YOSHITATSU公式ブログ~SANCTUARY~

月別アーカイブ :2011年09月

犯行声明

僕は、このブログを含め、数々のメディアで、 「日本で僕をバカにした人間を見返すために、 入りたくて入りたくてやっとの思いで入った新日本を辞めてWWEに来た」 と言ってきました。 そしてこの世界の頂点、WWEでベルトを巻くことが 見返すことだと信じて今まで必死に突っ走ってきました。 しかし、最近思うのです。 それは僕が勝手に作った基準であって、単なる自己満足では......続きを読む»

デイトン大会

『今回のブログには日本で未放送の内容が含まれています。  ご注意ください。』 今週のNXTではダニエル・ブライアンのルーキー、 デレク・ベイトマンとシングルマッチをしましたが、 何故かダニエル・ブライアンではなく、 タイソン・キッドがいっしょに入場して来ました。 そして僕がベイトマンに最後ハイキックを決め、 カバーしたところでタイソンが入ってきて、 試合はノーコンテス......続きを読む»

週刊プロレス

今週の週刊プロレス(10/5号、ナンバー1597)に ヨシ・タツ選手のコラムが掲載されています。 WWE日本公演の広告も掲載されています。 ぜひご覧ください! ...続きを読む»

サイン会

昨日はSMACKDOWNのあるオハイオ州バンダリスに一日前乗りして、 ホーンスワグルとサイン会をしました。 サイン会の会場に向かう途中、けっこう田舎な感じ(失礼!)だったので、 お客さんの入りが心配でしたが、会場に着いた瞬間、それが杞憂だと悟りました。 行列が会場の外まで出て会場の周りを一周していたのです! 大盛況で、当初2時間の予定が2時間半になり、 それでもさばききれず、......続きを読む»

お久しぶりです

みなさんお久しぶりです。 ここ最近、時間に追われ、ブログを更新する時間を捻出できませんでした。 この数週間、週に1日半か2日しか家に帰っておらず、 しばしトップ選手の多忙さを味合わせてもらいました。 体力的には大丈夫なのですが、これでは家庭が機能しません。 歴代のWWEの多くのレスラーが離婚を経験していることからも、 これは、トップ選手になれば避けて通れない問題であり、 そ......続きを読む»

ロンドン大会&キングストン大会

二日目のロンドン(カナダなのにロンドン!)大会、 三日目のキングストン大会はちゃんと遅刻せずに行けました(笑)。 初日の遅刻制裁マッチとは打って変わり、僕は伸び伸びやれましたが、 ロンドン大会、キングストン大会ともにプリモが取られ自分たちが負けてしまいました。 勢いがあるので、これからカート・ホーキンス&タイラー・レックス組は 一気にガーっと行くかも知れません。 もちろん『W......続きを読む»

バリー大会

ハウスショー初日はカナダのオンタリオ州トロントから100キロぐらい離れた バリーという街でありました。 僕は初日からいきなり遅刻し、自分の試合にはギリギリ間に合いましたが、 トップエージェントのアーン・アンダーソンを激怒させることになりました。 コスチュームに着替え、控え室を出る時点で入場曲が掛かり始め、 ダッシュでバックステージに移動して入場し、 キャラクターチェンジわずか......続きを読む»

Darkside Yoshi

注意「今回のブログには日本で未放送の内容が含まれています。 ご注意ください。」 まず始めに、みなさん、多くの長いコメント、 ご批判も含めてありがとうございました。 あの長く熱いコメント、あれが僕がこの3年間で得た財産です。 僕のキャラクターチェンジはおかげさまでこれ以上ない大成功を収めました (日本のみなさんの反応は微妙なのかも知れませんが)......続きを読む»

週刊プロレス

今週の週刊プロレス(9/21号、ナンバー1595)に ヨシ・タツ選手のコラムが掲載されています。 ぜひご覧ください! ...続きを読む»

『Bombtrack』6

先ほども書きましたが、みなさんも感じているはずです。 「こいつすごくいい選手なのに、何でチャンスを与えられないんだ?」 「何で使われないんだ?」 「何でこいつがクビになるんだ?」 と。 普通に考えればおかしいですね。 でもそれは、そいつがチャンスを与えられ、 モノにしても誰も得する人間がいないからです。 さっきも言いましたが、政治と同じです。 既得権益に......続きを読む»

『Bombtrack』5

アメリカのレスリングは、 先代(一応今はHHH?)のビンス・マクマホンJr.のWWF(現WWE)が アメリカ全土を征圧するまでの長きに渡りテリトリー制でした。 各地にはそれぞれ顔役がおり、そのテリトリーを仕切っていて、 選手はそのテリトリーから出て試合をすることは基本的に叶いませんでした。 日本の団体のように、日本各地を勝手に巡業で回るなんてことは考えられなかったのです。 ......続きを読む»

『Bombtrack』4

僕の場合は、英語力とかリング上の技術とかそういったことではなく、 それを判断してもらうスタートラインにすら立っていないということです。 それ以前の問題。ある意味、お門違いなのです。 僕らはチェスの駒なのです。 そのチェスの駒を動かすのはプレーヤーです。 僕たちは、例えば、考えられないビッグチャンスをもらっているやつ、 逆にチャンスを与えられたと思った瞬間、干されるやつ......続きを読む»

『Bombtrack』3

これからWWEに入りたいと思っている未来の日本人スーパースターたちに告ぎます。 WWEのトライアウトを受けるなら、 それに当たって絶対に誰かに間に入ってもらい、 WWEの偉い人と繋いでもらわないとダメです。 僕は例えこれから10年この会社にいてもひとりだけど、 最初に“誰か”にバックになってもらえば、 あなたは契約した時点からひとりではありません。 新日本所属時代、......続きを読む»

『Bombtrack』2

ほとんどの選手の背後には“誰か”がいます。 特に外国人選手には100%絶対に背後に“誰か”がいます。 みなさんの知っている外国人選手は必ず“誰か”の選手なのです。 外国人選手を取るというのは大変なことです。 VISAの手配から何から大変なことが多く、言語の問題があれば尚更です。 だから会社も“計画”がなければ取りません。 そう、実は基本的に外国人選手は皆スカウトなので......続きを読む»

『Bombtrack』1

フランスからデトロイトに着くまでの飛行機の中で書き上げました。 もうこれ以上みなさんに嘘を付き続けるのが嫌なので、 これから数回に分けて言える範囲で言えることを言います。 最初に断っておきますが、今回の内容は、みなさんの気分を害すおそれがあります。 しかし、これを書かないと前に進めないと思ったので書きました。 気分を害すのがいやな方は今回のシリーズを読むのはご遠慮ください。 ......続きを読む»

パリ

シン・カラとエッフェル塔行ってきました。 時間がないので超強行スケジュールでホテルを出て ホテルに帰ってくるまで2時間切りました。 やればできる! ちなみにこっちで「エッフェル」と言っても まったく通じません。 日本語だと「アイフル」もしくは「アイ4」と発音すれば通じます。 また写真は家に帰ってから上げます。 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconwwe_yoshitatsu

'''YOSHITATSU (ヨシ・タツ)'''

2007年よりアメリカ修行に出発、WWEの下部組織であるFCW (Florida Championship Wrestling)でトレーニングを重ねる。2008年にWWEのトライアウトを受け、ディベロップメント契約を勝ち取る。その後渡米しメジャーデビューを目指してFCWで研鑽を積み重ねる。

2009年6月、ECWの新たなスーパースターとしてWWEデビュー。
ディベロップメントからWWEへ昇格した初の日本人スーパースターとして歴史に名を残すことになる。

デビュー戦では〝ゴールドスタンダード〝ことシェルトン・ベンジャミンと対戦し、挑発するベンジャミンをハイキック一発で仕留め、衝撃のデビューを飾った。以来、WWEファンの心をつかみ、人気選手の仲間入りを果たす。

2009年10月にはデビューからわずか4カ月でECWタイトルに挑戦するなど、破壊力抜群のキックとエキサイティングなファイトスタイルでWWEファンを常に魅了している。
 
本名 山本尚史(やまもと なおふみ) 1977年8月1日生まれ。
岐阜県出身。身長186cm / 体重100kg。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13018205

(11月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 近況
  2. 卒業
  3. FCWアリーナ大会
  4. SANCTUARY
  5. お久しぶりです 2
  6. いざ両国
  7. マンチェスター大会 & ボルチモア大会
  8. ジェリー・ローラー
  9. The LayField Report 4
  10. Father's Day

月別アーカイブ

2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss