2014年09月20日

『BLOOD, SWEAT AND TEARS WORLD TOUR 2014』

kick

さあ、始まりました 『BLOOD, SWEAT AND TEARS WORLD TOUR 2014』!

普段、『TEAM VISION DOJO』で、 たまにいっしょに練習している元リカルド・ロドリゲスと、 たまたまオーランドの空港で会いました!

しかも、たまたま同じ便!

彼は元アルベルト・デル・リオとニュージャージーで、 ”シュート”インタビューをしてくるとのこと。

この”シュート”って響きたまらんです(笑)。

何話して帰ってくるか楽しみでなりませんが、 大騒ぎにならん程度にしなさいよと釘を刺しておきました(笑)。

俺たちマイノリティの見えない部分の話をし出したらマジで斬った張ったの話になってしまいますからね。

まあ、胸くそ悪い話はこのぐらいにして、 リリース後、初めての飛行機です。

5年以上に渡って、週に最低2回は飛行機に乗ってきたので、 またあの生活が戻ってきたなあという感じです。

さあ、予定はと言いますと、今日は移動だけで、 明日は朝からニュージャージーでサイン会、

その後、大急ぎでフィラデルフィアまで移動して試合。

試合後ニューヨークに移動してホテルに泊まって、 次の日の朝からニューヨークでサイン会です。

試合の相手の様子がおかしそうで(俺も?)楽しみです(^_^)

続きを読む...
2014年09月18日

『BLOOD, SWEAT AND TEARS WORLD TOUR』

kick

これからニューヨーク、ニュージャージー、 フィラデルフィアのアメリカ北東部ツアーに出掛けます。

というか、自分で勝手にその辺りのプロモーターや団体と交渉して、時間がかぶらないようにブッキングしてツアーにしてしまっただけなのですが(笑)。

ツアー名はすでに決まっています。これです。

というか、今回だけでなく、これからもずぅーっとこれです(^_^)

Twitter(@YoshiTatsuIsm)では何十回も宣伝していますが、 これは、僕がフリーエージェントになってからのファーストTシャツです。

このツアー名、実は、意外な人が名付け親です。 当時トラベリングパートナーだったゴールダストが、 2人で車で移動中、2010年に僕がWWEデビュー後、 初のジャパンツアーに向かうときに

「文字通り血と汗と涙で手に入れたお前のためのジャパンツアーだ。思いっきりやって来い!」

と言って僕にくれた言葉なのです。

これを、あえて今だからこそ使わせてもらうことにしました。

まずはニュージャージーのサイン会から。

ちなみにこれはサイン会だけで試合はありません。

WWEの時とは違い、飛行機代、ホテル代、移動費、 すべて向こう持ちで、サイン会のみで呼ばれる身分になりました。感謝です!

今回も歩合ではなく、定額の仕事なので、 来てもらうお客さんの数によって僕の懐具合が変わるわけではないのですが、 せっかくブックしてくれたプロモーションのためにも、 できるだけ沢山の方に来てもらえたらと思います。

ニュージャージー、ニューヨーク近郊に お住まいの#YoshiArmyの方、ぜひお越しください(^_^)

続きを読む...
2014年09月14日

レスラー

kick

昨日はフロリダのポートセントルーシーというところで インディーのショーに出てきました。

相手は元WWFタッグチャンピオンで、 元NWAワールドタッグチャンピオンでもある、 ザ・ヘッドバンガーズの一人、 スラッシャーとシングルマッチでした。

ということで勝ちました!

言いたいことがきちんと伝わるといいのですが、 インディーで一ヶ月半活動してみてわかったことですが、 WWEの中で勝ち続けて行くより インディーで勝ち続けていくことの方が 一億倍大変です。

会社が毎回違うし、 細かい部分まで全部自分で交渉しなければならないからです。

自分の価値を落とし、金を得る自由もあれば、 孤高になり、仕事を失う自由もあります。

自分の価値を上げるも落とすも全部自分次第。 当たり前ですが、自分以外、 自分の価値を守ってくれる人間はいません。

おかしなことを言いますが、勝ったとき、 WWEで勝ったときとは比べものにならないぐらい 達成感があります。

僕は、活動再開後、一ヶ月かからず二つの団体の 頂点に立ちました。

そして、まだ無敗です。

続きを読む...
2014年09月12日

レッスル?ネイション?

kick

みなさんお久しぶりです。一度間が空いてしまうと、 なかなか書けなくなってしまいます。

このブログは(僕自身も)もうWWEとは関係ないので、 もう誰にどうこう言われるわけではないし、 僕はもう完全な個人商店なので、 僕自身のPRのためという意味においては、 逆に、WWEにいたときより頻繁に上げるべきなのですが、 皮肉にもWWEにいたときよりも雑務が増えてしまい、 中々ブログまで手が回らないのが現実です。

作業や練習をしながらも、いつもこのブログのことは頭の中にあります。

まあ言い訳はこのぐらいにして(笑)、 明日の試合のポスターです。

こんなの作られて、お客さん入らなかったら 完全に僕一人の責任じゃないですか(笑)。

最近やっとポスターにピンで載ったり、 中心に載ることに慣れてきました。

ポスターが云々というわけではないですが、 チャンピオンとはどういうものか、 ベルトを巻くというのは、 どういう意味があるのかというのが徐々にわかってきました。

今回、タイトルマッチの話をもらったとき、 正直、インディーのベルトなんて今更巻いても、 なんて思いましたが、 思ったより僕に大きなものをもたらしてくれました。

今、僕は二つの団体の頂点に立っていますが、 巻く前は、一つ巻くのも二つ巻くのもたいして変わらないと思っていましたが、実際巻いてみたら全然違いました。

あくまでも僕の感想ですが、小さな団体ほど、 プライドが高いと感じます。

大きな団体など○○○○○○ぐらいに思っていて、 悪い言い方をするなら、意固地になっていると感じる団体もあります。

そして、自分のところのベルトと、 他の団体のベルトとをいっしょにされたくないという 空気も感じます。

WWEのレスラーは、ほとんどが、インディー出身ですが、 一つ目を巻いたときから言われていますが、 特に二つ目を巻いてから、選手たちから、 どうやって巻いたのか、 その経緯を聞かれることが増えました。

アメリカで二つのベルトを巻くということは、 そういうことみたいです。

続きを読む...
2014年09月05日

マイアミ 2

kick

8/30のマイアミで懐かしいこの人に会いました。

いつもTVの会場で、二人で、名物になるぐらい、 ケンカのフリばかりしていました(笑)。

この日、僕がベルトを持っているところを見ると、

「ついに手にしたな(笑)。」

と笑われました。

WWEでは、バックステージで、 チャンピオンがベルトを持って歩いていると、テディが

「ヨシ、あれは本来、お前が巻くべきベルトだったんだ。 お前が不甲斐ないからあんなヤツに持ってかれてるんだぞ!」

と5年間言われ続けてきました(笑)。

自分たちには、こんなやり取りや小競り合いを、 毎週、月、火と5年間やってきた裏の歴史があります(笑)。

最後、テディに

「怪我だけにはを付けて、お前の本来の姿を 世界中に見せつけてやれ。」

と言ってもらいましたが、何だか照れ臭くて、

「テディはもう年だから早く引退した方がいいよ!」

と、心にもない、いつも通りの切り返しをしてしまいました。

まだいつもの感覚が抜けず、もう”来週”は会えないのになあと、 少し後悔しているので、同日リリースの、 年の離れた僕の同志、 またどっかで会って、次こそは真剣な話ができたらいいなあと思います。

続きを読む...
2014年09月03日

マイアミ

kick

題名、永遠に『近況報告』になってしまうので、 ちょっと変えてみます(笑)。

8/30のマイアミ大会ですが、二つ目のベルト巻いた次の日の朝、車で向かいました。

セミナーがあったので、選手では一番早く会場に着きました。

会場に着いてまずビックリしたのが、僕専用の控え室が用意してあったことです!

WWEではロックなどのレジェンドにしか与えられません。

ありがたい反面、ここにそれだけのものを残していかないといけないという責任感が湧いてきました。

こういった緊張感は久しぶりだったのでうれしくなりました。

セミナーにはどんなレベルの人が、どのぐらい集まるのかわからなかったため、 各レベルに応じていくつかプランを用意していったので、 しっかりと対応できました。

セミナーを受けた子たちにも好評を博し、 見ていたプロモーターにも、 その場で次回のセミナーのオファーをもらいました。

何であれ、評価してもらえることは喜ばしいことです。

試合はセミナーを受けた子たちの前で勝利を収めることができてよかったです。

試合後、対戦相手から、来月、WWEのトライアウトを受けるから、アドバイスをもらいたいと言われて、 色々とアドバイスしておきました。

試合に関しても、WWE的な考え方ができていたし、 やっていていい選手だと思ったので、 ぜひ受かってもらいたいなあと思いました。

彼が受かって、将来ブレイクしたら

「ワシが育てた」

って言い降らします(笑)。

続きを読む...
2014年08月30日

近況報告 15

kick

昨晩、もう一個ベルトを取って二冠になりました。 フロリダヘビーウェイトチャンピオンと サザンヘビーウェイトチャンピオンです(^_^)

今、セミナーと試合のため、450km離れた マイアミに向かっています。

明日は、オーランドに帰ってタイトルマッチで、 金、土、日と三連戦です。

続きを読む...
2014年08月29日

近況報告 14

kick

アメリカンインディーレスラーの Yoshitatsu?Yamamoto?自分の名前も イマイチよくわかってない者です(笑)。

僕も一週間前に人から送られてきて知ったのですが、 みなさん、世界のインディーレスラーのランキングがあるのをご存知ですか?僕は8位らしいです。

1週間前のやつなので、活動開始から3週間で世界8位になりましたってそれって一体どうなんでしょう?

プロモーターやら、マスコミやらの評価とファンの投票で決まるらしいのですが、 凄いのかそうでもないのかよくわかりませんが、 同日リリースの、ドゥルー・マッキンタイアや エヴァン・ボーンよりも上ということで、 よしとしておきましょう(^_^)

このまま突っ走れれば1位になるだろうと書いてあります!

突っ走ってやろうじゃないですか!(笑)。

続きを読む...
2014年08月27日

近況報告 13

kick

最近、試合やサイン会だけでなく、 レスリングセミナーを開いてくれというオファーをもらいます。

最初は何も聞かず、とりあえず断っていました。

僕はまだ教える側ではなく、やる側だという意識が強く、 それに、今、チーム・ヴィジョン・ドージョーで 生徒たちに教えていて、正直、かなり楽しいので、 大々的に教えるとなると、 気持ちが変な方向に行かないかというのもありました。

しかし、最近、けっこうな数、オファーをもらうので、 どんなものかと興味が出て来て、受けてみることにしました。

どんなことを教えればいいのか団体に聞いてみると、 普段教えてるようにやってくれればいいと言われたので、 近しい誰かがよく言ってくれて、 それが伝わったのかも知れません。

ということで、今週末、マイアミで、 試合前にレスリングセミナーを開きます。

詳しくは書きませんが、通常、セミナーは、 どのぐらい人が来るかわからないので、利益は団体と折半で、 セミナーを開く人間も団体側も傷付かないようにする場合が多いのですが、相当信用してもらっているのか、 今回は、安くはない決まった額を保証してもらってやるので、セミナーを受ける人が多かろうと少なかろうと、 僕の利益は変わりません。

しかし、リスキーな契約を向こうから提示してくれた粋な団体のためにも、少しでも多くの人に集まってもらえたらと思います。

僕のTwitter(@YoshiTatsuIsm)をフォローしてもらっている方は英語で書いたツイートを見てもらったかも知れませんが、 宣伝させてもらうと、 僕は日本一大きな団体、新日本プロレスと、 世界一大きな団体WWE、両方で、 基礎の基礎から学んだ世界で唯一人の人間です。

両団体で、いいレスラーの育て方を長年見てきたし、 そのノウハウはすべて僕の頭に入っているので、 両方のいい所をミックスして教えます。

マイアミ近辺在住で、 興味のある方はぜひいらしてください(^_^)

というか、まさか自分がお金をもらって、 アメリカでアメリカ人を相手にレスリングを教えるようになるとは思ってもみませんでした。

俺の明日はどっちだ(笑)。

続きを読む...
2014年08月26日

近況報告 12

kick

僕が今巻いている、このフロリダヘビーウェイトチャンピオンというベルトは、 巻いてから知ったのですが、 かつてNWAのTVで、TVチャンピオンのベルトとして使われていたベルトで、 現在、フロリダでは一番権威のあるベルトみたいです。

しかし、ベルト奪取から10日近くが経ちましたが、 今、早くも剥奪の危機にあります!(笑)。

管理している団体が、僕が巻いたということで、 世に出る機会が増えたため、 もうTVで使われていないこのベルトの 『FLORIDA TV』という部分を、 新しく違う言葉に変えたいというのです。

なので今日、管理している団体に一度返還してきました。

ということで、常に傍らに置く!と宣言した矢先に、 10日足らずで僕の元を離れて行きました(笑)。

何日かで戻ってくるんですけど、 やっぱベルトには縁がないのかと思っていると、 これとはまた別の団体の別のベルトのタイトルマッチの話が転がり込んできました。

もし取ったら二冠チャンピオンです(^_^)

あと、上のフロリダヘビーウェイトチャンピオンですが、 正面から見て右側に日本が見えますが、 日本人で巻くのは僕が初めてです。

続きを読む...