銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—

スターズ・オン・アイス東京公演を見にいったのだけど…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事をアップすべきかどうか…考えたのだけど…敢えてアップすることにした。

昨日、H28.4.16(土)に、スターズ・オン・アイスを見に代々木第一体育館へ出かけた。 熊本では大きな地震が起きたので、東日本大震災を経験している私としては、何とも複雑な心境になりながらも東京へ向かった。

テレビの報道では、「ボランティアの受け入れ態勢はまだ整っていない」ということだったので、目立った支援活動はこれから…ということなのでしょう、自衛隊の炊き出しや水の補給、地元の有志のメンバーによる炊き出し等が始まり出したところ、そんな状況のようだ。

受け入れ態勢はまだ…と言うのは、当然だろうと思う。 善意でボランティアに来てくれても、全国からたくさんの人が詰めかけると交通網がマヒしてしまう。また、混乱に紛れて悪さを働く偽ボランティアというのも生じてくる。現場では、様々な混乱が生じるから、理解できる。

その一方で、被災した人たちにとって、緊急に必要な物資があるのも事実。 我が岩手県の遠野市では、友好関係を築いていることから、早速物資の搬入手配をしたと、お昼のニュースで知った。

ネットを見れば、野球界やゴルフ界でも、「現時点で出来うる範囲での活動」とも言える、募金の呼びかけ等をすぐさま行っているとあった。

実際に被災地へボランティアへ出向かなくとも出来ることは必ずあるわけで、勿論、それらを「見極めて」少し時間をおいてからの行動でも、なんら問題はないと思っている。

しかし…、

昨日出向いたスターズ・オン・アイスでは、大型スクリーンにメッセージを出すことも、募金を呼びかける動きなどもなかった。

会場が代々木第一体育館で、グッズ売り場と出入り口が接近しており、公演が終わってから退場する際も、出入り口付近にグッズ売り場が設けられているため、グッズを求める人と退場したい人とが、そこでいったんブロックされる感じになってしまい、余計に混雑が生じている。そんな状況なので、緊急に「募金」を呼びかけるなんていうことは出来ないだろうし、スターズ・オン・アイスは有名選手やメダリスト達が来るので、余計に混乱を生じさせることにもなり兼ねず、スターズ・オン・アイスの特性として、難しいのだろうとは思う。

だが、そういった中でも、大型スクリーンに何かメッセージを出すとか、出来ることはあったのではないだろうか?と、勝手ながらそう感じてしまった…。

だって、熊本にはフィギュアスケートファンもいるでしょう? 地理からすれば、東京公演よりは大阪公演の方が近いだろうけど、もしかしたら、東京公演に来ようとしていた人もいたかも知れない…。 また、熊本や九州出身だけど、東京在住という人もいるだろうし…。 そう思ったら、「何か出来なかったのかな?」と、ふと、感じてしまったのだ。

気持ちが複雑な中、浅田真央がフリーのプログラム「蝶々夫人」を演じてくれたのを見て、何故だか心がじーんとして、今回彼女の演技が一番脳裏に焼き付いた。真央ファンじゃないんだけど…。 「トリプルアクセルを飛ぶか」「難しいジャンプを飛ぶか」…ごめん、私にはそういうことはどうでもいい。 いつもそうなんだろうとは思うが、今回、とても心を込めて滑っているように感じたのだ。 正直、浅田真央のことについては、良くも悪くも反響が大きすぎて書かないんだけど、今回は贔屓にしている高橋大輔でもなく、鈴木明子でもなく、浅田真央が演じる蝶々夫人に胸を打たれた。 いや、言い方を変えましょう…高橋大輔も鈴木明子も良かった、特に鈴木明子は昨年のリベンジと言っては語弊があるかも知れないが、ジャンプをきちんと決めてくれた。転倒はなかった。良かったんです、皆さんがね。 その中でも、浅田真央の蝶々夫人が、私にはより一層心に響いてきた…。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
雑感
タグ:
蝶々夫人
浅田真央
鈴木明子
高橋大輔
東京公演
スターズ・オン・アイス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

スターズ・オン・アイス東京公演を見にいったのだけど…。

【RE】erika_sono様

丁寧なコメント、ありがとうございます。

>フィギュアスケート関係でも、宮本賢二さん、村主千香さんなどが、ブログでいち早く、熊本地震被害に言及しています。

キャシー・リードお姉さんも、4/15にブログで心配されていることを知り、ホッと胸をなでおろしたところです。
こういう些細な部分かも知れない意見発信が、テレビ等で広く顔と名前が知れ渡っているスケーターにも波及してくれたらと思います。

変換ミス訂正

「避難の長期化」変換ミスです。

熊本地震支援活動状況(リンク先随時更新)

熊本県などによる義援金受付窓口、ボランティア受け入れ、福岡市による支援品目変更などが発表されました。(随時更新)

http://news.yahoo.co.jp/story/151


フィギュアスケート関係でも、宮本賢二さん、村主千香さんなどが、ブログでいち早く、熊本地震被害に言及しています。

確かに、野球界、サッカー界、角界のように、試合や興行の前後に九州出身の選手や力士が中心になり、ファンと握手しながら義援金を集めたり、選手有志が被災地に入って支援物資を届けたり、という目立った活動ではありませんが、だからといって、「フィギュアスケート界は冷淡」と思うのはまだ早い。


熊本市は、当面の支援物資は足りていて、仕分けや配送が追いつかない状況らしく、支援物資より義援金を希望。熊本城の再建にも多大な費用と年月が見込まれるため、長期的な支援を希望しているようです。「ふるさと納税」で熊本を支援する動きも広まっているようですね。

災害ボランティアは一部で受け入れ始めているようです。

福岡市も、飲料水などやトイレットペーパー、毛布などは足りてきたようで、ウェットティッシュと、調理不要で保存の利く食料品を希望。非難の長期化が見込まれ、感染症や、口腔不衛生による誤嚥性肺炎の心配が出てきているようです。


今回の熊本地震は、震源地が移動しながら連続して中・強度の地震が多発したため、どの方向に、どれだけ被害が広がるか分からないから、支援活動も始めにくい状況があったと思います。

でも、やっと、被災者のニーズが伝わってくるようになりました。スムーズに支援活動が続くことを祈ります。

スターズ・オン・アイス東京公演を見にいったのだけど…。

【RE】erika_sono様、TCE00071604様、

お二方とも、コメントをありがとうございました。
個別への返信でないこと、お許しください。

>アイスショーを楽しみに来ている人も沢山いるのですから。
自分のやるべきことをやる。他人に押し付けないことが大切です。

大変、胸に深く深く深く…刺さりました。

タラレバを言うのは適切ではないですけれども、もし、私が協賛や協力側の立場だったとしたならば、たった一言、気持ちを伝えることをしたと思います。

熊本のことを思う気持ちを。

実際…、経験してみないと分からないことはたくさんあります。

何かを押し付けようということを、記事にしたのではありません。
ただただ、寂しいな…と思ったまで。

ちなみに、東日本大震災の時に、有名人や芸能人達が 「支援をしないと何だコイツ?って思われるような」風潮が一部あったように感じていますが、それこそ、押しつけだと思います。
どんなスタイルがあってもいいと思います。
心のない上辺だけの支援をされても、嬉しくはありません。(まぁ、切羽詰まっていれば、ないよりは上辺だけでもあるに越したことはないですが…)

ただ、野球界やサッカー界、ゴルフ界がいち早く動いているのを見て、フィギュアスケートファンとして「純粋に寂しい気持ち」になったということです。
分かりますでしょうか、この気持ち…。

私は思わず、高橋大輔さんへメッセージを送ったくらいです。
まだ、選手として現役だった大輔さんへ。
だって、行こうとしていた世界選手権のエキシビション、初めて当たった世界選手権のチケットが使えなくなってしまったのですから…。
悔しいですよ。
悔しくてたまりませんでしたよ。

どれほど、地団太をふんだことか。同時に、無事に生活出来るようになったことへの感謝の気持ちと、本当に心身が参ってしまいました。
そんな時に、すぐさま行動に反映させることが出来る、野球界やサッカー界、ゴルフ界が羨ましてくてたまりませんでした。

私の文章が拙いばかりに、記事本文で伝えきれておらず、そこは言い訳のしようもありません。

「熊本で大きな地震が起きました。いまだ情報が錯そうしており正確なところを把握できてはいませんが、大変心を痛めております。私たちに何が出来るわけでもないかも知れません。が、精一杯、心をこめてアイスショーを開催することで、何かお力になることが出来るのなら、幸いです。どうかお体ご自愛くださいますように…。」

こういう真心が、押しつけとなるのかな…?

コメントの返しはここで終了させていただきます。
ありがとうございました。

こんな記事も読みたい

FREEBLADES Jr. が大会に参加しました!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

カーリング男子は初の4位! 4/16はミックスダブルス世界選手権開幕!(平昌五輪の正式種目)【0 to zeroのhorizon】

フィギュアスケート…雑感【銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—】

ブロガープロフィール

profile-icony-love

★コメントをご覧になる際、本文記事の下部には全てが表示されないようです。本文記事の下部にある「コメント一覧」でご覧ください。
  • 昨日のページビュー:41
  • 累計のページビュー:5945668

(07月06日現在)

関連サイト:やっちのブログへおでんせ!

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 羽生結弦に見るコーチの重要性 — ブライアン・オーサー —
  2. 感涙を誘った鈴木明子の渾身の演技 — フリープログラム O(オー) —
  3. 気になった観客の声援 — 高橋大輔、羽生結弦 —
  4. ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —
  5. 日本の女子シングルが心配になってきた・・・。
  6. 番宣どうにかならないのか? — テレ朝殿 —
  7. 感受性に揺れ動くひとりの才能 — 安藤美姫 —
  8. 海外では評価の高い鈴木明子-紹介したいブログ-
  9. 長いことご愛読いただき、ありがとうございました。
  10. 頭が下がる日本の“エース”— 鈴木明子、高橋大輔 —

月別アーカイブ

2016
04
03
01
2015
12
11
08
05
04
02
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
07
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss