子犬の生活

ちょっと遅い開花宣言 ↑13位

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆J1第5節 千葉 4-0 横浜FC @フクアリ
  得点者: 27' 水野晃樹、65' 巻誠一郎、70' 羽生直剛、73' 山岸智(千葉)

 桜の花も散り始め、春爛漫という感じで、開花宣言には遅すぎますが、やっと勝ちました。

2493名 フクアリは浜風が吹くものの、以前よりはかなり暖かくなり、震えながら観戦という感じではなくなりました。今日は春休み最後の日?かどうかは知りませんが、デーゲームなので、キッズも多く、賑やかなスタンドでした(写真は試合前の声だしの一コマ)。

 ちなみに、女の子のファンが一番多いのは多分水野ですが、子供達のファンが一番多いのは、多分ストヤノフだと思います(人柄?それとも、応援コールのせいかな?)。

 さて、守備と攻撃は表裏一体とは言ったもので、良い守備は良い攻撃を生むし、良い攻撃は良い守備につながる。そんな感じのゲームでした。





 もともと横浜FCは「ハマナチオ」と言われるほどの守備のチームなので、とにかく先制点をあげないこと。これが何より重要な試合でした。

 横浜FCは、久保が怪我でベンチから外れたため、今回はシウバと難波の2TOP。中盤はダイヤモンド型で、前が奥、アンカーに山口という布陣。対する我らが千葉は、この所ナビスコで機能している巻の1TOPに、羽生、工藤の2シャドーWボランチは、勇人と下村。不動の両サイドは、水野、山岸、3バックは、水本、ジョーレに、リベロのストヤノフ。

 立ち上がりは、バックスでボールが足下におさまらず、特にジョーレのフィードが荒れ放題で、ちょっと危なっかしい感じだったのですが、一端ボールが落ち着き始めてからは、圧倒的に千葉がボールを支配。

 特に、中盤のリンクマンとして機能した工藤と、羽生がポイントを作りながら、斜めの動きでマークを引き剥がし、サイドの上がりを効果的に演出していました。

 守備は、カウンターが恐いということは熟知している様で、ボールの出所になる奥を勇人が徹底マーク。ピンチというピンチは作らせませんでした。

 ただ、なかなかゴールが決まらない。2シャドーの対応で、サイドと山口が引き気味なため、横浜FCは完全に5バックの様な形に。だから、攻撃はそんなに恐い感じは無かったのですが、余りに決定期を逃すと、そのうちお仕置きというやつが来るので安心はできません。と思った30分頃、サイドを駆け上がった水野が値千金のゴール。前半は、さらに攻め立て、山岸のサイドを切り崩して、マイナスのボールをダイレクトで打った勇人のシュートや、羽生のロナウジーニョ張りのパスをダイレクトボレーで打った山岸のシュートなど、決定機があったもののものにできず、1-0で終了。

 後半も立ち上がりは守備重視。これ、流れを掴む上で大事なことです。最初は、横浜も出てきて、ボール支配は50対50の感じだったのですが、20分に復活した巻ゴールで、2-0。これで、完全に横浜FCの息の音は止まりました。

 あとは、川崎戦の様に、運動量も落ちた横浜FCは形が作れず防戦一方に。羽生と山岸のゴールもあって、最終スコアは4-0で快勝。まさに、全員攻撃・全員守備の千葉サッカーが復活した Win BY Allの完勝ゲームでした。

 横浜FCは、守りのチームだけに、今日の様に先制されると、ジリ貧状態になってしまう。攻めの切り札的存在がいないのも厳しいところ。今後は、さらに怪我と疲労が追い打ちをかけるので、ホントに正念場。高木監督は、守備で行くのか、攻めのバリエーションを増やすのか、厳しい選択に迫られそう。チームカラーは嫌いじゃないので、頑張って欲しいんですけどね。

 以下、採点

岡本:6.5 やっと安定感が出てきた
水本:6.5 シウバを完封
ストヤノフ:7 右に左に動き、横浜の中盤守備を攪乱
ジョーレ:6 序盤はフィードが荒れ、中途半端な守備が多かったが、後半は落ち着きを取り戻した
勇人:7 奥を封じ込めた
下村:6.5 ナイス先制アシスト
水野:7.5 チームを蘇らせる値千金の先制点
工藤:7.5 阿部の穴を埋めてくれそう
羽生:7.5 やはりこの男の運動量は凄い
山岸:6.5 スランプ脱出か?
巻:7 復活!巻ゴール!

アマル・オシム監督:6.5 中盤の再構成に光明が見えたのは何よりの希望。ただ、後半、試した高速2TOPは機能せず、攻めのオプションはもう少し欲しい。

家本主審:4 勉強しなさい! 走りなさい!


次節は、アウェイの神戸戦。 桜は散るのが早いが、菜の花はなかなか散らないからね。 

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
子犬の生活 2007
タグ:
ジェフ千葉
横浜FC
水野晃樹

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:ちょっと遅い開花宣言 ↑13位

 JOさん、aspectさん、ふらっとさん、コメントありがとうございます。

 この試合を見て、アマル監督は、工藤+下村という形で、阿部の穴を埋める方法を見つけたような気がします。

 阿部は守備時は相手の中盤をきっちり抑え、攻撃時はバックスからのボールを一端貯めてから、前線に配球する重要なリンクマンとして機能していました。阿部は優れた選手でしたから、そう簡単に抜けた穴は埋まりません。

 でも、1人では埋められなくても、2人だったら、埋められますよね。横浜戦では、守備的な役目を下村が、リンクマンとしてタメを作る役目を工藤が果たすことで、中盤の守備と攻撃がかなりスムーズになっていました。


 一度、形が作れれば、そう簡単には瓦解しないと思うので、次戦も期待して良いと思います。まずは、水曜のガンバ戦。Win by All!


>>> PS. ファンタジー・サッカーは千葉固めをしたので、ガッツリポイント稼がせていただきました。(^^)


Re:ちょっと遅い開花宣言 ↑13位

引いて守るチームには勝てない印象が強かったのですが...(去年の札幌戦のトラウマか?)
昨日は気合いの入り方が違っていましたね。もうそろそろ結果を出さないとヤバイと本気で思ったのでしょう。

それにしても火災報知器...誤報とはいえ、試合が止まるでもなく、アナウンスがあるでもなく、危機管理は大丈夫なのかしら?

Re:ちょっと遅い開花宣言 ↑13位

フクアリ行って来ました!
リーグ戦初勝利おめでとうございます。

巻は前半は体が重そうで見てて心配でしたが
後半は見違えるようでした。シーズン初ゴールも認定されたようでホッとしました。

火災報知器は鳴るわし(誤報)、エサ狙いのカラスは飛び回るしで色々ハプニングもありましたが最高の試合でした。

Re:ちょっと遅い開花宣言 ↑13位

千葉はだんだん良くなってきたみたいですね。
ディフェンス時の連携が良くなればもっといいチームになりそうです。

こんな記事も読みたい

2006CWC【蹴鞠談議2】

サウジアラビア対マレーシア【たかすつとむのフォトブログ】

サッカー「日本×北朝鮮」【雑貨屋サッカー部 人生はサッカーのようなものである。】

ブロガープロフィール

profile-iconwinbyall

[[Center|winbyall-127479.jpg]]

 ↑冬モード
管理人: Pino☆

埼玉在住。なのに、オシムサッカーの虜になり、以来、千葉の大ファン。
自宅からフクアリまでは、約1時間半。途中、赤い人達に囲まれることも度々・・・。それでも、めげずにフクアリに通い続ける愛犬家(自称)。

リンクフリーです。宜しく。
  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:983584

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 破談
  2. サポーターに愛される選手とは
  3. 決戦は金曜日♪
  4. 冷たい雨の向こうに
  5. ドルトムント観戦記 その1
  6. ドルトムント観戦記 その3
  7. ドルトムント観戦記 その2
  8. ロンドン五輪代表 雑感
  9. 今さらながら町田戦
  10. 3連勝!やっぱりラスタだね。

月別アーカイブ

2012
12
11
08
05
04
03
2011
12
10
09
08
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss