世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)

世界を目指すモンゴルで奮闘中の石川清太選手!

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンゴル・ナショナルプレミアリーグ第11節 エルチム(モンゴル王者)○1-0×バヤンゴル(9位)

バヤンゴルFC所属・石川清太選手(道都大学→WPSCアカデミー)先発出場 平成の牛若丸こと石川清太選手は、左サイドハーフとしてシュート1本、ゴール前でのファウル=FKゲット。王者の猛攻を体を張り、マムシのように食らいつき、王者を散々苦しめた。

次節では、勝利をゲットすべく石川清太選手は全力を尽くします。

皆様、応援よろしくお願いします。

石川清太選手(イシカワ・セイタ) 生年月日: 1993年8月12日 出身地: 北海道函館市 身長・体重:154CM/51KG ポジション:右サイドハーフ/左サイドハーフ 趣味: サッカー/読書/外国語習得

<経歴> 函館市立北昭和小学校 函館市立亀田中学校 函館大谷高校 道都大学 WPSCアカデミー セレンゲプレスFC(モンゴル・ナショナルプレミアリーグ) バヤンゴルFC(モンゴル・ナショナルプレミアリーグ)

ー留学兼早目の準備で入団獲得! モンゴル・ナショナルプレミアリーグ2017現地入団テスト(9月15日出発) *2017年4月開幕予定だからこそ、早めにクラブに存在をアピール、異国の地への適応、モンゴル語習得も兼ねたプログラム! 時期:2016年9月15日(木)モンゴル出発 2~3週間

場所: モンゴル首都ウランバートル ポジション:全ポジション。大半のチームの来年の補強ポイントは、GKとDF! 年齢:17歳から28歳まで(29歳以上は、ご相談ください)

<モンゴル・ナショナルプレミアリーグ> ステップアップするには最高のリーグ、それがモンゴルです。 各クラブとも日本、アジア各国、ヨーロッパ、南米にスカウティングネットワークを築き、2010年南アフリカワールドカッ出場の北朝鮮代表選手の獲得に成功、モンゴルナショナルプレミアリーグでプレー! 2018年ロシアワールドカップ・アジア予選を戦う現役グアム代表ジョナハン・ロメロは、昨年名門ホルムホンでプレー。 2012シーズンにはリベリア人選手がモンゴル・ナショナルプレミア リーグで大活躍、リベリア代表に選考され2014ワールドカップアフリカ予選に出場しました。 日本人選手も多数プレーしており、元Jリーガーや海外組などハイレベルな選手がモンゴルで活躍、その後アジア、ヨーロッパなど世界各国へステップアップ。 このリーグではシーズン優勝チームがアジアクラブチャンピオン(AFCカップ)に出場する権利があり、アジア、ヨーロッパのスカウトも熱視線を送っている。 13年12月、モンゴル期待の星ムルン・アルタンホヤグ選手がタイ・クラビFCとプロ契約。モンゴル史上初のプロ選手が誕生し、モンゴルリーグの価値は急激に高まっております。 ムルン選手は、昨年3月、セルビアの新興勢力・マチュバ・シャバツと契約、モンゴル史上初の欧州組誕生となり、モンゴルサッカーレベルアップを証明しております。 海外組としてのキャリアをスタートし、次へステップアップしたい選手には最高のリーグとなっています。

2016年シーズン 外国人選手の出身国 ー日本(WPSCアカデミー出身・石川清太選手・バヤンゴルFCに移籍!) ーイングランド ーイタリア ースペイン ーアメリカ ―セルビア ーロシア ーカナダ ージャマイカ ートリニダード・トバゴ ーナイジェリア ートーゴ

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2016:天皇杯:2回戦:A:vsコンサドーレ札幌「リーグ戦とは少し違った戦術」【蹴鞠談議2】

香港プレミアリーグが開幕!和富大埔は昨季王者に惜敗【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

東海学園大学vs鈴鹿アンリミテッドFC(8月27日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

ブロガープロフィール

profile-iconwpsc

プロサッカー選手発掘・育成に定評の世界プロサッカー挑戦プロジェクト(略称:WPSCプロジェクト)プロサッカー選手に成るためのアカデミー(トレーニングセンター)とセレクションを実施中!!

現役プロ選手の海外移籍、卒業後や今後の進路相談にも応じております。 熱きハートを持ったサッカー選手(高校生、大学生、社会人)たちに世界へ羽ばたくチャンスを与えることで、日本、アジア、そして世界のサッカーの発展、国際交流に貢献することを目的としております。

第8回世界プロサッカー挑戦セレクション(昨年6月東京大学検見川グランド)合格の宮崎巧選手、高田章弘選手、山﨑貴斗選手がラトビア1部FSメッタとプロ契約、三浦一馬選手がチャンピオンズリーグベスト8の実績を誇るアルメニア・アララトとプロ契約。

第9回世界プロサッカー挑戦セレクション(昨年11月)合格の鈴木梨生選手:FKボラツ(ボスニア1部)、GK鈴木悦史選手:ウナガヌートFC(モンゴル)、林海斗選手:MKPシュチェチニク(ポーランドカップ出場)、西澤和真選手:レッヒ・リピン(ポーランド)が海外へと旅たちました。

第10回世界プロサッカー挑戦セレクション(今年7月)合格の久保田孔了選手:FCポムマーン・シュトラールズンド(ドイツ)、蔵元隼人選手:FCポロニア・スウビツェ(ポーランド)、仙葉秀一選手:NKシュパンスコ(クロアチア)、西尾龍也選手:ホルムホン(モンゴル)、松下圭佑選手:シャリンゴル(モンゴル)とヨーロッパやアジアで活躍しております。

次回第11回世界プロサッカー挑戦セレクションは、11月下旬に開催予定。

世界各国でプロ選手として活躍を夢見るサッカー選手のチャレンジをお待ちしております。

WPSCプロジェクト
2016年/実績
持宝克昌:FCドラニー(チェコ)
石川清太:セレンゲプレス(モンゴル)→バヤンゴルFC(モンゴル)
宮崎巧:FSメッタ(ラトビア)
高田章弘:FSメッタ(ラトビア)→FCシラク(アルメニア)
山﨑貴斗:FSメッタ(ラトビア)
三浦一馬:アララト・エレバン(アルメニア)


2017年/実績
鈴木梨生:FKボラツ(ボスニア1部)
GK鈴木悦史:ウナガヌートFC(モンゴル)
林海斗:MKPシュチェチニク(ポーランドカップ出場)
西澤和真:レッヒ・リピン(ポーランド)
久保田孔了:FCポムマーン・シュトラールズンド(ドイツ)
石原由規:スタリオンFC(フィリピン)
蔵元隼人:FCポロニア・スウビツェ(ポーランド)
仙葉秀一:NKシュパンスコ(クロアチア)
西尾龍也:ホルムホン(モンゴル)
松下圭佑:シャリンゴル(モンゴル)
宮崎巧 :FSメッタ(ラトビア)2年目
三浦一馬:ドレズデンコ(ポーランド) アルメニアより移籍
武田健太郎: NKコプリブニツァ(クロアチア)&HSKA(クロアチア)留学
雨貝賢 : NKシュパンスコ(クロアチア)留学
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:41371

(11月25日現在)

関連サイト:@wpscproject

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表へビッグアピール! 宮崎巧選手・衝撃のヨーロッパデビュー!
  2. 欧州全土に衝撃! MVP級の活躍を見せる持宝克昌選手!
  3. 最高のステップアップ! 東欧経由ビッグクラブ行き
  4. 三浦一馬選手、ヨーロッパ名門クラブとプロ契約!
  5. 日本代表へ強烈アピール! 宮崎巧スーパーゴール!
  6. 日本代表を目指し、ヨーロッパへ!
  7. ポーランド移籍のお知らせ/三浦一馬選手
  8. 仙葉秀一選手 クロアチアの名門クラブ入団のお知らせ
  9. 11月24日・25日 第11回世界プロサッカー挑戦セレクション開催!
  10. 世界を目指すモンゴルで奮闘中の石川清太選手!

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss