You's world news co.,

横浜F・マリノスについて思うこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

チームの顔であり、10番を背負う中心選手であった中村俊輔がマリノスを去り、ジュビロへ移籍した。 生え抜きのGK榎本哲也も控え覚悟でレッズへ移籍し、同じく苦しい中でもマリノスのために闘い続けた兵藤慎剛もコンサドーレへ。 ドラスティックな変化の中でマリノスはどのように進んでいくのか。 多くのマスコミは、移籍した選手たちの錚々たる顔ぶれからネガティブな報道を続けている。 一方で、中町公祐や伊藤翔、ここ数シーズン怪我もあったが不遇をかこっていた栗原勇蔵といった中堅選手は残留を決めた。 シティグループと関わるようになり、少しずつ変わってきたが、ここで大きな転換点を迎えた。

ただ、この転換点をシティグループはもっと早く迎えたかったのではないだろうか。 例えば、中村俊輔の貢献はここまで計り知れないものがある。 サポーターも2013シーズンの悔しさもあって「俊輔とともに優勝」を常に心に刻み応援を続けた。 他の選手たちにとっても、ピッチ上の指揮官として、絶大な信頼を寄せ、背中で見せる中村俊輔を誰もがその背中を追いかけているように感じた。

しかし、38歳という年齢は、どうしてもどこまで一線で怪我なく働けるのかということがつきまとう。 実際、昨シーズンは怪我の影響でなかなかピッチに立つことが出来なかった。 マスコミを通じたアナウンスを見るとフロント側は最大限の評価は続けたというが、どうしても最大限の評価をしていたようには感じづらい。 モンバエルツ監督により、若手の積極起用が進む中、フロント側も脱俊輔をいよいよ覚悟したのであろう。

またマリノスは、縦に速いサッカーをチームとして志向しつつある中で、中村俊輔のプレースタイルの歯車が合わなくなってきた。 ゆえに引退までマリノスでプレーして欲しかったし、またマリノスに戻ってきて欲しいと思うが、いずれは必ず訪れた中村俊輔との別れがこのタイミングでやってきただけである。

さらに言えば、フロント側は、中村俊輔以上に中澤佑二に厳しい評価を下したかったのではないだろうか。 小林祐三の契約満了が一早く発表され、中澤佑二に対しては年俸半減の報道が出た。 ただし、中澤佑二への対応の悪さをフロント側は認め、評価を改めた。

堅守マリノスを支えた屋台骨である中澤佑二はフル出場を続けているが、言い換えればその分ポジション争いは一枚削られる。 もちろん、今シーズンに関して言えば、栗原勇蔵は怪我がちで、パクジョンスや新井一耀は不安定な一面を見せていたため、レギュラー争いで中澤佑二には勝てなかった。

しかし、スピード勝る選手に置き去りにされるシーンやパスのズレなど、監督の求めるスタイルとは合致しづらいプレーヤーにも感じた。 パクジョンス、新井一耀がチーム所属2年目を迎える中で、このポジションも若返りを覚悟したのではないかと。 結果として栗原勇蔵は新たな契約を結び、チームに残る決断を下したことは、ドラスティックな改革な中でも、サポーターの気持ちを若干(も若干)ではあるが落ち着かせるものである。 また中澤佑二もマリノスに残る決断をした。

しかし、ドラスティックな変化はマリノスサポーターは受け入れづらい過去がある。

松田直樹。

彼がチームを離れたとき、そして二度と帰って来られなくなったとき、サポーターには言い表せない悔しさがある。 だから、中村俊輔とのこの別れを簡単に受け入れられるような下地は何一つ無い。

中村俊輔、兵藤慎剛、榎本哲也といった主力選手たちがマリノスを離れることとなった。 しかし、一方で中町公祐などだけではなく、今シーズンに主力として闘い続けた喜田拓也や天野純は契約を更新した。 また、新たな期待を抱かせるようなプレーを見せた前田直輝や富樫敬真、遠藤渓太なども契約を更新した。 新しい風を吹かせられるメンバーは残った。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Wonder football!!
タグ:
中村俊輔
マリノス
横浜F・マリノス
J1
Jリーグ
サッカー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今年一番面白いサッカーをするのは川崎【にわかフロンターレファンの試合分析】

プランB【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

2016グランパス選手評 背番号24  高橋 諒【赤の血潮と、青の魂】

横浜Fマリノス2017年出帆準備完了!! でも、乗船名簿作成は未完了!?【SPORTS BULLetin】

横浜Fマリノスの嘘情報が喧伝された件について 追記あり:サッカーキングからの返信【多趣味過ぎるブログ】

2017年の幕開けに寄せて【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

もう、歌えない。。。「俺らの誇り、ウルトラレフティShunsuke Nakamura」  それでも前に進もう、我らの横浜・Fマリノス!【SPORTS BULLetin】

「中村俊輔マリノス退団」に思うこと【でぷスポ13号館】

ブロガープロフィール

profile-icony_w_n_co

自称スポーツライターyouのブログです。

サッカー・野球・競馬を中心にボソボソと書いております。

特に注目しているもの
・ACミラン
・横浜F・マリノス
・高校サッカー(特に公立高校)
・大学サッカー
・阪急ブレーブス
・グラスワンダー(産駒含む)
・マイナー血統
・一口馬主

更新は基本的に月曜日です。

仕事依頼も受け付けております。
y_w_n_co@hotmail.co.jp
までご連絡ください。

※復興支援ポロシャツ販売中
http://blog.livedoor.jp/yous_world_news_co/archives/51984146.html
お問い合わせは上記アドレスまで。

y_w_n_co

http://blog.livedoor.jp/yous_world_news_co/
  • 昨日のページビュー:91
  • 累計のページビュー:138608

(09月05日現在)

関連サイト:You's world news co.,

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2016 有馬記念 展望
  2. 横浜F・マリノスについて思うこと。
  3. 皐月賞の結果からダービーを予想してみる
  4. J1順位予想 2017
  5. 勝手に採点 =6大会連続ワールドカップ出場決定!=
  6. 勝手に採点(J1開幕戦)
  7. オリックス・バファローズ 2016 ドラフト指名選手一覧
  8. 贅沢な悩みとなるか。
  9. OSAKA Sports tour!! その3
  10. 5億8000万の弟を持つ姉

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss