YOSHITATSU公式ブログ~SANCTUARY~

月別アーカイブ :2013年08月

トゥルー・ジャパン・ストーリー 拾玖

僕は、この日、日本公演では初の第一試合でした。 僕はインドの英雄、ザ・グレート・カリと組んで、 相手はWWE有数の試合巧者、元WWEタッグチャンピオンのプリモ&エピコでした。 パートナーも相手も、会場もファンのみなさんも、何もかも申し分ありません! 日本公演の入場のときは、毎回、何とも言えない高揚した気分になります。 日本のみなさんにお会いするのがうれしくて仕方ない......続きを読む»

トゥルー・ジャパン・ストーリー 拾捌

僕の“Sanctuary”に荷物を置き(笑)、コスチュームに着替え終わり控え室を出ると、 すぐにWWEのアメリカ人スタッフから 「ヨシ、○○○って人が会いたがってるけど時間ある?」 と言われました。 名前に心当たりはありませんでしたが、 会いたいと人に言われているのに断る理由などありません。 スタッフに連れて行かれ、その場所に行くと、そこには、 5年前にアメリカに渡......続きを読む»

トゥルー・ジャパン・ストーリー 拾漆

かっこいいマスクが届き、荷物も届き、テンションも上がってきました。 それらを持って控え室に向かうと、不自然な光景が目に飛び込んできました。 昨年や一昨年の日本公演のときにも書きましたが、 両国国技館の控え室では、僕が新日本時代から10年近く使っている一角があります。 そして、そのことはみんな知っています。 控え室に入ると、その一角にはすでに取られていて、 4、5人の荷物が......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 拾壱

アメリカに渡ってからこの5年間、アメリカで、個人的なことで、 心から何かを楽しんだことはないと言っても過言ではありません。 第一、自由な時間自体がほとんどないし、一人の時間は飛行機の中以外はありません。 今まで時間の余裕も、心の余裕なく、音楽どころではありませんでした。 しかし、『Iron Man』や『Paranoid』を聴いて、 レスラーを志した頃の初期衝動が呼び起こされまし......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 拾

会場に着くまでは、正直、この日のライブは内容なんてどうでもよかったのです。 永遠に語り継がれるであろう伝説のバンド、ブラックサバス、 しかもオリジナルメンバーの演奏を生で聞ければ、もうそれだけでよかったのです。 しかし、僕にとっては内容も最高でした! タンパの客もよかった(笑)。いい年こいた5、60代と見られる、 青春時代をブラックサバスと共に過ごしたであろうおっさんたちが、 ......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 玖

会場に入った直後の様子です。 この時点で開始予定時刻から40分が経過していました。 本当にアンドリューW.K.が回していました! 真ん中に小さく見える彼がそうです。 待つこと20分というか、 アンドリューW.K.の貴重なプレイをもっと聞きたかったぐらいです。 開始予定時刻からちょうど一時間後ショーが始まりました! この瞬間の盛り上がりと言ったらブログではお伝えできません(^......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 捌

ここがマーチャンダイスです。 このように晴れてはいるのですが、大きな雲が立ち込めています。 晴れているのに雷が鳴り響き、時折、雲の中に稲妻が見えるという、 まさにヘビーメタル日和でした!(笑)。 周りからも雷が見えるたびに歓声や口笛が上がりました(笑)。 日本のライブ会場ではマーチャンダイスは通常すぐに売り切れてしまいますが、 アメリカはそうでもないみたいで、ちゃんと欲し......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 漆

さあ、会場に近づくと、メタリカの『For Whom The Bell Tolls』が聞こえてきました。 この曲は2003年に新日本プロレスに参戦していたイケメンマッチョマンのカナダ人レスラー、 ダン・デバイン(覚えてる人いますか?)の入場曲でした。 当時、新弟子だった僕は、なぜか彼と話す機会が多く、 彼とその入場曲について話したのを覚えています。 彼は今、レスリングから足を洗い......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 陸

そこには、顔以外、Tシャツと短パンから出ている肌の面積がほぼ100%タトゥーの、 顔中ピアスだらけでヒゲが10センチぐらい伸びて、髪が背中の真ん中まであろうかという兄ちゃんが、 「医療用の◯◯◯◯◯の解禁の嘆願書にサインを!」 と叫んで周りに紙を配っていました。 フロリダでは医療用のものも許されていません。 でも、どう見ても医療用のそれが必要な人種には見えませんでした(笑)......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 伍

一筋の光に向かい車を走らせていると、一筋の光がみるみる大きな光になりました。 まあただ晴れてきただけですけど(笑)。 オーランドと言えば世界的な観光地。 世界一大きなディズニーワールド、ユニバーサルスタジオ、 ケネディ宇宙センター、シーワールドetc… まあでもやっぱり、オーランドはディズニーワールドに象徴されます。 これはオーランド(タンパとオーランドの間)の入り口......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 肆

一人で出発すると、スコールのような土砂降りになりました。 しかし、これはこの時期のフロリダでは普通で、 朝からずっとからっからに晴れているのですが、 夕方の1、2時間、バケツをひっくり返したような大雨になるのです。 この日も、いつもと変わらぬ日常の風景の中をタンパに向かいました。 GPSの到着時間は、やはり開始時間を過ぎていました。 チケットも持っていませんでしたが、とに......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 参

彼らが「行く」「行かない」と煮え切らないうちにも時間は過ぎ去っていきます。 練習が終わっても彼らはハッキリしません。 仕事帰りの時間と重なるので、ダウンタウンのひどい渋滞を考えると、 一刻の猶予も許されませんでした。 というか、この時点でギリギリ間に合わないぐらいの時間でした。 僕は 「俺一人で行くわ」 と煮え切らない彼らを尻目に、一人タンパに向かいました。 ......続きを読む»

トゥルー・脱線・ストーリー 弐

ブラックサバスのライブに気付いたのは前日の夜中、ネットを見ていて気付きました。 当日券が出るとのことなのですが、何時から発売かは書いてありません。 実にアメリカって感じです(笑)。 また今度書きますが、実は2ヶ月ほど前、 自分たち家族は、約5年間住み慣れたフロリダ州タンパからフロリダ州オーランドに引っ越しました。 オーランドと言ってもウィンターパークに近いオーランドなので、 ......続きを読む»

ありがとうございます!

みなさん、たくさんのバースデーツイートありがとうございます! こっちはまだ7月31日ですが、 日本のみなさんにつられて世界中の#YoshiArmy がすでにバースデーツイートをしてくれています! それに、すでにフナキさん(@shofufu824)にまでバースデーツイートをいただいてしまって恐縮です^_^; 毎年恒例、オフィスからもバースデーカードが送られてきました。 中......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconwwe_yoshitatsu

'''YOSHITATSU (ヨシ・タツ)'''

2007年よりアメリカ修行に出発、WWEの下部組織であるFCW (Florida Championship Wrestling)でトレーニングを重ねる。2008年にWWEのトライアウトを受け、ディベロップメント契約を勝ち取る。その後渡米しメジャーデビューを目指してFCWで研鑽を積み重ねる。

2009年6月、ECWの新たなスーパースターとしてWWEデビュー。
ディベロップメントからWWEへ昇格した初の日本人スーパースターとして歴史に名を残すことになる。

デビュー戦では〝ゴールドスタンダード〝ことシェルトン・ベンジャミンと対戦し、挑発するベンジャミンをハイキック一発で仕留め、衝撃のデビューを飾った。以来、WWEファンの心をつかみ、人気選手の仲間入りを果たす。

2009年10月にはデビューからわずか4カ月でECWタイトルに挑戦するなど、破壊力抜群のキックとエキサイティングなファイトスタイルでWWEファンを常に魅了している。
 
本名 山本尚史(やまもと なおふみ) 1977年8月1日生まれ。
岐阜県出身。身長186cm / 体重100kg。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13018205

(11月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 近況
  2. 卒業
  3. FCWアリーナ大会
  4. SANCTUARY
  5. お久しぶりです 2
  6. いざ両国
  7. マンチェスター大会 & ボルチモア大会
  8. ジェリー・ローラー
  9. The LayField Report 4
  10. Father's Day

月別アーカイブ

2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss