2012年12月20日

ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —


 ・・・ まさか?!と、目を見張った・・・

 高橋成美&マーヴィン・トランが、ペアを解消したという。

 これまで、何人かの相手とペアを組んできた高橋成美は、マーヴィンに出会ってから、「五輪とマーヴィンのどちらかを選べと言われたら、マーヴィンを選びます。」とさえ語るほど、彼に対する信頼感は、揺らぎないものに成長していたはずだったが、ここにきて「食い違い」が生じ始めていたようだ・・・。

 ソチ五輪の団体戦に向けて、橋本聖子会長は超党派議員に呼び掛けるなど、マーヴィンの帰化に熱を入れていたが、日本に居住していない彼には、かなりハードルが高く、少なくともソチ五輪には限りなく「不可能」に近いものだった。

 一時期は、マーヴィンも帰化に「ほんの少しだけ」気持ちが傾いたこともあったのかも知れないが、本音は「Yes」よりも「No」に近い気持ちではなかったろうか・・・。

 目前に迫る五輪だけに焦点をあてて帰化などされても、彼にとっても周囲にとっても「効果」はあまりないと、私は帰化に関してのみ懐疑的だったが、もはや、高橋成美とのペアを解消してしまったのだから、帰化問題も頓挫したまま、消滅せざるを得なくなり、橋本聖子会長の勇み足になったのではないかと感じている。

 二人のベア解消は、帰化問題は全く関係ない話で、「目指す方向性」や「意見の食い違い」によるものだそうだが、日本においてペアを目指す限りは、嫌でも「国籍問題」が付き纏う。何故なら、日本人男子がペアを志そうとしないからに他ならない。
 リンク確保の問題だけではない。まず、まずは、男子選手が皆「シングル」を目指してしまうことが、最たる要因だと私は思っている。

 それは、日本人の国民性やジェンダー教育に起因するところが大きいだろう。

 そして、フィギュアスケート放映における「シングル優先」のテレビ番組のあり方・・・これも、ペアを目指す人口が少ない理由のひとつに、間違いなくベストテン入りしていると私は睨んでいる。


 日本期待の「大型ペア」、高橋成美&マーヴィン・トランだったが、残念ながらペア解消となってしまった。しかし、この二人には心から大きな拍手と感謝の意を伝えたいと思う。

 マーヴィン、あなたは小柄で男気溢れる日本のキュートな高橋成美を、今まで支えてくれて、ファンのひとりとして、心から「ありがとう」を贈りたい。

 実は、あなたに密かに“ 胸キュン ”していた事実を・・・マーヴィン、いつかカミングアウトしようと企んでいたが(笑)。


 — また逢える日まで —


 Thank you !!


この記事に対するコメント一覧
(事務局では、サービス全体の雰囲気醸成の為、全コメントをフィルター/目視チェックし、削除等しております。見逃し等も有りますので、ご不快な思いをされた場合は、事務局宛 support@plus-blog.sportsnavi.com にご意見頂けると幸いです。)
ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —

コメント投稿者ID : ANE00049090

はじめまして。私のこの件には興味があっていくつか記事を書き、貴ブログにたどり着きました。

>一時期は、マーヴィンも帰化に「ほんの少しだけ」気持ちが傾いたこともあったのかも知れないが、本音は「Yes」よりも「No」に近い気持ちではなかったろうか・・・。

想像ですが、かなりスケート協会が強引に勧誘したのではないですかね。トラン自身本気で国籍を取得しようとするのなら、日本に居住するくらいのことはするでしょうし、あまり乗り気ではなかったのでしょう。

>橋本聖子会長の勇み足になったのではないかと感じている。

同感です。きっちりとした下準備ができていませんでした。

>二人のベア解消は、帰化問題は全く関係ない話で、「目指す方向性」や「意見の食い違い」によるものだそうだが

実際はほとんどすべて帰化問題のみでしょう。

http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/c9bdae4a8261c5586284fe30dc98a574

ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —

コメント投稿者ID : NID00004370

こんにちは。

おっしゃるように、「五輪よりマーヴィン」という高橋選手の言葉を聞いていただけに、ものすごくびっくりしました。
勢いがありましたものね。

トラン選手は、カナダに彼女さんがいると聞いたことがありますが、日本国籍取得は本人はもちろん彼女さんも乗り気ではなかっただろうなあ。
カナダだって、アイスダンスはともかく、ペアは欲しかったのでは?と思うんですが、どうでしょう?
ペアってリフトやスロージャンプなどかなり危険が伴いますよね。
気持ちに食い違いが生じたまま練習していては危ないんじゃないか、もしかして高橋選手のケガも…って、想像してしまいました。

カナダやアメリカのアイスダンスの選手たちって、ずいぶん小さい頃からペアを組んでいますよね。ペアもそうなんでしょうか?
でもダンスのリフトと違って、ペアのは高いし、女の子を放り投げなくてはいけないから、かなり体力が必要ですよね? あまり年齢が小さいと無理があると思うんですけど、基礎練習をみっちりやるのかな? それともシングルの練習をしておいて、ある程度の年齢になってから組む相手を探すんでしょうか?

日本はペアやアイスダンスを育てる土壌がないのでしょうが、まさか「男女七歳にして、席を同じうせず」という感覚がいまだ残っているとか?…

今回の解消でかなりガックリきて、いろんなことを考えてしまいました。
元気印の高橋選手の姿は当分見られないのかなあ…(._.)

ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —

コメント投稿者ID : NID00006868

 結構難しい問題を、このペア解消で問いかけてますね、長くなりえるのを短めに説明したいです。
 
 まず日本にペアで練習できるリンクが少ないこと、シングルに傾倒するあまり、こういう対策を取ってこなかったこと。この2点はヨーロッパだったらあり得ない、と失笑されるでしょう、向こうはそれだけ全種目のレベルが高いですから(4種目あるのに、シングル重視なんて国は日本ぐらい)。

 2つ目、各国選手権をどうするのか、日本欠場、という最悪の事態もあり得るので(全種目そろわず)、なんとか高橋成選手に対する最大限のサポートをお願いしたいところです。

 3つ目は、普通に責任を感じるなら、何人かスケ連の方数名を解雇するぐらいやるべき(中に暗躍してる方、その人含む)、そしてペアに強い人(カナダに行った井上氏のような例も何人かいるので、そういう人を、外国人も)を入れる等して、変わる姿勢を見せてもらいたいところです。

 こんな感じです。

Re:ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —

コメント投稿者ID : y-love

【RE】Bill McCreary様。


>はじめまして。私のこの件には興味があっていくつか記事を書き、貴ブログにたどり着きました。

初めまして。
数あるブログの中、当ブログを探して下さり、ありがとうございます。


>想像ですが、かなりスケート協会が強引に勧誘したのではないですかね。

・・・だと思います。
ソチ五輪団体戦での「メダル欲しさ」のためだけに、ひとりの青年の人生を狂わせてしまいかねないところだっただろうなと。


>実際はほとんどすべて帰化問題のみでしょう。

・・・ん〜、帰化問題が全く皆無・・・ではないんでしょうね、やはり。

じゃなきゃ、あれだけ信頼しあっていた二人が、いきなりペア解消の選択はしないと思いますし。
マーヴィンを信頼して大事に思っていたからこその、高橋成美選手の決断(コメント)だったのかも知れませんしね。

帰化問題がなければ、もう少し二人の演技を見続けることが出来たのか?と思うと、残念で寂しい限りです。


Re:ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —

コメント投稿者ID : y-love

【RE】Wind様。

ども、毎度さんです。

>「五輪よりマーヴィン」という高橋選手の言葉を聞いていただけに、ものすごくびっくりしました。
勢いがありましたものね。

やはり、帰化問題が少なからず影響しているのではないか・・・と、思わざるを得ないところはありますね。連盟に翻弄されてしまったのかな・・・?

>トラン選手は、カナダに彼女さんがいると聞いたことがありますが、日本国籍取得は本人はもちろん彼女さんも乗り気ではなかっただろうなあ。

えぇ・・・そうですよね。信憑性あるネタか分からなかったので、敢えて個人名はあげてきませんでしたが、マーヴィンのガールフレンドは、カナダの女子シングル選手だという噂もあるようです。勿論、Wind様もご存知な選手・・・。
余計なお世話ですが、私個人的には、見た目の雰囲気が違うような気がしましたがね(;^_^A


>カナダだって、アイスダンスはともかく、ペアは欲しかったのでは?と思うんですが、どうでしょう?

カナダにおけるペア事情は分からないですが、日本における戦いよりは明らかに熾烈な争いだろうなと。
向こうは設備が整ってますし、選手層もあついでしょうし。

>ペアってリフトやスロージャンプなどかなり危険が伴いますよね。
気持ちに食い違いが生じたまま練習していては危ないんじゃないか、もしかして高橋選手のケガも…って、想像してしまいました。

・・・相手を信頼していないと、仰るように技もうまくいかないそうです。
マーヴィンに限らず、高橋成美選手も「動揺」が少なからずあったんではないかと。

>でもダンスのリフトと違って、ペアのは高いし、女の子を放り投げなくてはいけないから、かなり体力が必要ですよね? あまり年齢が小さいと無理があると思うんですけど、基礎練習をみっちりやるのかな?

どちらかと言うと、ペアよりアイスダンスが好きなので、そのあたり疎くてすみませんm(__)m
今度、調べておきますかね^ロ^;

>日本はペアやアイスダンスを育てる土壌がないのでしょうが、まさか「男女七歳にして、席を同じうせず」という感覚がいまだ残っているとか?…

男尊女卑とは言いませんが、昔から「男たるものは」みたいな感覚がありますからね。
いくら最近「草食系男子」と呼ばれる男性が増えたと言え、ペアやアイスダンスのように、「女性を引き立てる役回り」を率先して引き受けたい男性諸君が、日本にどれほどいるのか?と、思いますね。
社交ダンスもそう意味では女性を引き立てる役回りですが、地上で行う競技ですしフィギュアスケートよりはお金がかからないでしょうし、小中学生でも社交ダンスに取り組んでる人達はいます。
ペアやアイスダンスは、氷の上で行う分、体力的な問題もあるんでしょうね。

また、
高橋大輔選手、羽生結弦選手、小塚崇彦選手・・・など、4回転をバンバン決めて格好よく魅了する男子シングル選手をテレビで目の当たりにすれば、「大輔君のようになりたい」と思う男子の方が増えるに決まってますしね。


>今回の解消でかなりガックリきて、いろんなことを考えてしまいました。
元気印の高橋選手の姿は当分見られないのかなあ…(._.)

えぇ、本当に・・・。
昨シーズンでしたか、その前でしたか、披露していたエキシビションナンバーが大好きでしたよ。
高橋成美選手の小柄な体を目一杯弾けさせたナンバー。
それを優しく見つめるマーヴィン。

ナイスペアでしたけどね・・・。

寂しいなぁ、本当に。

フィギュアスケートのペア解消や、選手引退って、歌い手さんやミュージシャンのように、「解散コンサート」みたいな舞台はありませんから、余計に寂しさが募ります・・・。


Re:ペア続行の難しさ — 高橋成美&マーヴィン・トラン ペア解消に思う —

コメント投稿者ID : y-love

【RE】DD様。

こんにちは。

>結構難しい問題を、このペア解消で問いかけてますね、

(;^_^A・・・あまり、そういう感覚はなく「思いのまま」文章構築していったところ、結果的にはDD様ご指摘のようになったのかも知れません。

>まず日本にペアで練習できるリンクが少ないこと、シングルに傾倒するあまり、こういう対策を取ってこなかったこと。

・・・でしょうね。それは同感です。

>シングル重視なんて国は日本ぐらい。

これは、マスコミの姿勢に影響されている点、少なくないかと。

>2つ目、各国選手権をどうするのか、日本欠場、という最悪の事態もあり得るので(全種目そろわず)、なんとか高橋成選手に対する最大限のサポートをお願いしたいところです。

全くです。
ペア選手を続ける限り、これからも同じようなことに悩まされるのは、気の毒で仕方ない。


>3つ目は、普通に責任を感じるなら、何人かスケ連の方数名を解雇するぐらいやるべき(中に暗躍してる方、その人含む)、そしてペアに強い人(カナダに行った井上氏のような例も何人かいるので、そういう人を、外国人も)を入れる等して、変わる姿勢を見せてもらいたいところです。

・・・これは、厳しいでしょうね・・・。
正直、高橋成美&マーヴィン・トランは日本の連盟が育成したペアじゃないですからね。
出来上がった二人に、連盟が乗っかっただけ。

しかし、ペア解消したと言うのに、新聞に小さく記事が掲載されただけ・・・ですもんね。

世間は、いやマスコミかな?特定シングル選手の話題を繰り返すばかりです。
なんか違うでしょと思いますがね(;^_^A


コメントする

コメントの投稿方法はこちら

トラックバックURL
トラックバックは「スポーツナビ+」内の記事からのみ受け付けております。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/y-love/tb_ping/255
この記事に対するトラックバック一覧
ほれみたことか、こうなった(フィギュアスケート選手マーヴィン・トランのペア解消) 【ライプツィヒの夏】

選挙の期間中は社会系記事中心だったので、しばらく映画や旅や美女など非社会系の記事中心にします。新政権への批判や感想その他は、来年国会が動いたらまた記事にします。 さて、12月19日の朝、拙ブログの前日(12月18日)分アクセス解析をしたところ、マーヴィン・ト...

2012-12-20 16:22 | 続きを読む