やなけんのサッカー観戦日記

[日本代表] 2016-10-11 日本 vs オーストラリア - ホジッチ監督の交代策ってどうなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

守備的に戦いアウェーで勝ち点1を拾った。アウェーで格上に対してセオリー通りの守備的な戦術でゲームを進め、最低限の結果を持ち帰った。

今日の日本代表は、浅野ではなく、本田を1トップに据えた意外性のあるフォーメーションであった。前半は、日本の前線からの積極的なプレスがうまくはまった。本田、香川、原口が特に積極的にプレスをしかけ、相手の最終ラインからの組み立てを壊していた。うまくサイドに追い込んでは、サイドバック、サイドハーフ、ボランチの3人でボールを奪取し、比較的高い位置からショートカウンターを狙うと言う好循環。これが実を結び、前半5分に原口のボールカットから、本田にボールを預け、そのまま駆け上がった原口にスルーパスを通し、キーパーと1対1。原口が冷静にゴール右隅に決めた。

しかしながらこのペースを持続して、追加点を奪う展開とはならなかった。前半30分位までは、日本の時間帯を作れていたが、いいボール奪取をしても攻守の切り替えのパスがうまくいかない。オーストラリアも積極的にこちらの最終ラインにプレスをかけて来ており、正確なボールを前線に送れない。特に森重は、ショートパスもロングパスも精度を欠き、ブレーキになっていた。長谷部も前半はロングパスの精度がイマイチで、サイドに大きく展開するボールはチャンスとならなかった。山口も長谷部も守備面では、頑張りを見せていたのだが、ボールの収まり所と言う点では物足りなかった。しかしながらうまくワンタッチで相手をいなせた時は、チャンスを作れていた。27分には、小気味よくボールがつながった後に左サイドに大きく展開して、原口がシュート。そのすぐ後にも、また原口からマイナス気味に折り返して本田がダイレクトにシュートをする場面があった。

本田は、慣れないポジションであったにも関わらずチームで唯一のボールの収まり所を提供し、攻撃の起点になっていた。しかし前半終盤からオーストラリアに押し込まれる展開になり、せっかくボールキープをしてもサポートがなく潰されてしまうようになる。香川は序盤、守備時は、本田と2トップと言った高いポジショニングで、一緒に最終ラインにプレスをかけていたのだが、徐々に後退して二列目に完全に吸収されてしまっていた。これは運動量の心配をしてチーム戦術として行ったのか分からないが、結果としては、本田が一人で前線を追い回しても無駄になるので、プレス対象が相手CBからボランチに格下げとなった。この微妙な守備戦術の変更からオーストラリアに攻撃の主導権を渡す事になる。香川が最終ラインまで戻ってディフェンスに貢献をしたと言う解説が入る度に、そこじゃないのになぁ・・・と。

攻守の切り替えがうまくいかない原因のもう一つは、前線の人数不足だ。もしカウンター戦術を取るならば、最低でも2人は欲しい。そうでなければ、相手に一方的に攻めるチャンスを与えるだけだ。そしてそのうち一人は、スピードがある選手が望ましい。そう言った意味では、今日の香川は微妙だった。せめて攻守のリンクマンとなるのであれば、存在価値を見せられるのだが、得意ではないディフェンスに走り回っているのなら意味がない。また香川がダメならばせめて逆サイドの攻撃的な選手は前線にある程度余らせる必要があったのではないだろうか?本田にボールが収まっても相手の裏への脅威となる走りがオプションとしてないのでは、オーストラリアの選手は気兼ねなく高い位置を保てるだろう。

オーストラリアの時間帯はその後も続き後半8分にはついに同点とされる。今日得点を決めたチームの功労者である原口がPKを与えてしまう。オーストラリアは、伝統的なサイドアタックを繰り返しこれが実を結んだ。PKのジャッジは、ちょっと厳しいようにも見えたが、取られても文句は言えないものだった。相手のトラップが少し流れていたのでそこまで慌てて当たる必要がなかったが、、、仕方ない。彼はサイドバックではなく攻撃的な選手なのだからこう言った事故は起こる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

[日本代表] 2016-10-11 日本 vs オーストラリア - ホジッチ監督の交代策ってどうなの?

コメント失礼します。個人的に今回のハリル采配は攻めに行かなかったと言われる方の意見も尤もですが私は支持しています。

というのもオーストラリアに崩されたシーンがPK以外になく得点パターンがCK、FKくらいしかなかったからです。そこはハリルも言っていました。
本田が変わり小林が変わり清武、浅野が入った後の相手セットプレーなんて恐怖でしかありませんでした。清武が背の高い選手をマークしてる…心臓に悪すぎます。実際終了間際に一本危ないシーンありました。小林も競えてましたから引き延ばしたのでしょう。
終盤ケーヒルめがけて押し込んでくるのは想像できますし清武、浅野で行った終盤はチャンスも作りましたが反対にかわされて深いところまで侵入されるピンチも増えました。ケーヒルがフリーになるシーンもありましたし…早い段階でやると確実にロングボールからのCK、FKという状況が増えています。短時間でFKで危ないシーンをつくられていたのですからそういう機会が増えればまず餌食になるでしょう。勝ち点3欲しいですがそれ以上に勝ち点0だと日本のW杯がほぼ終わりますからリスク管理をしたのでしょう。不満は出るでしょうが意味不明ではないと思います。
清武ではなく香川だったのも守備を考えての事でしょう。実際機能していました。攻撃では物足りないですが…

最後の丸山なんか典型だと思いましたよ。最後のサイドの消耗が激しく、パワープレーに耐えうる人材、守備的に行くぞというメッセージだなと。NHKはちゃんと言及してましたがテレ朝は酷かった。あの終盤の交代後の展開は勝ち越し点を取る可能性より取られる可能性の方が高かったです。早めに交代したら1,2点取られていたとも思えるくらいに交代後深くまで押し込まれました。パワープレーで押し込まれそこからCK、FKでやられていたと思います。あのわずかな時間FK一本でピンチになりましたから。確かにカウンターのチャンスも増えましたがそこはリスクを背負う場面じゃないと判断したのでしょう。勝ち点0だったら終わりますから。

浅野ワントップで本田真ん中、香川清武サイドとか考えましたが本田が疲れていたのであの時間で代えたハリルが正しかったのかなと思います。個人的にここまでオーストラリアに何もさせない試合見たことなかったので。4年前の絶好調の日本でもチャンスは少なく相手に決定機作られていて何とか引き分けていた相手ですから。

ただ香川がCKやるのを何とかして欲しい。ここは不満です。

こんな記事も読みたい

日本代表 アジア最終予選④ vs オーストラリア【Planet of BLUE ★ ガンバ大阪】

オージー戦 いつもの日本代表じゃない【サッカーちょくさん】

オーストラリア戦 雑感【素人の戯言】

ブロガープロフィール

profile-iconyanaken-football

サッカーの観戦日記を不定期で更新してます。
PS4のFIFAシリーズでもプロクラブを運営していますので、興味のある方はTwitterも確認してみて下さい!
体験入部も大歓迎ですのでお気軽に!
  • 昨日のページビュー:159
  • 累計のページビュー:179880

(11月24日現在)

関連サイト:Twitter - FIFA17 プロクラブ Unlimited FC メンバー募集中!

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. [ブンデスリーガー] 2015-08-15 ドルトムント vs メンヘングラッドバッハ - チャンスメーカー 香川 と ゲームメーカー フンメルス
  2. [ブンデスリーガ] 2015-09-23 ドルトムント vs ホッフェンハイム - 2人の名手 香川とギュンドアン
  3. [プレミアリーグ] 2015-08-14 マンU vs アストンビラ - トップ下は誰なのか?
  4. [ブンデスリーガ] 2015-10-04 ドルトムント vs バイエルン - 失望
  5. [ブンデスリーガ] 2015-09-12 ドルトムント vs ハノーファー - 香川と清武
  6. [ブンデスリーガ] 2015-08-30 ドルトムント vs ヘルタ 香川の左足とカットインのタイミング
  7. [プレミアリーグ] 2015-09-12 マンU vs リバプール ルーニーの代役は誰だ?
  8. [ブンデスリーガ] 2015-08-23 ドルトムント vs インゴルシュタット - 香川復活の予感??
  9. [日本代表] 2015/08/09 日本 vs 中国戦 - 川又と永井
  10. [プレミアリーグ] 2015-08-22 レスター vs トッテナム - 岡崎はマフレズとの関係を築けるのか?

月別アーカイブ

2016
11
10
09
08
06
2015
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss