世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)

セリエA得点王発掘へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

第10回世界プロサッカー挑戦セレクション(7月1日開催)審査員に、元クロアチア代表イェルコ・レコ氏(クロアチア1部ロコモティバコーチ)を予定していましたが、来シーズンはU-18で指揮を執り、トップチームから外れるため、不参加の報告を受けました。 ロコモティーバ、古巣のディナモ・ザグレブ、ディナモ・キエフ(ウクライナ)、ASモナコ(UEFAチャンピオンズリーグベスト4進出/フランス)などの監督、強化部長、役員などに就任した際に、来日し、セレクションを視察し、戦力を発掘したいと目を輝かせており、今後ともセレクション審査員候補として話し合いは続けていきます。

新たな審査員に、元U21ボスニア代表監督イーブロ氏が決定。

エディン・ジェコ(セリエA得点王/ヨーロッパリーグ得点王/ASローマ)、イビシェビッチ(ヘルタ・ベルリン/原口元気選手のチームメイト)をユース時代に発掘した名将であり、才能溢れる選手をワールドクラスのスーパースターに導くスペシャリストです。 イーブロ氏は、ハリルホジッチ日本代表監督、ミハイロ・ペトロヴィッチ浦和レッズ監督とは、旧ユーゴスラビアリーグ時代から何度も対戦している大親友です。

第10回世界プロサッカー挑戦セレクションから、ジェコ・イビシェビッチを超える世界ナンバーワンの選手の発掘します! 皆様の参加をお待ちしております。

元U21ボスニア代表監督イーブロ氏コメント 「第10回世界プロサッカー挑戦セレクションを視察できることを大変嬉しく思います。代表取締役社長・辻勇氏(中国リーグ初の外国人選手)、スカウト・森本高史氏、関係者の皆様には感謝の気持ちで一杯です」

「私が、エディン・ジェコをU-21ボスニア代表に召集したとき、彼は無名で国民から反発があった。しかしながら、私はすばらしい選手だとわかっていたので、信念を貫いた。その後のブンデスリーガ、プレミアリーグのセンセーショナルな活躍を見せれば、私の決断が正しかったことが証明されております」

「イビシェビッチ(ヘルタ・ベルリン)も無名のときにU-21ボスニア代表に召集した。アメリカ留学を強制的にキャンセルさせ、当時パリSGハリルホジッチ二電話をかけ、イビシェビッチのパリSG入団をサポートした。7月のセレクション参加選手も同様だ。合格選手をヨーロッパのクラブに呼びたい。選手の皆様の最高のプレーを期待している」

イーブロ氏紹介 1957年ボスニア・ヘルツェゴビナ生まれ。抜群のテクニックを誇り、旧ユーゴスラビア(現在はクロアチア、セルビア、ボスニアなど7カ国が独立)で最高のタレント(年齢的にストイコビッチの先輩)と高評価を受け、U-19ユーゴスラビア代表キャプテンとして活躍し、U-21ユーゴスラビア代表に昇格し、祖国のために全力を尽くした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ソニー仙台FCを作ってみた【走れ!!ソニー仙台FC】

意外と【走れ!!ソニー仙台FC】

アジアの頂点を目指せ!【モンゴルから世界へ! FC墨田ウランバートルの挑戦!】

ブロガープロフィール

profile-iconwpsc

プロサッカー選手発掘・育成に定評の世界プロサッカー挑戦プロジェクト(略称:WPSCプロジェクト)プロサッカー選手に成るためのアカデミー(トレーニングセンター)とセレクションを実施中!!

現役プロ選手の海外移籍、卒業後や今後の進路相談にも応じております。 熱きハートを持ったサッカー選手(高校生、大学生、社会人)たちに世界へ羽ばたくチャンスを与えることで、日本、アジア、そして世界のサッカーの発展、国際交流に貢献することを目的としております。

第8回世界プロサッカー挑戦セレクション(昨年6月東京大学検見川グランド)合格の宮崎巧選手、高田章弘選手、山﨑貴斗選手がラトビア1部FSメッタとプロ契約、三浦一馬選手がチャンピオンズリーグベスト8の実績を誇るアルメニア・アララトとプロ契約。

第9回世界プロサッカー挑戦セレクション(昨年11月)合格の鈴木梨生選手:FKボラツ(ボスニア1部)、GK鈴木悦史選手:ウナガヌートFC(モンゴル)、林海斗選手:MKPシュチェチニク(ポーランドカップ出場)、西澤和真選手:レッヒ・リピン(ポーランド)が海外へと旅たちました。

第10回世界プロサッカー挑戦セレクション(今年7月)合格の久保田孔了選手:FCポムマーン・シュトラールズンド(ドイツ)、蔵元隼人選手:FCポロニア・スウビツェ(ポーランド)、仙葉秀一選手:NKシュパンスコ(クロアチア)、西尾龍也選手:ホルムホン(モンゴル)、松下圭佑選手:シャリンゴル(モンゴル)とヨーロッパやアジアで活躍しております。

次回第11回世界プロサッカー挑戦セレクションは、11月下旬に開催予定。

世界各国でプロ選手として活躍を夢見るサッカー選手のチャレンジをお待ちしております。

WPSCプロジェクト
2016年/実績
持宝克昌:FCドラニー(チェコ)
石川清太:セレンゲプレス(モンゴル)→バヤンゴルFC(モンゴル)
宮崎巧:FSメッタ(ラトビア)
高田章弘:FSメッタ(ラトビア)→FCシラク(アルメニア)
山﨑貴斗:FSメッタ(ラトビア)
三浦一馬:アララト・エレバン(アルメニア)


2017年/実績
鈴木梨生:FKボラツ(ボスニア1部)
GK鈴木悦史:ウナガヌートFC(モンゴル)
林海斗:MKPシュチェチニク(ポーランドカップ出場)
西澤和真:レッヒ・リピン(ポーランド)
久保田孔了:FCポムマーン・シュトラールズンド(ドイツ)
石原由規:スタリオンFC(フィリピン)
蔵元隼人:FCポロニア・スウビツェ(ポーランド)
仙葉秀一:NKシュパンスコ(クロアチア)
西尾龍也:ホルムホン(モンゴル)
松下圭佑:シャリンゴル(モンゴル)
宮崎巧 :FSメッタ(ラトビア)2年目
三浦一馬:ドレズデンコ(ポーランド) アルメニアより移籍
武田健太郎: NKコプリブニツァ(クロアチア)&HSKA(クロアチア)留学
雨貝賢 : NKシュパンスコ(クロアチア)留学
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:38328

(09月17日現在)

関連サイト:@wpscproject

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表へビッグアピール! 宮崎巧選手・衝撃のヨーロッパデビュー!
  2. 欧州全土に衝撃! MVP級の活躍を見せる持宝克昌選手!
  3. 最高のステップアップ! 東欧経由ビッグクラブ行き
  4. 三浦一馬選手、ヨーロッパ名門クラブとプロ契約!
  5. 日本代表へ強烈アピール! 宮崎巧スーパーゴール!
  6. 日本代表を目指し、ヨーロッパへ!
  7. ポーランド移籍のお知らせ/三浦一馬選手
  8. 仙葉秀一選手 クロアチアの名門クラブ入団のお知らせ
  9. イェルコ・レコ(クロアチア代表59試合出場)来日決定!
  10. 世界を目指すモンゴルで奮闘中の石川清太選手!

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss