YOSHITATSU公式ブログ~SANCTUARY~

月別アーカイブ :2012年04月

トゥルー・ヨーロッパ・ストーリー 8

イングランドのマンチェスターからスイスのジュネーブには試合当日にチャーター機で入り、 そのまま会場入りでした。 事件はそのジュネーブで起こりました。 僕は以前から、トップやベテラン選手が、会場入りしてからも、 なかなかコスチュームに着替えず、バックステージで優雅に振る舞っている姿に憧れていました。 この日も僕は休憩明けのセミセミでセクシャルチョコレートとシングルマッチだった......続きを読む»

トゥルー・ヨーロッパ・ストーリー 7

ベルファストで試合後、チャーター機に乗ってマンチェスターへ。 ホテルには夜中に入りました。 通常、このようにマンチェスターでは、いつも時間に少し余裕があるので、 試合前に、以前に何度となく空き時間を利用して観光や買い物に行っていましたが、 今回は観光や買い物を止めて、ジムに朝と試合前の二回行きました。 ウェイトやカーディオの他に、サウナに入ったり、日焼けしたり、 まるでマンチェス......続きを読む»

グランド・ラピッズ大会 2

注意『今回のブログには日本で未放送の内容が含まれています。 ご注意ください』 先ほど、SMACKDOWNの放送を見ましたが、 フィニッシュはやはり編集されていて、そこまでエグく映っていませんでした。 僕は、ディーバが悲鳴を上げたという実際の映像を試合後に見ていて、 これは流せないだろうと思っていたので、 うまくやってもらってよかったです。 ...続きを読む»

トゥルー・ヨーロッパ・ストーリー 6

ベルファストで造られたタイタニックがニューファンドランド島沖に沈んでから、 ちょうど100年を迎える日の2日前、北アイルランド紛争のド真ん中であり、 『ベルファスト合意』の締結された、そのベルファストで、そこの地元の人たちと飲み、 インターネットでは伺い知ることのできない、実際そこに住む人たちの“生の声”が聞けました。 シン・フェイン党、アルスター義勇軍、血の日曜日事件、 二浪で培った......続きを読む»

グランド・ラピッズ大会

注意『今回のブログには日本で未放送の内容が含まれています。 ご注意ください』 今週のミシガン州グランド・ラピッズであったSMACKDOWNのTVでは、 SMACKDOWNでエゼキエル・ジャクソンと組んで、 ダレン・ヤング、タイタス・オニール組とやり、 連係技で僕が取られて負けました。 あのフィニッシュを受けられるのはWWEでも僕しかいないと自負してます。 ......続きを読む»

トゥルー・ヨーロッパ・ストーリー 5

すると、やはり地元の人だけに詳しく、話もヒートアップしました。 僕も今まで勉強してきた全知識を集結させ、質問しまくりました。 すると、 「日本人なのに何でそんなに北アイルランド紛争について詳しいんだ?」 と聞かれましたが、こっちもダテにセンター試験3回も受けていません(笑)。 セックス・ピストルズの『アナーキー・イン・ザ・U.K.』の歌詞にも出てくる IRA(Iris......続きを読む»

トゥルー・ヨーロッパ・ストーリー 4

ダブリンでの試合後、北アイルランドのベルファストまでバスで移動しました。 ホテルに入りましたが、体は疲れているものの、時差ボケで寝られそうになかったので、 そのままホテルのバーに行きました。 すると、初老に差し掛かったぐらいの夫婦が飲んでいました。 何の気なしに、挨拶を交わし、気が付けば、 いつの間にかいっしょに飲んでいました。 その夫婦は地元のベルファストの人たちでした......続きを読む»

トゥルー・ヨーロッパ・ストーリー 3

あのタイタニックは、この北アイルランドのベルファストの造船所で作られました。 そして、今年が、タイタニックが海の底に沈んでちょうど100年目にあたり、 ベルファストでは、どこへ行ってもタイタニックにまつわるものばかりが目に付きました。 当時、世界最大の豪華客船だったタイタニックは、 1912年4月10日、イギリスのサウサンストン港から出発し、 その4日後の1912年4月14日、北大......続きを読む»

トゥルー・ヨーロッパ・ストーリー 2

ダブリン大会のあと、デビちゃんと飲みにでも行きたかったけど、 我々は試合後ノース・アイルランドのベルファストまでバスで移動だったため、 それは叶いませんでした。うまくいかないものです… ベルファストと言って日本人に馴染みが深いものと言えば ですね。 つづく ...続きを読む»

トゥルー・ヨーロッパ・ストーリー 1

これから数回に分けて先日のヨーロッパツアーについて書きます。 ニュージャージーのニューアークからアイルランドのダブリンまでは、 約7時間のフライトでした。 タンパからロスまで飛ぶのとあまり変わらないことに驚くと同時に、 アメリカの広さにあらためて驚きました。 飛行機で寝て、昼前にダブリンに着き、ホテルに入り、昼食を摂り、ジムに行き、 2時間ほど滞在し、ホテルをチェック......続きを読む»

ビーンボール

以前にも上げたこの写真。 クリーブランド・インディアンスの抑えのエース、クリス・ペレス。 日本ではどうだか知りませんが、こっちでは有名なピッチャーで、 大のWWEファンでもある彼。 やってくれました。 これ。 これがニュースになったあとも連絡しましたが、 懲りた様子完全に0(笑)。 僕も近いうちにTwitterでまた騒ぎを起こすことを約束して電話を切りまし......続きを読む»

週刊プロレス

今週の週刊プロレス(5.2号、ナンバー1627)にヨシ・タツ選手のコラムが掲載されています。 また、4/18(水)に週刊プロレスEXTRA「WWE入門」が発売されました。 ぜひご覧ください! ...続きを読む»

マンデーナイトRAW & SMACKDOWN ロンドン大会

注意『今回のブログには日本で未放送の内容が含まれています。 ご注意ください』 一昨日のマンデーナイトRAWロンドン大会は、僕は何もなく、 昨日のSMACKDOWNロンドン大会は、 SUPERSTARSでジンダー・マハルとシングルマッチをして負けました。 最近、バックステージでの僕のSUPERSTARS無双伝説に傷が付きつつあるので、 何とかせねばなりませ......続きを読む»

ジュネーブ大会

今朝、イングランドのマンチェスターからスイスのジュネーブに飛んで、 そのまま会場入りして試合でした。 今日は、またまたランディーvs.ケインの前の休憩明けのセミセミで、 セクシャルチョコレートとシングルマッチをしてワールドストロンゲストスラムで負けました。 最善を尽くした上での負けなので今の時点ではまあよしとします。 今、会場を後にし、これから4時間前にいた空港に戻り、ロン......続きを読む»

マンチェスター大会

今日のマンチェスター大会では、昨日に引き続き、 ランディーvs.ケインの前の休憩明けのセミセミでマーク・ヘンリーとシングルマッチをして、 またワールドストロンゲストスラムで負けました。 しかし、昨日の経験を活かし、昨日より長い試合ができました。 しかし、他の選手だったら倒れる技でも彼は倒れないので、 なかなか突破口が見えません。 明日は早朝からスイスのジュネーブに移動です。 ......続きを読む»

ぼやき at Manchester Night.

注意『今回のブログには日本で未放送の内容が含まれています。 ご注意ください』 レッスルマニア明けの先週のマンデーナイトRAWで日本人がデビューしました。 ある意味、僕はこの時を待っていました。 二年前のRAWの日本公演のあと、何人かの日本のレスラーと食事をしましたが、 そのとき、あるレスラーにこう言われました。 「“日本人枠”があるから次の日本人が......続きを読む»

ベルファスト大会

今、試合が終わりました。 今日のノースアイルランドのベルファスト大会では、 ランディーvs.ケインの前の休憩明けのセミセミで、 元ワールドヘビーウェイトチャンピオンのマーク・ヘンリーとシングルマッチをして、 ワールドストロンゲストスラムで負けました。 今日はまったく作戦を立てず、身体の動くままに任せて試合をしました。 いい悪いは別にして楽しめました。 試合時間は短かったです......続きを読む»

ダブリン大会

今朝、ニュージャージーのニューアークから アイルランドの首都ダブリンに飛んで試合をして、その後移動し、 先ほどノースアイルランドのベルファストに移動してきました。 今日は元WWEチャンピオンのアルベルト・デルリオとシングルマッチをして、 アームバーで負けました。 今日は会場であの男と久しぶりの再会を果たし、 数年分の積もる話をしたおしてきました! そのせいで興奮してか、時差......続きを読む»

ワシントンD.C.大会

注意『今回のブログには日本で未放送の内容が含まれています。 ご注意ください』 山は少しですが、確実に動きました! これからも仕掛けます。 ...続きを読む»

お久しぶりです

種は蒔きました。 山は動くか!? ...続きを読む»

週刊プロレス

今週の週刊プロレス(4.18号、ナンバー1625)に ヨシ・タツ選手のコラムが掲載されています。 ぜひご覧ください! ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconwwe_yoshitatsu

'''YOSHITATSU (ヨシ・タツ)'''

2007年よりアメリカ修行に出発、WWEの下部組織であるFCW (Florida Championship Wrestling)でトレーニングを重ねる。2008年にWWEのトライアウトを受け、ディベロップメント契約を勝ち取る。その後渡米しメジャーデビューを目指してFCWで研鑽を積み重ねる。

2009年6月、ECWの新たなスーパースターとしてWWEデビュー。
ディベロップメントからWWEへ昇格した初の日本人スーパースターとして歴史に名を残すことになる。

デビュー戦では〝ゴールドスタンダード〝ことシェルトン・ベンジャミンと対戦し、挑発するベンジャミンをハイキック一発で仕留め、衝撃のデビューを飾った。以来、WWEファンの心をつかみ、人気選手の仲間入りを果たす。

2009年10月にはデビューからわずか4カ月でECWタイトルに挑戦するなど、破壊力抜群のキックとエキサイティングなファイトスタイルでWWEファンを常に魅了している。
 
本名 山本尚史(やまもと なおふみ) 1977年8月1日生まれ。
岐阜県出身。身長186cm / 体重100kg。
  • 昨日のページビュー:124
  • 累計のページビュー:13018328

(11月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 近況
  2. 卒業
  3. FCWアリーナ大会
  4. SANCTUARY
  5. お久しぶりです 2
  6. いざ両国
  7. マンチェスター大会 & ボルチモア大会
  8. ジェリー・ローラー
  9. The LayField Report 4
  10. Father's Day

月別アーカイブ

2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss