“元”LA在住ライターの『LALALAスポーツのほほん漫遊録』

錦織×ロディック戦が実現!

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、San Joseで行われているSAP Openで、錦織選手がストレート、そして
ロディックはフルセットのタイブレークの末に勝利し、
明日の試合で両者の対戦が決定しました。

よかったー、ロディック勝ってくれて。

正直ロディック戦の終盤が、本日いちばんヒヤヒヤした場面でしたよ(笑)

いや、別にロディックが勝たなきゃいけない訳では無いですが、
錦織選手自身も、「ロディックとやりたいですね!」
と言っていたので。
その錦織選手、今日の試合では第二セット4-3となったところで
ロディックが観戦に訪れ、かなり緊張したそうです。
「おおっ、見られてるよ!」ってな感じで、その後の2ポイントくらいは
動きが硬くなってしまったそうな。

ただ、正直ロディックとやるには、かなり不利な条件ですねぇ。
今日の試合を見る限りでも、やはりアメリカ国内における
ロディックの人気は別格。ブレーク戦以上のアウェー環境になるでしょう。
加えて、SAPオープンの屋内コートは、かなり速め。
錦織選手自身が屋内コートに苦手意識があること、
そしてロディックにとっては有利なコートであることを考慮すると、
まさに三重苦状態です。

そして錦織選手、さすがに疲れやらがあるようで、
優勝した先週に比べるとサーブの安定感に欠け、
ストロークも微妙にずれているようでした。
ドロップショットやボレーなどのバリエーションも、
ほとんど見られませんでしたし。
本人も、「サーブはイマイチだし、動きも良くなかった」
と反省の弁ばかりが口をつきましたが、逆に言えば、それで
トップ100クラスの選手にストレート勝ちしてしまうのだから、
これはエライことです。
そして、こっちも「まあ、調子は悪いけれど、勝つだろう」
みたいに思いながら見ちゃっているのだから、これまたエライことです。

ちなみにロディックは、「相手のことは良く知らないけど、
見る限り、とても自信を持ってプレイしているようだ。
明日の試合は、自分にとってタフなものになるだろう。
相手は、何も失うものはないのだから。
どう戦うべきか、ブレークに相談してみるよ」
と言っておりました。

いずれにしても、かなりの観客が詰め掛けるであろう明日の試合、
アメリカの多くのテニスファンやメディアに、錦織圭の名前を、
テニスを、その存在を、しっかりと覚えさせてやってほしいです。


20080221-01.jpg
こちら、スマッシュのブログにも少し書いてます。 http://www.nsks-smash.com/blog/




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

錦織×ロディック戦が実現!

試合はどこのサイトで見られたのですか?自分も是非、圭vsロディックの試合をみたいもので・・・

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconwriting3

弱冠12歳にして、朝日小学生新聞の“甲子園読者レポータ”として記者デビュー。飯田哲也外野手(楽天)らを取材する。編集プロダクション入社後も『キャプテン翼』『テニスの王子様』の解説本製作に携わるなど、スポーツ・ジャーナリズムに深く関与。現在はLAにて、足とTV、ネットを駆使した取材&情報集めに奔走する。好きなものは伊達公子、ベッカム、沢木耕太郎、1st.ガンダム、シャラポワ、寿司など。
連絡は、contact@writing-sun.comまで。お仕事、絶賛募集中です!!!!!
  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:584770

(07月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 切なくて切なくてしかたないアンディの涙
  2. アガシとグラフのラブロマンス
  3. 伊達公子と杉山愛、それぞれの「ここまで」
  4. ジョン・マッケンローが最大のスター!?
  5. 全米OPとチャレンジ制度
  6. 「お金持ち」の定義
  7. 平沢潤氏とLAテニス事情
  8. スキアボーネの苦悩
  9. ヒンギスとステパネックが……
  10. シャラポワ、根性でタイトル奪取

月別アーカイブ

2012
07
2011
08
07
06
03
2010
06
2008
09
08
05
04
03
02
01
2007
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss