銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—

長いことご愛読いただき、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンクーバー五輪以降、細々と続けてまいりました当ブログですが、ここでいったん幕を閉じたいと思います。

スターズ・オン・アイス2016の東京公演の記事を楽しみにされていた方がいらっしゃったとしたら、大変申し訳ありません。

理由としましては、一言では言い表せないものがありますが、敢えて申し上げれば、スポナビブログサイトの大幅なシステム改変により、私自身にとっては「表現しづらくなった」ことがあります。

● コメント投稿が、スポナビIDかYahoo!IDのいずれかに絞られたことにより、活発な意見交換が出来なくなったこと。

● テンプレートが統一されてしまい、ブログパーツも貼り付けられなくなり、「ブログの個性」を表現しづらくなったこと。

● より専門性の高い記事を求められるようになったこと。

まず、これらの3点が理由にあります。

が…。

一番私の中で大きい理由は、別にあります。

● 有名選手が相次いで引退したことで、以前のようなフィギュアスケートへの情熱が薄れてしまっていること。

● 大好きで仕方のなかった高橋大輔氏の引退後の演技に、魅力を見いだせなくなっていること。

この二つが、一番大きい理由でしょうか…。

高橋大輔氏について

現役時代の大輔氏の演技を、生でみたことがありません。 現役最後かも知れないと思った、2014年の世界選手権にはどうしても行きたくて、エキシビションのチケットに応募し、当選出来ました。「現役の大ちゃんの演技を見られるのは、私にとってはこれが最初で最後のチャンスかも知れない」そう思って…。 ところが、足の負傷により出られなくなってしまいました。 エキシビションも欠場です。 大輔氏目的でチケットをゲットした私は、ガクっときました。 結局、現役時代の大輔氏の演技を生で見る機会にはとうとう恵まれず…。 それでも、鈴木明子さん、町田樹氏など好きな選手はいましたし、海外の有名スケーターの演技も見られるので、気持ちを切り替え、さいたまスーパーアリーナまで出かけました。(今となっては、スターズ・オン・アイスより、世界選手権エキシビションの方が、私には思い出深いショーとなりました。)

そこで…、 町田樹氏の演技に、心奪われてしまったのです。  (これについては、当ブログで過去にアップしています。) 大輔氏がいないので、「何かひとつでも自分にとって、心に残る演技と出会えたら本望」という思いで観覧していましたところ、第二部後半に町田樹氏登場。 驚きました…大ちゃんいないのに???…え????…マッチー???…え?え? 町田樹の放つ空気感が、会場全体を支配していって、息つくことを忘れさせるほど、高橋大輔がそこにいるような錯覚に陥ったのです。 これには、ひとつ、振付が宮本賢二先生だったこと、町田樹氏が高橋大輔をリスペクトしていたこと、これらが体中からぶわっと放たれていたんだろうと思います。 が、今になって思うことは、ある意味遅咲きとも言える町田樹氏は、「自分の引退時期」というものを模索していたのかも知れません。また、自ら振付を行うことの出来る彼は、エキシビションまでもひとつの作品と捉えていたのかも知れません。 色々な思いが、何重にもなって町田樹を作り上げていったのだろうと…。 2014年の世界選手権エキシビションでのナンバーも、私が勝手に「今思えば」的回想をすると、ある種の覚悟のような思いがあったのかも…時がたてばたつほどそのように感じられて仕方ないのです。他の方が何と言おうが…。

そんな町田樹氏の演技、ゾクゾクっと身震いしたくなるようなあの空気感が、2年たった今でも実は脳裏に焼き付いて離れないでいるのです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
お知らせ
タグ:
銀盤の舞-フィギュアスケートエトセトラ-
ブログ更新休止
オーラ
空気感
町田樹
高橋大輔

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コメント一覧で、本文に関する全てのコメント(返し含め)が見えます。

コメントくださった皆様方へ

スポナビブログのコメントの表記についてですが、通常は本文の下部に「全て」掲載されるんですけど、いただいたコメントの下部にある「返信」ボタンで返しをしたものについては、本文下部には掲載されないようです。

白猫様、yokochan様のコメントの返しは、上記の方法で返したためか、表面上は何もないように見えるのですけど、「コメント一覧」というところをクリックしていただくと、私の返しが見えます。

何だかシステムが改変されてから、ちょっとついていけてない私です…。

長いことご愛読いただき、ありがとうございました。

【RE】yokochan様

>以前何度かコメントをしたものです。

えぇ、えぇ、覚えています。
忘れず訪ねてくださって、ありがとうございます。

>その決断をするに至った思いを読ませていただき、共感するところが多かったので、一言最後に、と思い参りました。

恐縮です。

>ただ、ほんの数年前まで、彼でなければ醸し出せないと思っていた氷上のオーラが、これほど変わってしまうのかな…という思いがどうにも払拭できないでいます。

私と同じようにお感じになっていたのですね…。
たとえ少数でも、共感して下さる方がいらっしゃるなんて、思い切って書いて良かったです。

>たとえどんな彼であっても変わらず応援し続ける熱いファンの方々からはお叱りを被るとは思うのですが…

そこですよね…そこは私も随分と考えました。
でも、10人目の前にいたとしたら、その10人が同じ考え方ではないし、違う考え方があってそれはとても「自然」で「当たり前」のことだと、私は思います。
読み手の方のため、ファンの方のため…そう思うあまりに、つい迎合してしまうと、結果として「伝わるものも伝わらない」記事になってしまうってことは、今日までブログをやってきて痛感してもいることなんですね。
何と言われようと、「支持する」が少なかろうと、私は私の思いで書きました。

yokochan様の思い、私も共感します。

>彼のこれまでの功績が変わるものではなく、その姿を追って今現役のスケーターたちが活躍しているわけですが、後輩たちが目標とする先輩として、これからもその範たる活動を続けてほしい、

そう!
まさに、それは私も思うところです。
どれほど多くのちびっこスケーター達が、「大ちゃん」を目標としてきたのか。
数えきれないと思います。
私も全く同感です。

>どうぞお体に気をつけて、これからもご活躍ください。

ありがとうございます。
最後の記事にでもしない限り、うまく書けない内容だったかも知れません。
書いて良かったです。
コメント下さって、本当にありがとうございました。

こちらのブログは「無期限に」閉店しますが、別ブログでゆるゆるだらだらやってまいりますので、「元気かな?」なんて思われた時には、暇つぶし程度に覗いてやってください。

yokochan様も、お体に気をつけて、私の分まで(図々しいですが…)フィギュアスケートを楽しんでくださいね。

コメント、嬉しかったです!
感謝です。

こちらこそ、感謝の気持ちです。

【RE】白猫さん、

お久しぶりです。
最終記事に、白猫さんからコメントいただけるなんて、嬉しいです。

>記事を書くのって、結構、パワーがいりますよね。

えぇ…本当にパワーがいります。体調の悪い時や気分がパッとしない時なんて全く書けません。
よく、「文章の神様が降りてきた」なんて聞きますが、私にもそんな瞬間はありまして、そういった時に書いたものは、反応も良かったりしました。
が、それも年に何回あるんでしょうというくらい貴重な瞬間(苦笑)。
本当にパワーが必要でした。特に、スポナビのこちらのブログを更新するのは、読み手の方もコメント下さる方も、とても詳しい方々ばかりです。
中途半端な気持ちでは書けないなっていうのは、つくづく痛感していました。

>この記事をあげられるまで、思い悩まれたのではないでしょうか・・・。

熊本地震の後ですから…えぇ…考えましたね…。
地震のことが頭にないわけではないですけれども、「温度差」があるんだな…ということを感じたので、最後の記事はどうしようか…随分と考えました。
それこそ、ファンの方からどう受け止められるか…ご批判も受けるかも知れないし…勇気はいったのは確かです。

>「銀盤の舞」さんと出会ったのは、自分のブログをはじめてすぐの頃でした。
その出会いに感謝しています。

こちらこそ、白猫さんには感謝の気持ちですよ~。
最も、チャット等まめにファンの方々と交流している白猫さんを見ていて、「羨ましいな」と感じることもありましたが、白猫さんも「石ころが飛んでくるかも知れないけど」でも書かなければと、勇気を振り絞って書いていらっしゃるであろうことも、時折ブログを拝見して感じていました。
白猫さんはだれにも負けないほど、「大輔愛」をお持ちの方です。
しかも、スケーターの皆さんに対して愛情を強く持っていらっしゃる…だから、石ころだろうがヤリだろうが飛んでくるかも知れないと思われて書かれたものだって、私には「愛情」しか感じませんでした。

分かる人には、分かるんです!

>たくさん語りたいのですが、なんだか言葉が見つかりません^^;

別ブログでは、だらだらゆるゆる書いてますので、「元気かな?」なんていう時には、たまに覗いてやってください(^^♪
あ、フィギュアスケートについては、相当更新頻度が下がりますし、更新するともお約束は出来ませんけどね…(^_^;)

>また、いつか・・・

こちらのブログについては何とも言えませんが、別ブログでもフィギュアスケートの記事を「心から楽しみながら」書ける日が来たら、またその時は相手してやってくださいね。

本当にありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

長いことご愛読いただき、ありがとうございました。

こんばんは。以前何度かコメントをしたものです。ブログの更新を止められる、と聞いてとても残念に思っています。その決断をするに至った思いを読ませていただき、共感するところが多かったので、一言最後に、と思い参りました。大輔氏が現役を引退して自分の人生に新たに向き合ったときに、様々な思いを抱えてそれを歩んでいくことは当然の事だと思います。ただ、ほんの数年前まで、彼でなければ醸し出せないと思っていた氷上のオーラが、これほど変わってしまうのかな…という思いがどうにも払拭できないでいます。たとえどんな彼であっても変わらず応援し続ける熱いファンの方々からはお叱りを被るとは思うのですが… 最近、またスケートに向き合うと決め、活動も本格化しているようですが、SOIもアイスレジェンドも、画面でみるパフォーマンスは、スケートに対する時間的・精神的ブランクを感じさせるものだな、というのが正直な感想です。彼のこれまでの功績が変わるものではなく、その姿を追って今現役のスケーターたちが活躍しているわけですが、後輩たちが目標とする先輩として、これからもその範たる活動を続けてほしい、そんなことも考えたりします。 まとまりがつかなくなりましたが、これまであげて下さった様々な記事、本当にありがとうございました。どうぞお体に気をつけて、これからもご活躍ください。

こんな記事も読みたい

2015-16シーズン総括 ~世界選手権を中心に~【スコッチを片手に】

スターズオンアイス2016 TV放映鑑賞【フィギュアスケートをみる】

スケート部・関東大学アイスホッケー選手権大会準々決勝対慶大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-icony-love

★コメントをご覧になる際、本文記事の下部には全てが表示されないようです。本文記事の下部にある「コメント一覧」でご覧ください。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5942079

(04月19日現在)

関連サイト:やっちのブログへおでんせ!

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 羽生結弦に見るコーチの重要性 — ブライアン・オーサー —
  2. 感涙を誘った鈴木明子の渾身の演技 — フリープログラム O(オー) —
  3. 気になった観客の声援 — 高橋大輔、羽生結弦 —
  4. ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —
  5. 日本の女子シングルが心配になってきた・・・。
  6. 番宣どうにかならないのか? — テレ朝殿 —
  7. 感受性に揺れ動くひとりの才能 — 安藤美姫 —
  8. 海外では評価の高い鈴木明子-紹介したいブログ-
  9. 頭が下がる日本の“エース”— 鈴木明子、高橋大輔 —
  10. 長いことご愛読いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

2016
04
03
01
2015
12
11
08
05
04
02
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
07
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss