世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)

低迷中のチームを見事に残留させた苦労人・松下圭佑選手(モンゴル・シャリンゴルFC)

このエントリーをはてなブックマークに追加

弱冠18歳の松下圭佑選手は、WPSC(第11回世界プロサッカー挑戦プロジェクト(と出会ってからこの2ヶ月で最も濃密な時間を過ごしました。

7月1日開催の第10回第10回世界プロサッカー挑戦セレクションに参加し、合格を勝ち取り、代表取締役社長・辻勇(中国プロリーグ初の外国人選手、香港でも活躍)、スカウト・森本高史と協議の上、モンゴルのクラブを紹介することになりました。

モンゴルリーグの後期選手登録期間が、7月中旬ということもあり、急遽7月6日に渡航することになりました。

モンゴル入りし、チンギスハーン国際空港に降り立った松下圭佑選手にとって、モンゴルの大自然やモンゴル国民が待ちに待った「ナーダム」(相撲、乗馬、アーチェリーなど最大の祭典)をエンジョイする時間は存在しません。

空港からスタジアムへ移動し、スーツケースからスパイクと練習着を取り出し、プロチームの入団テストに臨みました。身振り手振りでモンゴル人選手とコミュニケーションを取り、少しでも良いプレーを披露するために全力を尽くしました。

移籍期間最終日に、名門シャリンゴルへの入団を果たしました。

シャリンゴルは、今シーズン、主力選手が引き抜かれたり、怪我の影響で前期を終えて降格圏内に沈んでいました。

指揮官ムングントルガは、松下圭佑選手の期待をこう語りました。 「ここまでの成績は不本意の一言。だけど、もう過去には戻れない。チームが残留を果たすために、松下圭佑選手と契約を決意した。私の親友である森本高史が推薦した選手であり、大きな期待を寄せている。若さという武器を前面に押し出し、ダイナミックにプレーしてほしい」

松下圭佑選手は、「持ち味は、豊富な運動量」と語るように、日本とモンゴルのプレースタイルの違いに戸惑いながらも、試合中はずっと攻守に渡り、走り続けました。土曜、日曜と2日連続の試合のときもありましたが、走り続けました。そして、体を張って戦いました。

1ゴール1アシストという結果を残しました。その裏には見えないハードワークがありました。

松下圭佑選手のセンセーショナルな活躍があり、シャリンゴルは、見事に残留を果たしました・

来年、モンゴルでさらなる活躍を披露し、ヨーロッパでプレーするチャンスをゲットする松下圭佑選手への応援よろしくお願いします。

【松下圭佑選手(マツシタ・ケイスケ)プロフィール】 ◆生年月日:1998年11月12日 ◆出身:神奈川県 ◆国籍:日本 ◆身長・体重: 171CM/63KG ◆利き足: 右 ◆ポジション:左サイドハーフ、右サイドハーフ、FW ◆特技: ポルトガル語会話 ◆主な経歴 西本郷FC アストレイアFC シャリンゴル(モンゴル)

<お問い合わせはお気軽に!> プロサッカー選手を目指す熱きサムライにスペシャリストが的確にアドバイス! 10月27日進路相談説明会開催! ㈱イルマックス TEL: 03-5638-8861 Eメール:info.irmax@gmail.com 公式サイト:http://irmax-soccer.com 公式ブログ:http://www.plus-blog.sportsnavi.com/wpsc

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.04 4/5【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

まじ卍【走れ!!ソニー仙台FC】

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.04 3/5【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconwpsc

プロサッカー選手発掘・育成に定評の世界プロサッカー挑戦プロジェクト(略称:WPSCプロジェクト)プロサッカー選手に成るためのアカデミー(トレーニングセンター)とセレクションを実施中!!

現役プロ選手の海外移籍、卒業後や今後の進路相談にも応じております。 熱きハートを持ったサッカー選手(高校生、大学生、社会人)たちに世界へ羽ばたくチャンスを与えることで、日本、アジア、そして世界のサッカーの発展、国際交流に貢献することを目的としております。

第8回世界プロサッカー挑戦セレクション(昨年6月東京大学検見川グランド)合格の宮崎巧選手、高田章弘選手、山﨑貴斗選手がラトビア1部FSメッタとプロ契約、三浦一馬選手がチャンピオンズリーグベスト8の実績を誇るアルメニア・アララトとプロ契約。

第9回世界プロサッカー挑戦セレクション(昨年11月)合格の鈴木梨生選手:FKボラツ(ボスニア1部)、GK鈴木悦史選手:ウナガヌートFC(モンゴル)、林海斗選手:MKPシュチェチニク(ポーランドカップ出場)、西澤和真選手:レッヒ・リピン(ポーランド)が海外へと旅たちました。

第10回世界プロサッカー挑戦セレクション(今年7月)合格の久保田孔了選手:FCポムマーン・シュトラールズンド(ドイツ)、蔵元隼人選手:FCポロニア・スウビツェ(ポーランド)、仙葉秀一選手:NKシュパンスコ(クロアチア)、西尾龍也選手:ホルムホン(モンゴル)、松下圭佑選手:シャリンゴル(モンゴル)とヨーロッパやアジアで活躍しております。

次回第11回世界プロサッカー挑戦セレクションは、11月下旬に開催予定。

世界各国でプロ選手として活躍を夢見るサッカー選手のチャレンジをお待ちしております。

WPSCプロジェクト
2016年/実績
持宝克昌:FCドラニー(チェコ)
石川清太:セレンゲプレス(モンゴル)→バヤンゴルFC(モンゴル)
宮崎巧:FSメッタ(ラトビア)
高田章弘:FSメッタ(ラトビア)→FCシラク(アルメニア)
山﨑貴斗:FSメッタ(ラトビア)
三浦一馬:アララト・エレバン(アルメニア)


2017年/実績
鈴木梨生:FKボラツ(ボスニア1部)
GK鈴木悦史:ウナガヌートFC(モンゴル)
林海斗:MKPシュチェチニク(ポーランドカップ出場)
西澤和真:レッヒ・リピン(ポーランド)
久保田孔了:FCポムマーン・シュトラールズンド(ドイツ)
石原由規:スタリオンFC(フィリピン)
蔵元隼人:FCポロニア・スウビツェ(ポーランド)
仙葉秀一:NKシュパンスコ(クロアチア)
西尾龍也:ホルムホン(モンゴル)
松下圭佑:シャリンゴル(モンゴル)
宮崎巧 :FSメッタ(ラトビア)2年目
三浦一馬:ドレズデンコ(ポーランド) アルメニアより移籍
武田健太郎: NKコプリブニツァ(クロアチア)&HSKA(クロアチア)留学
雨貝賢 : NKシュパンスコ(クロアチア)留学
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:42705

(01月16日現在)

関連サイト:@wpscproject

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表へビッグアピール! 宮崎巧選手・衝撃のヨーロッパデビュー!
  2. 欧州全土に衝撃! MVP級の活躍を見せる持宝克昌選手!
  3. 最高のステップアップ! 東欧経由ビッグクラブ行き
  4. 三浦一馬選手、ヨーロッパ名門クラブとプロ契約!
  5. 日本代表へ強烈アピール! 宮崎巧スーパーゴール!
  6. 日本代表を目指し、ヨーロッパへ!
  7. 仙葉秀一選手 クロアチアの名門クラブ入団のお知らせ
  8. ポーランド移籍のお知らせ/三浦一馬選手
  9. 11月24日・25日 第11回世界プロサッカー挑戦セレクション開催!
  10. 世界を目指すモンゴルで奮闘中の石川清太選手!

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss