日本レスリング協会blog

【リオ五輪特集】レスリング太田忍の“世界デビュー”は悔し涙の銀メダル 「4年後は金メダルを獲ります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

※協会公式サイトが繋がりにくくなっているためこちらにも転載いたします。

 【リオデジャネイロ/文=増渕由気子、撮影=保高幸子】“16大会連続メダル”の面目躍如も、悔しさいっぱいの銀メダルだった。

 リオデジャネイロ・オリンピック男子グレコローマン59kg級は、太田忍(ALSOK)が、初出場ながら4試合を勝ち抜いて決勝に進出。決勝は昨年の世界チャンピオンのイスマイル・ボレロ・モリーナ(キューバ)に0-8のテクニカルフォールで敗れて銀メダルだったが、リオ大会のレスリング競技の最初の登場にしてメダル第1号に輝いた。

■グレコローマン全日本チームの背水の陣の強化が実る

 オリンピック1次予選を兼ねた昨年の世界選手権(米国・ラスベガス)で惨敗し、「メダル0の危機」と言われていた男子だけに、大会初日にメダルが取れたことで、関係者は一同に胸をなで下ろした。西口茂樹・男子グレコローマン強化委員長(拓大教)は「メダルが獲れてホッとしている」と本音を吐露。昨年9月からの日本グレコローマンの並々ならぬ強化の努力が実を結んだ。

 けれども、太田自身は露骨に悔しさをあらわにした。初戦のロンドン大会55kg級金メダリストのハミド・スーリヤン(イラン)をはじめ、2回戦で世界選手権3位のアルマト・ケビスパエフ(カザフスタン)、3回戦で北欧のベテラン選手、スティグ・アンドレ・バージ(ノルウェー)、そして準決勝で世界選手権2位のロブシャン・バイラモフ(アゼルバイジャン)と、強豪を軒並み破っての銀メダルにも関わらず、試合直後は悔しさで顔をゆがませ、表彰台では悔し涙。メダルをかけた感想を聞くと「金メダルがよかったなと思います」とつぶやいた。  メダル獲得の喜びに浸るより、なぜ負けたのかをすぐに洗い出した。「表彰式の間、何が悪かったのか考えて、ディフェンスが足りなかったんだと明確になりました。ディフェンスが課題になったので、今後は徹底的に練習しようと思います」。

 太田は今年4月にALSOKに入社したばかり。リオデジャネイロは集大成ではなく、本格的な”プロ選手”としての始まりの年。銀メダルに酔いしれることはせず、「金メダルを目指してきたのに、世界で2番目の練習しかできなかった。でも、やってきたことは間違いないので、これから練習して、世界で一番になります」と、今後のプランについて頭がいっぱいだった。

■今回の作戦については一定の満足感も

 今回、太田が目指した形は、胴タックルとがぶり返しというスタンド攻撃を軸とした闘い方だった。世界選手権の経験はないが、アジア選手権2位など実績を積み重ね、アクロバティックな試合展開に、名前の「忍」という漢字から、「ニンジャ・レスラー」という愛称もつくほど知名度も急上昇。

 一番の得意技である胴タックルが研究されていることを見越して、がぶり返しを第2の主力技として磨き上げてきた。太田は「自信を持って出せる技が、要所で決まった」と思い通りの試合もあったが、「決勝のキューバ戦では何もさせてもらえなかった」と、自分がまだ世界の頂には及ばないことも実感したようだ。

 「日本に帰ったらもっと練習して、今後は金メダルを獲る。4年後の東京? もちろん目指します」と、2020年の東京大会で銀メダルを金メダルに磨き上げるつもりだ。

■家族と恩師の思わぬハプニングをも力に「絶対に決勝に残る」

 現地には、祖父や姉、キッズ時代からの恩師の勝村靖夫さんらがかけつけた。だが、出発時に飛行機の機体トラブルがあり、予定より1日遅れの出発となってしまった。前日の昼過ぎに現地入りする予定が、当日の昼過ぎにずれ込んだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リオ五輪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconwrestling2007

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:192734

(08月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ハンガリーは美男美女ぞろい…ハンガリー世界選手権
  2. 2017年明治杯全日本選抜レスリング選手権・最終日結果(テキスト)
  3. インターハイレスリング競技開幕! 初日の学校対抗戦の結果
  4. 74キロ級・高谷惣亮(拓大)、初戦突破=レスリング北京五輪最終予選
  5. 全国高校総体(インターハイ)レスリング競技女子個人結果
  6. レスリング世界選手権2013ハンガリー大会開催中です
  7. 2017年東日本学生レスリング春季新人選手権・女子選手権/動画サイト
  8. 全国高校グレコローマンスタイルレスリング選手権大会  結果
  9. 2017年明治杯全日本選抜レスリング選手権・最終日結果
  10. インターハイレスリング競技学校対抗戦は日体大柏(千葉)が2連覇達成

月別アーカイブ

2017
08
07
06
03
2016
08
2013
09
2011
09
05
2010
12
11
05
2009
08
2008
08
05
03
2007
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss