取る猛攻を見せ、さらにエース今井投手も次第に制球が安定、最後は相手の盗塁死という形で54年ぶりの優勝を果たし、我が故郷に深紅の大優勝旗が再び戻ってきた。 思えば、07年夏文星以来、春選抜には出場できず、夏は毎年初戦負けというところから、11年に作新が4強、12年は8強、以降ここまで県を6連覇して、そしてついに悲願の優勝を達成した。「おめでとう」はもちろんだが、「ありがとう」という気持ちが先に来るような優勝だった。

ということに加えて、先発高木勇人ということでハナから伝統の一戦を見るつもりはなかったのだが、七回あたりから二画面で視聴した。さすがに甲子園九回は一画面で見ていたがそのまま表彰式まで見ていたところなぜか知らないが逆転されている。聞けば山口がボコボコに打たれたといい、打線も最後は阿部の併殺で試合終了。広島も勝ったため次の首位攻防戦の初戦を落とすか負け越しで広島のM点灯となる展開となってしまった。

8ゲーム差についてはまあ、それは事実であるが、あの吉田沙保里でさえ負けたんだから広島も多少は負けるだろうとポジティブなのか適当なのかは知らないが、そんなように捉えている。 継投に関しては昨日から疑問が多い。昨日の大竹は7回109球とで打順が回ってくるということでどう考えても交代だろうと思っていたのだが、続投。今日の高木も八回まで行かせて上本に被弾してしまった。そして今日の山口の投入。他に投手がいないのだろうか。10回ならマシソンか澤村を送り込んで、ということもあったろう。 そこは結果論としても、それ以上に深刻なのはその山口である。8月まで防御率5点台というのはもはや山口鉄也のようで山口鉄也ではないのではないかと思うのだが、悲しいことに山口鉄也なのだ。 当然、勤続疲労というものは無ければおかしい、8年連続60試合登板というのは金字塔である。しかし、今年は良くなったら悪くなるという一進一退の状況。キツイものがある。

一昨年オフ、田中マーくんも行った肘靭帯のPRP療法を行った。ここまではごまかしごまかし行けたところもあったが、もうそれが効かなくなっていると見るのは間違いないだろう。今秋11月で33歳となる山口。決断をできるのはここが最後だ。それに加え、今手術をすればかつての桑田がそうだったように徹底的に走り込みができるのではないか、と淡い期待のようなものも持っている。 はっきり言えば、今の山口鉄也は見たくない。去年までは「打たれたか・・・」だったのが今年は「抑えたか・・・」になってしまっている。こんな山口は見たくなかったが、しかしそれも受け入れなくてはならない現実。ただ、どこかでかつての輝きを少しでも戻せる道があるのなら、その道を進んでほしいとも思う。当然、手術が成功するとは限らないから難しいが。まだ33歳。老け込むには早いのだが・・・。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
47 山口鉄也
タグ:
山口鉄也
作新学院

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

B面で鯉をして【カープ中心、日本酒ちびちび観戦記】

感覚と間隔【阪神タイガース愛ゆえに】

【巨人vs阪神 第19回戦】取りこぼしの差で首位と8ゲーム差!ジャイアンツ、激勝を逃す痛い敗戦!【孤独のプロ野球】

相変わらずの酷い継投。尾花は今年でやめさせたほうがいい【no title】

8月20日(土)対タイガース@東京ドーム【首都圏5球場巨人戦観戦記】

【巨人vs阪神 第18回戦】大竹が金メダル級の力投!?ジャイアンツ、3連勝!!ギャレットが当たり助っ人に認定されるための2つの課題とは?【孤独のプロ野球】

ラーメン親父の好投【橙魂伝承】

8/20 巨 3-0 阪→ 貧打線でも安心して見てられた、そういう流れの勝利だったと思う【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

ブロガープロフィール

profile-iconyomig-ai

巨人第一主義の元「フォークは永遠のロマン」を掲げてポジティブに、と思いながら書いています。
週3回更新を目標にしていますが、なかなか思うようには行きません。
時折ハチャメチャなことを言うのは仕様です。

なお、コメントの返信は次回の記事更新時が基本となりますので首を長くしてお待ちいただければ幸いです。
  • 昨日のページビュー:277
  • 累計のページビュー:3951947

(10月19日現在)

関連サイト:Twitter

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 小山をボコボコにした責任を取りやがれ、阪神
  2. ドラフト望17 投手編
  3. 【巨人考15 Ⅳ】ドラフト戦略は正しかったと言えるだろうか
  4. 16.10.8 意味がわからない
  5. ドラフト望16 投手編
  6. 17.8.6 重信へ
  7. 16.12.7 監督が原辰徳なら的確な補強である
  8. 【巨人考17 Ⅳ】すべてにおいて本末転倒
  9. ドラフト望17 外野手編
  10. ドラフト望17 捕手・内野手編

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss