ymhanoi-JAPAN

”日本代表 優勝への挑戦”という題名の元、 頑張っていきます。 よろしくお願いいたします。

ymhanoi

管理人より いつもアクセス頂きありがとうございます。 ブラジルW杯に向けて『日本代表 優勝への挑戦』 を本格的にスタート…と思っていますが、 現実的にかなり難しいです。 本当はもっといろいろな企画とかを考えていたので もっと見る
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:713094
  • (08月01日現在)

最新の記事

日本代表 優勝への挑戦 ~慢心~

日本のW杯が終わりました。 結果は・・・1分2敗得失点差-5 この敗戦で学んだものは 慢心は必ずしっぺ返しがやってくる ということだと思います。 選手、チームはおろかメディア、協会、サポータ、もちろん自分も・・・。 なので今回のテーマは慢心についてです Q:散々な結果でしたが素直な感想を 僕:ある意味で予想通りだったかな・・・という感じですね。   負けるべくして負けたと思っているので、   ......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~僕は準備を見ている~

ご無沙汰しています。 まず最初に、今回は分析ではないです。 大変申し訳ございません。 分析については載せるかどうかは分かりませんが、 発表するとしたら日本代表の試合が終わった後になると思います。 ただどうしても…グループリーグ最終戦を前に記載をしたくなりました。 今のところ、日本代表の試合はすべて見ています。 もちろん、コートジボワール戦は分析も記載していました。 ただ…コートジボワール戦の分析を......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~今大会の攻撃と守備と交代枠のキーマン!!~

 日本代表優勝への挑戦・・・今回はもちろん、 今大会の攻撃と守備と交代枠のキーマン!! です(標題通りだね(笑))。 そして今回もインタビュー形式で記載します。 -最初にこのメンバーの感想を そうですね。正直、驚きのメンバーでもあります。 僕は細貝選手と中村憲剛選手が選ばれる可能性が高いとみてました。 しかし実際は大久保選手、斉藤選手、青山選手でしたね。 特に青山選手の選......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~番外編 欧州遠征を終えて…~

今回は番外編です。 これはこの欧州遠征を見た僕の視点を、 今回はインタビュー形式で記載してみました。 Q:この二戦を見た率直な感想を 僕:非常に大きな自信を手に入れたと思っています。 FIFAランクは参考程度にしか見ませんが、 それでもランクに相当するだけの個人能力は持っていたと思います。 ただ、そういったチーム相手に勝てたのは非常に大きかったですからね。 Q:この二......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~対ベルギー戦 後半 : 勝ちきる型~

後半はスタートはほぼ互角の試合だったが、 本田選手が得点を取って以降、 日本が優位に試合を進める結果になった。 が…今回は3点目からは気持ちの緩み、 そして混乱があり、2点目を許してしまう。 この様な流れの中で勝ちきる事が出来た日本だが… という事で後半は勝ちきる型について記載する。 (1)本田選手と岡崎選手のゴール ~修正できないベルギー~  後半に入り遠藤選手、岡崎選手が......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~対ベルギー戦 前編 : 11年の時を経て~

 「ベルギーが良い試合をしている」 最近、よく聞く雑誌の言葉である。 そしてFIFAランクも5位に相当する。 そんなかなり上位のチームと、 超満員のアウェーで戦うことになった。 この上ない経験を積むチャンスであり、 同時に2014年W杯最後の欧州遠征になった日本代表。 オランダ戦後半、勝てなかったとはいえ、 内容のある試合を行った日本代表。 対してベルギーは南米予選2位で通過し......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~対オランダ戦 後半 : 発する者、伝える者~

 前半は1点返したとはいえ、 オランダ代表のボランチへのプレスが不明確ならば、 試合は押され気味になることは間違いない。 そういった中でどのように修正をするか・・・ が問われる試合になった。 (1)ボランチに対するプレス ~明確化~  後半に入り、香川選手、遠藤選手が投入された。 そしてその変わった遠藤選手がこの試合のMVPだと思う。 1得点1アシストをした大迫選手ではない。......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~対 オランダ戦 前編 : 守備の明確化

 2014年W杯…優勝?を狙う日本代表。 その最後の欧州遠征が今回のオランダ、そしてベルギー。 今回はこんなタイミングはずれなときにオランダ戦を分析である。 さて…そのオランダ代表で日本は非常に大きな収穫を得たと思う。 それが3バックポゼッションに対する守備の仕方 これまで日本は、ブラジルやメキシコなど、 この3バックポゼッションに対して守備の役割が非常にあいまいだった。 特に......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~後編 : 続編と選考基準~

ということで後編です。 後編はオーストラリア戦を参考にしたフォーメーション、 ザッケローニ監督が推進する3-4-3で考えたフォーメーションです。 また最後に選手の選考基準について記載しています。 なお今回の主旨は気楽に楽しんです。 こんな考え方もあるんだな~みたいな感じで楽しんで頂ける事が一番うれしいです。 …それにしても…フォーメーションや配置を考えるのはかなり楽しいですね(笑) ......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~前編 : W杯の日本のフォーメーションを考える~

今のままでは10年後もポゼッションサッカーでは勝てない… それはJリーグそしてアジア全体のレベルを世界レベルに上げる必要があるからと記載した。 しかし…J、アジア全体のレベルアップは一朝一夕にはいかない。 それでも日本代表は結果を残していかないといけない。 ということで…今回のテーマは、 1年後のW杯のフォーメーションを考えるです。 今回のテーマに関して僕はオーストラリア戦の分析でも......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~メキシコ戦分析 後編 : 1年後に解決できるか?~

という事で後編です。 (1)細かいミスが大きなミスへ ~サイドチェンジを使えるか!!~  後半に入りメキシコは前半には無かったサイドチェンジを多用してきた。 このサイドチェンジ…日本が使わない手段の一つ。 なぜ日本は使わないのだろうか…というと岡田監督のときに遠藤選手が答えていた サイドチェンジしたときに奪われた後のカウンターが怖いから 確かに聞いてみて内容は正しいように感じ......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~メキシコ戦分析 前編 : 工夫~

コンフェデが終わりました。 選手の皆さん、朝早い時間から応援していたファンの皆様、お疲れ様でした。 で感想ですが…自分は今回分析するメキシコ戦しか見てませんが、 正直グループリーグ突破も危ない と思いました。 0勝3敗…つまり勝ち点無し。 という結果も悪かったですが、 それ以上にメキシコ戦での内容…。 今回のメキシコは日本とほぼ同じ状況でした。 (2チームとも移動と中2日と......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~対オーストラリア 後編 : 違いを作る~

 後編は違いを作るをテーマに記載します。 違いを作るといってもいろいろあります。 なのでこの章では、 ①運動量 ②スピード ③高さ ④チームの穴を埋める について記載していきます。 最後の④はキャプテンに対して一言です。 (1)運動量 ~違いを作るベース~  後半に入ると日本が意図通りのサッカーをし始める。 これはいろいろな要素があると思うけど僕の目から見て一番......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~対オーストラリア 前編 : 自分たちの意図~

日本中を歓喜と感動を与えた、 昨日のオーストラリア戦。 ブラジルW杯出場!!本当にオメデトウございます!!!!! ちょっと?ヒヤヒヤした面はありましたが、 ホームで決めるように神様が仕向けたのかなと思う試合でした。 それくらい劇的な試合でしたね。 最後に決めた本田選手の安堵の顔なんて滅多に見れないと思いました(笑)。 と…劇的な試合で喜ぶのは当日だけ。 これからは本大会…......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~宇佐美選手にみる欧州に必要なものと成功に必要なもの~

 何ヶ月ぶりか検討もつかないほどの超久しぶりの更新です。 その久々の『日本代表 優勝への挑戦』 今回のテーマは『宇佐美選手にみる欧州に必要なものと成功に必要なもの』 僕の中の宇佐美選手といえば、 プラチナ世代の代表格であり将来の日本代表の担うエースという感じです。 しかし…現状の宇佐美選手は、 私たちサポーターが期待するほどの活躍をしていないと思います。 では何故、宇佐美選手は......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~対イラク戦 : 後編 スタメン争いとか~

という事で後編を記載します。 後編はこの試合とオーストラリア戦を通して感じた スタメン争いをテーマとして記載していこうと思います。 ただ…感じた事をありのままに記載した感がありますので、 いつも以上に日本語はよろしくないと思います。 また分析を見たいかたは前編をみてください。 (1)清武選手が生きた理由 ~本田選手の恐ろしさを見た?~ この試合を見て思った事の一つに ......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~対イラク戦 前編 : 変化~

オーストラリア、イラクとグループ首位候補のチームを相手に1勝1分という結果、 そして最大のライバルと見られるオーストラリアの負けにより、 日本はW杯出場する事がほぼ確定 という状況になった。 もちろんこれから中東アウェー三連戦が待ち受けているので一概には言えない。 だから安心してはいけないのだけどね(笑)。 という事でその様な状況になったイラク戦を今回は分析します。 その前......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~キーマン~

ブラジルW杯に行くための最終予選がついに始まりました。 ということでまず本題に入る前に… 今回の最終予選の組み合わせを改めてみてみます。 オマーン、オーストラリア、イラク、ヨルダン、日本 僕の試合が始まる前の感想を言わせてもらうと、 正直嫌なグループに入ったな…である。 それはどのチームも後方でブロックを作りカウンターを仕掛ける事を得意とするから。 しかしそんな事を言っても、 ......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~ウズベキスタン戦を予想~

日本代表優勝への挑戦…今回のテーマはウズベキスタン戦を予想です。 さてなぜウズベキスタン戦の予想をするかというと… たまには更新しないと日本語能力が落ちるからです(キリ) という事で…コラムを記載する事にしてみました。 こういう予想もあるよ程度でお願いいたします。 参考になれば嬉しいな… (1)準備編:スタートのフォーメーションは? ~4-5-1しか…~ 間違いなく4-5-......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~タジギスタン戦の感想など~

この試合が始まる前… タジギスタンは失点が少ない… つまり守備が強いチームという印象があった。 なので必然、この試合はどの様にして崩すか…ということがテーマになるはずだった。 が…僕達の前で見せたタジギスタンというチームは、 全くもって話にならないチームだった なので見ていてある意味僕はつまらなかった。 もちろん、香川選手の1点目のシュートや岡崎選手の1点目のシュートは、 そ......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~後編 : 課題と疑問…~

という事で後編です。 後編は選手交代によってどの様に変わっていったかを中心に記載します。 あと…僕の中でのチームの課題を記載しました。 (5)清武選手の投入 ~4-5-1で何が変わったか?攻撃編~ という事で阿部選手に変わり清武選手が起用された。 これにより香川選手をトップ下へ、清武選手を右サイドへ、岡崎選手を左サイドに起用、 そしてダブルボランチに遠藤選手と長谷部選手という布陣......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~前編 : デジャブ(システム変更前と後)~

韓国戦は録画ミス、北朝鮮戦は世界陸上のために放映されていない…そして地デジとアナログに苦しむ最近でしたが… ようやくブログ更新が出来ました。 日本対ウズベキスタン戦 打ち合いに近い内容になったこの試合は結果引き分けで終わりました。 という事で前編は守備に重点を置いた分析を行いたいと思います。 特に中盤の連携について記載していきたいと思います。 その前にスタメンを記載。 ......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~ 韓国戦のキーポイント ~

次の韓国戦ですが…僕は今回もおそらく3-4-3で挑むだろうと考えています。 なので自分が今考えている課題等を整理するためにも、 キーポイントをまとめてみました。 なので次回の韓国戦のレポが書ければ、 今回記載したキーポイントを軸にしたいと思います。 で…整理してたところ…読者も含めて伝えたいポイントは以下になる思っています。 'ポイント1:セカンドトップのスペース ポイント2:ウイ......続きを読む»

日本代表優勝への挑戦 ~後編 : ”勇気”か”無謀”か?~

という事で後半です。 後半の最初は前編に記載した深いサイド攻撃は?について記載します。 で…最後はこの主題に記載したオプションについて記載したいと思います。 (6)サイドの深い位置への進出は? 後半に入るとより本田選手が中央に進出する事が多くなった。 これにより李選手と岡崎選手の2トップ+トップ下に本田選手 という構図がより鮮明になった。 フォーメーションの変化により日......続きを読む»

日本代表優勝への挑戦 ~前編 : チェコ戦のサイド攻撃を分析~

今更ながらはチェコ戦の分析ですが… 前回にも記載しましたが、 僕はザッケローニ監督が考える3-4-3は オプションとしては難しい と正直思いました。 4-5-1を超える迫力のある攻撃が出来なかったという事が大きいです。 という事で今回は攻撃における分析からスタートします。 (1)フォーメーション ■■■19■■■ ■ 9■■■18■ 5 ■■■■■6 ■■7 ■......続きを読む»

日本代表優勝への挑戦 ~後編 : 3-4-3の可能性 課題編~

ということで後編です。 後編は前編に記載した内容+1つで構成されています。 で前編を見ていない方のためにテーマを簡単に記載してみました。 '後編のテーマ1:高い位置で奪う守備の仕組みとシステムはどうするか? 後編のテーマ2:攻撃の際にFWのサポートをどの様にするか? 後編のテーマ3:そもそもベストな選手は誰よ…?' です。 テーマ3に関しては前編に記載していないけど、 僕の中......続きを読む»

日本代表優勝への挑戦 ~前編 : 3-4-3の可能性 分析編~

ブラジルW杯三次予選まで3試合と迫った今回の試合。 アジア杯を制覇して4-5-1による戦い方が成熟してきた日本代表。 今回は新しい戦術を身につけるという事で、 3-4-3 に挑戦をした。 前半のみ使用したシステムだったけど、 この前半を見て少なくとも僕は 3-4-3は難しいかも… と思った。 理由は色々とある。 例えばトップの問題、攻撃の仕方、守備の仕方、そして選......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~後編 : アジア杯の課題…リクエスト編 ~

という事で…後編はいつもお世話になっているサックスブルーと共にの管理人さんである、 ittyo1さんのリクエストを元にブログ内容を構成してみました。 なので今回はいつものように対読者の皆様ではなく 対ittyo1さん宛て であります(笑)。 個人宛に近いスタイルになっていると思いますが、 その辺りはご理解をお願いいたします。 もちろん読者の皆様からのコメントに対する返信は必ず返......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~前編 : アジア杯で見えた課題を探る~

4度目となるアジア杯優勝を飾った日本代表。 その優勝によってより強い相手と戦う権利を得る事ができました。 そこで今回は…より強い相手と戦う上で、 アジア杯で見えた課題を考えたいと思います。 まず前編は僕からの問いかけだったり、 課題かなと思った点を記載します。 後編は僕がいつもお世話になっているittyo1さんからリクエストがありました。 その要求に対する僕からの回答という形で記載して......続きを読む»

日本代表 優勝への挑戦 ~後編 : 勝つ事でしか未来は切り開けない ~

という事で後編です。 後編はあまり考えていません(笑)。 最後の部分だけ言えれば良いです!! (4)岩政選手の采配 ~1対1で勝つ重要性…~ 後半に入るとオーストラリアはより高さを使った攻撃に力を入れる。 後半2分に見せた危うくゴールになりそうなシーンなど… そこでザッケローニ監督が採った采配は、 後半10分:藤本選手OUT→岩政選手IN だった。 この時間帯は選手......続きを読む»

1 3 4 5

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表ベスト4への挑戦 ~番外編 : 日本歴代ベスト11を選出~
  2. 日本代表 優勝への挑戦 ~対イラク戦 : 後編 スタメン争いとか~
  3. 日本代表 優勝への挑戦 ~宇佐美選手にみる欧州に必要なものと成功に必要なもの~
  4. 日本代表 優勝への挑戦 ~対イラク戦 前編 : 変化~
  5. 日本代表 優勝への挑戦 ~前編 : W杯の日本のフォーメーションを考える~
  6. 日本代表 優勝への挑戦 ~番外編 欧州遠征を終えて…~
  7. 日本代表 優勝への挑戦 ~対ベルギー戦 後半 : 勝ちきる型~
  8. 日本代表 優勝への挑戦 ~対ベルギー戦 前編 : 11年の時を経て~
  9. 日本代表 優勝への挑戦 ~慢心~
  10. 日本代表 優勝への挑戦 ~後編 : 続編と選考基準~

このブログを検索

月別アーカイブ

2014
06
05
2013
11
07
06
04
2012
09
06
02
2011
10
09
08
06
02
01
2010
12
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年08月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss