ひまオヤジのG党辛口ブログ

ミットを動かす弊害

このエントリーをはてなブックマークに追加

これは日本の捕手に多い行為だが、 捕手がストライクゾーンぎりぎりの投球に対して、ミットを動かしてストライクと見せるような行為を目にすることがある。

きわどいコースだが、何としてもストライクを取ってほしい、自分たちが有利になるようにしたい、この投球(この1球)を無駄にしたくない、 という捕手の想い(本当にそうだとは限らないが…)が形となって現れたプレーだが、即刻止めることをお勧めする。

なぜなら、その行為自体、アンパイアの目をごまかすことにならないからだ。

アンパイアが見ているのは捕手のミットではない。見ているのはボールそのものだ。もう少し具体的にいうならば、投手が投げたボール の軌道がストライクゾーンを通過しているかを見ているわけで、捕手がどこで取ったのかなんてことは別にどうでもいいのである。

だから、ミットをやたらと動かすことでストライクが取れたというのはただの偶然で、その捕手のキャッチング技術が高いということには ならないのである。

どうせミットを動かすのであれば、取る時に腕がブレないように捕球する技術を高めたほうがいいだろう。

どのコース、どの軌道が来ても捕球する腕がブレずにピタッと止まること。そして、捕球する位置を一定に保つこと。この2つが高いレベルで 出来るようになることが必要だ。

これが出来るようになるだけで、投手からの安心感と信頼感はかなり高いものになる。

プロですらまもとにこのキャッチング技術が出来ていないのに、レギュラーとして出場している捕手だっている。

特に、巨人の小林はこの技術が限りなく低い。 彼が、一昨年、昨年とよく後ろに逸らしていたのには、捕球する位置が一定でないために起こっている。

ボールを一定の位置まで呼び込んでキャッチングするのではなく、捕まえようとするので、急な変化にも対応できずに取りこぼしてしまうからである。

最後に、国際試合でミットを執拗に動かすと、アンパイアへの侮辱行為と見られ、きわいどいコースへの投球がボールになり不利になることも あるので注意してもらいたい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
技術論
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【九州キャンパス硬式野球部】全日本大学選手権大会 1回戦 天理大【東海スポーツ】

【役立つ野球留学VOICE043】留学生にとっての親への感謝と恩返しとは【ベースボールコミュニケーション 野球長期留学ブログ】

入団テスト☆【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

ブロガープロフィール

profile-iconwwe_raw_andsmackdown

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2305

(06月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 9回裏に見えた菅野のエースとしての覚悟
  2. 配球についての誤った考え方
  3. ミットを動かす弊害

月別アーカイブ

2017
06
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss