銀盤の舞—フィギュアスケートエトセトラ—

小塚崇彦が引退?!・・・氷上から去るなんて勿体無い・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

タラレバを言うのはよろしくないでしょうが、股関節のケガさえなければ、選手生命はもう少し長くなっていたのかも知れない。

小塚崇彦が、この3月末でもって、フィギュアスケート界から引退するという記事が出ていた。記事によると、今後は所属先でもある「トヨタ自動車」の一社員となって、新たな人生を歩き始めるとのこと…。

え?!

小塚くん…、すっかり氷上から去ってしまうの??

え…?!?!  マジで?????

ちょっと~~~~、それはあまりに勿体無いのではないのかしら?

人様の人生、外野の私があれこれ言えた義理じゃないのは百も承知しているが、世界にも胸を張って自慢出来る小塚崇彦の滑らかなスケーティングを、一切封印してしまうというのは、あまりにも勿体無いと思う。

記事によると、スターズ・オン・アイスの最終公演への出演が決まり、そこで挨拶が行われるという。

あぁ…私ね、その前日の4月16日(土)に行くことになっているのだわ…残念…。

体の調子や気持ちの問題もあるでしょうけど、指導者とか解説者とか、何等かのかたちでフィギュアスケートには携わっていて欲しいと言うのは、フィギュアファンのエゴだろうか?

あまり書きたくはないが、お父様の件でもゴシップで色々とあったらしいし…フィギュアスケート界に関わらない別の人生を歩むという選択に、このことが多少なりとも関係していたのか否かは、知る由もないが…。

あれやこれやとお節介しているわけではない、人様の人生だもの、小塚崇彦が決めたことなら、それを応援していくだけだ。

ただ、フィギュアスケート界からすっかり離れてしまうのか?そう思えば思う程、小塚崇彦の滑らかなスケーティング、ぶれないイーグル、これでもかと私の脳裏をかすめていく。勿体無いと…。

股関節の調子さえ良ければ、もっともっと男子シングル界を引っ張っていく存在になっていたことだろう。

だが、高橋大輔や織田信成らとほぼ時を同じくして、日本の男子シングル界を輝かしい存在にしてくれた一人、功労者であることに間違いはない。

時に、誤解を与えるような発言で物議をかもしたこともあったが、何も間違ったことは言ってはこなかった(と、私は思っている。)むしろ、小塚崇彦のような「物言い」が出来る人間が、末永く活躍出来るフィギュアスケート界であってほしいとさえ思ったくらい、「よく言ってくれた!」と感じることも少なくなかった。

「サラブレッド」と呼ばれ、人知れず気苦労なこともあったのかも知れない…一言で語るのは容易ではない程、長い間、たくさんの感動を本当にありがとう!

今月末での引退ということで、まだ気が早いとは思うが、私自身も現在の職場を今月末付で立ち去るため、少々慌ただしい日々を過ごしている。

日にちが近づいたらまた、違う言葉を伝えたいと思っているけれど、今は、とにかく「ありがとう」を伝えたい。

残り少ない日々、悔いの無い時間を! 小塚くん、本当にありがとう!!  



フィギュア小塚崇彦が現役引退 今後はトヨタ社員に 4月17日にファンへあいさつ デイリースポーツ 3月15日Yahoo!ニュース配信

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
小塚崇彦
タグ:
4月17日
スターズ・オン・アイス
サラブレッド
一社員
トヨタ自動車
現役引退
小塚崇彦

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

小塚崇彦が引退?!・・・氷上から去るなんて勿体無い・・・

【RE】erika_sono 様

失念していたら申し訳ないのですが、「初めまして」でしょうか?
コメント、ありがとうございます。

>毎日新聞の記事

URLありがとうございます。この記事を読むと確かに、「後進の指導」とありますね。

>トヨタのスケート部の顧問やコーチに就任する可能性が強いのではありませんか?

だとしたら、喜ばしいことですね。引き続き、フィギュアスケートに携わってくれるのは、嬉しいことです。

>今までの選手としての経験が生かされないわけでは、決してないと思います。

そうですね、私もそれを期待しています。
じゃないと、長きに渡る経験を眠らせたままというのは、あまりに勿体無いですからね。
小塚くんの第二の人生が、実り多き豊かな1年でありますように…。


小塚崇彦が引退?!・・・氷上から去るなんて勿体無い・・・

「今後は『これまでの経験を生かし、トヨタ自動車の従業員として新たな人生を歩む』としており、後進の指導にあたるとみられる。」と毎日新聞の記事にありました。 http://mainichi.jp/articles/20160316/k00/00m/050/046000c

ということは、トヨタのスケート部の顧問やコーチに就任する可能性が強いのではありませんか? もちろん、同じトヨタ所属でも、今までのように現役選手の立場ではないから、試合などには出場しないのでしょうが。


大企業には、スポーツ部もあり、所属アスリートも抱えている。そうしたことも含めた、スポンサーとしての役割や、広報関係の仕事もある。

トヨタ社員の立場で、アイスショーなどに出演することが可能なのかどうかは、副業規定などとの関係で分かりませんが、今までの選手としての経験が生かされないわけでは、決してないと思います。

こんな記事も読みたい

ペーター・フィルがラップ W-CUP最終戦サンモリッツ【アルペンスキー撮影記】

コリーヌ・スッターがラップ W-CUP最終戦サンモリッツ【アルペンスキー撮影記】

「広がる冬の楽しさ」第2回全国障がい者スノーボード選手権大会&サポーターズカップ【チャレンジド・スポーツポータルサイトCHALLEATH(チャレアス)】

ブロガープロフィール

profile-icony-love

★コメントをご覧になる際、本文記事の下部には全てが表示されないようです。本文記事の下部にある「コメント一覧」でご覧ください。
  • 昨日のページビュー:87
  • 累計のページビュー:5942321

(04月21日現在)

関連サイト:やっちのブログへおでんせ!

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 羽生結弦に見るコーチの重要性 — ブライアン・オーサー —
  2. 感涙を誘った鈴木明子の渾身の演技 — フリープログラム O(オー) —
  3. 気になった観客の声援 — 高橋大輔、羽生結弦 —
  4. ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —
  5. 日本の女子シングルが心配になってきた・・・。
  6. 番宣どうにかならないのか? — テレ朝殿 —
  7. 感受性に揺れ動くひとりの才能 — 安藤美姫 —
  8. 海外では評価の高い鈴木明子-紹介したいブログ-
  9. 頭が下がる日本の“エース”— 鈴木明子、高橋大輔 —
  10. 長いことご愛読いただき、ありがとうございました。

月別アーカイブ

2016
04
03
01
2015
12
11
08
05
04
02
2014
12
11
10
06
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
07
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss