YOSHITATSU公式ブログ~SANCTUARY~

お久しぶりです 2

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の火曜のTVでマジでこの会社を辞めようと思い、喉元まで出かかりましたが止めました。

それは、皆さんのことがまず頭に思い浮かんだからです。

以前、僕は皆さんに、WWEチャンピオンを目指すと宣言しました。
そしてクビになるまではどんな状況になっても諦めないと。
そして、先に迫った日本公演。

それだけの理由で踏み留まりました。

最低な夫であり、父親だと思いますが、
正直家族のことは考えませんでした。

今まで本気でこの会社を辞めようと思ったことが、今回を含めて4回ありますが、
今回が一番辞めたかったかも知れません。

しかし、結果的にやめなかった今、
いつか絶対に「あの時辞めなくて本当によかった」と言えるようにしなければなりません。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
Yoshi Tatsu
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

お久しぶりです 2

初めまして。日本公演でのヨシさんの活躍を生で見れて本当に嬉かったです!最後日の丸を掲げたヨシさんを見て目頭が熱くなりました!

最近ヨシさんのブログ読み始めたのでテンサイの件でヨシさんがここまで思い悩んでいたとは知りませんでした。会場外でよしさんとすれ違う機会があったのですが、よしさんの固い表情と重重しい空気がとても印象的でした。このような心境だったのですね。
WWEで日本人として活躍するというのは私のような凡人には到底考えが及ばないほど大変なことだと思います。その中でのヨシさんの活躍はたくさんの人を勇気付けてくれています。私もその一人です。

私は大切な人を失って生産性の無い日々を淡々と過ごしていたのですが現在ではヨシさんの頑張りが一つの生きる糧になってます。よしさんの勇姿やブログを見て毎日頑張ろうと思います。これからもずっと応援しています。そして挫けそうになった時はヨシさんのブログを開くようにします。普段コメントなんて全然しないのですがヨシさんの人間性に惚れてコメントしてしまいました。

あと、WWEにおいてのヨシタツについて一つ素直な気持ちを追記させてください。WWEでヨシタツがデビューしてからずっと気がかりだったことが一つあります。それはヨシタツの入場です。WWEのスーパースターにとっての入場はキャラの人気を左右する上でかなり重要だと思います。トップ選手の入場はやっぱりどれもかっこいいと思います。入場で圧倒的な差をつけて会場を完全に自分の空気に呑み込んでいます。

現在のヨシタツの入場はこれといって日本をアピールしているわけでもないですしかと言って重みのあるような入場でもないし中途半端でヨシタツのキャラにも合ってないと思いすし入場で損している感は否めないと思います。ヨシタツ自身がとても素晴らしいスーパースターなのに本
当にもったいないと感じます。上層部の意向など難しい所もあると思いますがヨシタツに合ったもっとかっこいい入場があるはずだとずっと歯痒い気持ちでいます。曲だけでもいいので是非変えて欲しいと思っています。

お久しぶりです 2

お客さんが何を望んでいるのか、会社は何を提供したいのかですよね。しかし、アメリカ人は日本人レスラーに何を望んでいるんでしょうね。アマチュアならばただ強ければいいですが、プロはそうはいかないからですね。大変とは思いますが、がんばってください。いえ、楽しんでください。

お久しぶりです 2

ブラグを読む限り、理不尽な事を無理矢理強要しそうな団体ですからね。

首を切られたらどうしようじゃなくて、辞めてやるという状況を選べるのなら、逆にいつでも辞められる訳だから、冷静に踏みとどまるのは良いと思います。

したたかに生き延びて下さい!

お久しぶりです 2

ヨシタツ殿

初めて、コメント出します。58歳の中年オヤジですが、若いころからずっとプロレスを見ています。ヨシタツさんの試合も必ず見ています。色々、口に出して言えないご苦労もおありのようですね、サラリーマンと同じです。
さて、あなたの試合を見ていて、いくも感じることがあります。レスラーでもない私の見方が的外れかもしれませんが、あなたの今後の活躍を祈念していますので、敢えて、言わせてください。

・試合中に感情的になりすぎる。日本語で叫んでおり、それがよくわかります。感情的になった後は、必ず、技が失敗したり、相手に付け込まれています。もう少し、心にゆとりを持つように心がけてください。
・打たれ弱い。打たれた後に、だれでも悶絶するとは思いますが、その時間が他の体格が互角のレスラーと比べて長いと思います。
・あなたは、体格がそれほど大きいという人ではありませんのでもう少し、スピードのある技を多用した方が効果的と思います。
・フィニッシュの技の種類をもう少し増やす。ハイキックだけでは、だめです。それと、ハイキックはどうしても動作が大きくなるので、相手にタイミングをずらされる確率が増えます。

以上、長々とコメントしましたが、頑張ってください。あなたと同程度の体で、コーディ・ローデスなどもメインを張っています。体格差が問題ではありません。WWEのベルトは無理としても、USまたはICのベルトは十分に射程圏内です。気持ちを切り替えて、前に進んで下さい。ずっと、ずっと応援しています。

こんな記事も読みたい

お久しぶりです【YOSHITATSU公式ブログ~SANCTUARY~】

新K-1もまた未払い!? サイモン・ルッツが語るK-1の問題点 【Don't think. FEEL!】

WWEジャパンショップ最新情報!【WWE Presents スマックダウン・ワールドツアー 公式ニュースブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwwe_yoshitatsu

'''YOSHITATSU (ヨシ・タツ)'''

2007年よりアメリカ修行に出発、WWEの下部組織であるFCW (Florida Championship Wrestling)でトレーニングを重ねる。2008年にWWEのトライアウトを受け、ディベロップメント契約を勝ち取る。その後渡米しメジャーデビューを目指してFCWで研鑽を積み重ねる。

2009年6月、ECWの新たなスーパースターとしてWWEデビュー。
ディベロップメントからWWEへ昇格した初の日本人スーパースターとして歴史に名を残すことになる。

デビュー戦では〝ゴールドスタンダード〝ことシェルトン・ベンジャミンと対戦し、挑発するベンジャミンをハイキック一発で仕留め、衝撃のデビューを飾った。以来、WWEファンの心をつかみ、人気選手の仲間入りを果たす。

2009年10月にはデビューからわずか4カ月でECWタイトルに挑戦するなど、破壊力抜群のキックとエキサイティングなファイトスタイルでWWEファンを常に魅了している。
 
本名 山本尚史(やまもと なおふみ) 1977年8月1日生まれ。
岐阜県出身。身長186cm / 体重100kg。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13012543

(07月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 近況
  2. 卒業
  3. FCWアリーナ大会
  4. SANCTUARY
  5. お久しぶりです 2
  6. いざ両国
  7. マンチェスター大会 & ボルチモア大会
  8. The LayField Report 4
  9. ジェリー・ローラー
  10. Father's Day

月別アーカイブ

2014
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss