2010年05月27日

心が痛むのは、にわかファンだからなのでしょうか? - 岡田ジャパン -

 岡田ジャパンが、韓国に負けました。
 その試合を、テレビで応援していました。


 「おかしいな?」


 私は、サッカーはにわかファンです。Jリーグ発足時と、日韓ワールドカップの頃は、よく見ていました。
 ラモス、三浦カズ、井原、北澤、武田(修)、中田ヒデ…の時代。



 今の岡田ジャパンは、にわかファンが見ても、おかしいです。何やら、バラバラ…です。


 そして…



 岡田監督バッシングです。



 フィギュアスケートでは、昨年、浅田真央選手が不調でした。


 いつも表彰台にあがる選手なのに、表情もさえない、ジャンプも回転不足をとられる…タラソワコーチはロシアにいることと、体調不良があり、他の選手のように常にそばで、コーチの指導を受けられない。



 「タラソワを解任させろ!」
 


 日本スケート連盟には、散々、抗議の電話やメールが相次いだ そうです。



 「タラソワは今も、あなたのコーチか?」

 当時、外国人記者にそう尋ねられ、
「はい」と答えました。


 浅田選手は、必死に頑張りました。どんなに悪く言われても、タラソワコーチや楽曲を非難されても…。


 確かに、コーチとしては問題があったかも知れませんが、あの時、浅田選手はどんな気持ちで、「非難」を受けとめていたのか…。


 今回の岡田ジャパン、極めて、岡田バッシングを、新聞やテレビ等のニュースで触れるたび、心が痛くなってしまうのは、私が、わけわからないにわかファン…だからなのでしょうか?


 何でも、サッカー協会でしょうか?岡田監督との間に確執があるとか、選手間、今一つコミュニケーションがとれていない、また、川口選手を起用したのは、「精神支柱」の役割を期待してとも、聞きました。



 その競技が好き
 選手が好き



 だから、勝てないと自分のことのように、悔しい…。当然の心理だと思います。


 マスコミ等は、岡田監督バッシングに傾いています。
 持ち上げたり、下げたり…。


 「進退伺い」の冗談話は、選手を守りたかった、非難の矛先を、自分に向けさせた…そう、考えてしまうのは、やはり、私が、にわかファンだからなのでしょうか?


 岡田監督ひとりだけの責任…なのでしょうか?



※ サッカーファンの皆様、突然お邪魔いたしました。最後まで、目を通して下さり、ありがとうございました。

 携帯電話からの投稿です。見づらい点は、何卒ご容赦ください。


posted by y-love |21:16 | サッカー | コメント(4) | トラックバック(0)
このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをはてなブックマークに登録 newsing it! このエントリを Buzzurl に追加

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/y-love/tb_ping/23
この記事に対するコメント一覧
(事務局では、サービス全体の雰囲気醸成の為、全コメントをフィルター/目視チェックし、削除等しております。見逃し等も有りますので、ご不快な思いをされた場合は、事務局宛 support@plus-blog.sportsnavi.com にご意見頂けると幸いです。)
Re:心が痛むのは、にわかファンだからなのでしょうか? - 岡田ジャパン -

コメント投稿者ID : y-love

【RE】 コメントをくださいました皆様、ありがとうございます。

kingkaji様、waruneko様、Sたま様
丁寧に教えて下さり、ありがとうございます。
根底にあるもの…監督バッシングの原因が、今までより、分かりました。
また、関心がもたれているからこそ…確かに、そうですね。
都合で、まとめてのお返事お許しください。
コメント、ありがとうございました。

※DEF様のコメントにつきましては…申し訳ありませんが、よく意味がわからないので、控えさせていただきます。

posted by y-love | 2010-05-28 09:23

心が痛むのは、にわかファンだからなのでしょうか? - 岡田ジャパン -

コメント投稿者ID : OOH00006131

はい、はじめまして、えぇ、悲痛な想いは伝わってきました。
サッカー通かどうかはわかりませんが、ひとりのサッカー好きとして気持ちの整理の一助になればとおもいコメントさせていただきます。
長くなってしまいましたがご容赦ください。

私から見るところ、岡田監督バッシングというのはいくつかの層からなっています。
その中でも根深いところでは、サッカーファン、特にJリーグのファン、サポーターからによるものです。

日本代表、というのは必然的にクラブチーム所属の選手から選ばれるのですが、競技の性質上「代表戦(もしくは合宿)に召集されて怪我をして帰ってくる」ことが往々にして起こっていました。
もちろんこれは岡田監督だけの責任に帰する問題ではありませんが、怪我人に対する岡田監督の冷淡と感じさせるコメント等も含めて「元々あまり好意的には見れない」という土壌がありました。(このあたりの事情から、例の「進退伺い」も好意的に解釈する人はやはり少数です)

また、選手の起用に関してもクラブを応援しているサポ達からすれば「???」と首を傾げたくなるようなものも目立ちました。
実際に普段クラブでやり慣れてないタスクを代表で課され、それがために調子を崩す、ということもまま起こりました。

岡田監督が目指していたサッカーが少々特殊…というか定石を外していたこととも関連するのですが、最終的な人選にも疑問符がつきました。
今まで築いてきた戦術を優先したメンバーだったのですが、その中にはJリーグのMVPも入っていなければ得点王も入っていません。その一方で怪我を抱えていたりコンディションが万全でない選手が入っていたり、とツッコミどころが満載だったりしたのです。

これらに加えて、W杯を戦うには岡田さんじゃ元々無理だったんじゃないかという根本的な疑問、疑念があったことも否定できません。
なにせサッカーの最先端は今間違いなくヨーロッパですが、本番の対戦国の監督はほとんどがこのヨーロッパで功成り名遂げた“猛者”なのですから…。
日本人監督としては岡田さんも経験、実績ともに最高クラスと言っていいですが、そもそも日本人監督で戦えるのか?という疑問が沸いてくるのは本場で活躍した日本人監督が今もって現れていないことから仕方のないことと言えます。
このあたりの監督人事の責任は協会の責任に帰するものですが…。

これらの疑問、疑念をよそに岡田監督が今もって日本代表監督である理由(=支持する人たちがそれなり以上にいた理由でもありますが)は、ひとえに「結果はそれなりに出ていた」からに他なりません。
しかし結果が出ない(出せそうにない)以上、いままで看過されてきた部分が多くの人の目につくようになってしまった。悪いことに世間がW杯に関心を持ち始めるタイミングの今になって…。

こういう状況である以上、今の状況を覆すには本番で結果を出すしかありません。
追い込まれた監督の“開き直り”に賭けるしかない…まぁそういう状態と言って差し支えないのではないでしょうか?

ただこの状況、私はそんなに心配することもないのではと考えています。なぜなら、批判や非難が殺到する、ということはとりもなおさず多くの人に関心をもたれている、と言うことでもあり、恐るべきは批判や非難ではなく、無関心の方ではないかと思うからです。
まだ非難されるだけの関心がサッカー日本代表にはある。
もっともW杯の結果如何ではそれもどうなるかわかりませんが…

posted by Sたま | 2010-05-28 01:20

心が痛むのは、にわかファンだからなのでしょうか? - 岡田ジャパン -

コメント投稿者ID : NID00001122

>「進退伺い」の冗談話は、選手を守りたかった

日韓戦の後、挨拶に出て来ないで、本来なら監督が挨拶をするところ、代わりに主将の川口がスタジアムに集まったサポーターに挨拶していました。

名監督と言われているインテルのジョゼ・モウリーニョは、過激な発言をして、メディアから視線を自分に集め、選手を守っていると言われています。
おかげで選手から絶大な信頼を集めています。

残念ながら岡田監督が選手を守っているとは、とても言えないでしょう。

岡田監督ひとりだけの責任ではありませんが、実力の世界では
無能は批判されるべきでしょう。




posted by waruneko | 2010-05-28 00:44

Re:心が痛むのは、にわかファンだからなのでしょうか? - 岡田ジャパン -

コメント投稿者ID : kingkaji

はじめまして。

今の日本代表は監督と選手の信頼関係はほぼ崩壊しているんじゃないかと。
前任者のオシムと当時の代表選手達の信頼関係の厚さと比べると雲泥の差があるのは間違いありません。

あの冗談とされる進退伺のくだりは、選手達は呆れてものが言えなかったと思いますよ。
どうみてもモチベーションアップには繋がらない。

日本代表が弱いのは監督だけの問題じゃないからかわいそうですけどね。

posted by kingkaji | 2010-05-28 00:29

コメントする

「他サービスID/メールアドレス」で投稿する場合は、そのID/メールアドレスは表示されず、当サービス専用の固定のコメント投稿者ID「英数+連番」に変換され表示します。

※コメント投稿手順
(1)上記リストから希望のIDを選択する。
  例: Yahoo! JAPAN IDでコメント投稿
(2)Yahoo! JAPAN上の本人確認画面でIDとパスワードを入力する。
(3)スポーツナビ+blog側のコメント入力画面が表示される。
(4)コメント本文を記入し、投稿ボタンをクリックする。
(5)コメント投稿者IDとコメントが表示される。

詳しくは以下2ページをご覧下さい
【仕様変更】PCからのコメント投稿について
ブログ利用マニュアル「コメント投稿方法」

※コメント投稿手順
(1)上記リストからログイン/メールアドレスのどちらかを選択する。
  例: ログインしてコメント投稿
(2)plus-blogのアカウントとパスワード/メールアドレスを入力する。
(3)コメント入力画面が表示される。
(4)コメント本文を記入し、投稿ボタンをクリックする。
(5)コメント投稿者IDとコメントが表示される。

詳しくは以下2ページをご覧下さい
【仕様変更】PCからのコメント投稿について
ブログ利用マニュアル「コメント投稿方法」