バスケのデータ見ながら語ります。

考えるシリーズ

『クリス・ポール × ダントーニは最高』かを検証します

「クリス・ポールがいなければ勝率が3割下がる。クリッパーズはクリス・ポールに頼りすぎ」 欠場すると極端に勝率が下がり、7割も勝てるチームから4割も勝てないチームになるので、そんな風にクリッパーズを揶揄したのが昨季でした。 しかし、そんなクリス・ポールがロケッツに移籍すると同じ現象が起きました。開幕戦のケガでシーズン序盤を欠場し、そこから復帰するとロケッツの勝率が3割上がりました。 ただし、今度......続きを読む»

ベンチメンバーでオールスター イースト編

ベンチメンバーでオールスターを選んでみよう。イースト編です。 ベンチスタート時の平均得点を並べると10位まで全てウエストの選手が出てきます。ランドルフやアンダーソンみたいに1試合だけベンチスタートだった選手も含めてではありますが。 それだけウエストの方に選手が集まっているだけでなく、ベンチからのパターンを重要視しているとも言えます。試合には変化が必要と捉えていそうです。 得点力のある選手をベンチ......続きを読む»

ベンチメンバーでオールスター ウエスト編

オールスターを選んでみよう。 そんな題名でここまでの活躍ぶりを振り返ってみようかと思いましたが、書いてみたら誰もが予想するテンプレみたいになってあまり面白くなかったので企画変更します。 オールスターには選ばれないけど、今季活躍している選手を選んでみよう。選出基準が難しいのでこんな企画にしてみます。 『ベンチメンバーのオールスターを選ぼう』 基本はベンチメンバーですが、ケガなどでスターターにな......続きを読む»

好調だけど不調なブレイザーズ

リクエスト頂いたのでブレイザーズ編です。 ペリカンズ戦前の時点で13勝9敗で勝率8位につけていました。(敗戦で順位は下がります) 中位が団子状態とはいえ、激しい争いが予想されるウエストにおいてブレイザーズの存在は他チームのファンとしては気になる好調さかと思います。 一方でファンからすると少し物足りない状態でもありそうです。そんな不思議な立ち位置にいるのが今季のブレイザーズ。 そんなわけで今回の......続きを読む»

11月の月間MVPを選んでみよう

11月の月間MVPを選んでみよう。 先月のMVPだったカズンズは急速に失速しました。22点12リバウンド5アシストなのに失速と言われる高レベルのカズンズです。 ◉選出基準 こんな感じで決めています。テンプレ。 ・スタッツみて優れている選手を確認 ・自分で観た試合で印象的な活躍をしている 片方だと偏りそうなので両方で考えてますが、実質は観た試合での活躍ぶりです。 ちなみにレポートした試合以外......続きを読む»

フィッツデイルとガソル

開幕から7勝4敗と好調なスタートを切ったグリズリーズはそこから8連敗し、フィッツデイルHCをクビにしました。 多くのNBAプレーヤー(主にヒートAC時代の選手)から惜しむ声が出ていましたが、優秀なHCで内容的にも解任には相応しくありませんでした。おそらく仕事に困る事はないでしょうが、地味なチームで理解し難い仕事をしていたので日本では馴染みもないでしょう。 衰退すると思われた昨季からグリズリーズの......続きを読む»

ピストンズの見え難い強さを探る 〜成熟を促す戦術〜

20試合が経過してバランスが取れ始めてきましたが、予想と違う順位にいるチームには何かしらの理由があります。懸念事項が表に出たり、エースがケガしたり、PGが当たったり。理由というか言い訳の余地があるわけです。 そんな中で完璧に外したのはデトロイト・ピストンズ。13勝6敗でイースト2位についています。もう何の言い訳も出来ない好調さです。開幕前の予想はこんな感じ。 『ブラッドリーも加入し、ドラモンドの......続きを読む»

ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜

セルティックスの強さを分解してみるオフェンス編です。 ディフェンス編ではジェイレン・ブラウンがもたらした要素の大きさを知っていただけたと思います。オフェンス編は説明し難いスティーブンス・マジックを推論していく事になります。推論です。 今回出てくる数字は話題になった事もあり、知っている方も多いと思いますが、読む人様々なので「そんなの知ってるぜ」と言わずにお付き合い下さい。 1番有名なのは今季のア......続きを読む»

ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜

そろそろセルティックスについて考えてみましょう。この記事を8割くらい書いた段階で3敗目を喫してしまいましたが、それでも素晴らしい勝率であると共に、強さを感じさせるチームです。特にウォーリアーズ戦の勝利は印象深いものがありました。 アーヴィングやホーフォードが欠場しても勝ち続けたセルティックス。現時点でどれくらいのレベルにいるのか、近年のチームと比較してみます。 1年前の11月終了時点の成績上位は......続きを読む»

センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜

センターと戦術の関係性に触れる後編です。 センターと戦術を色分けしたのは、 「インサイドをどう攻めるか?」 という視点でセンターをどこに置くかは現代的なポイントになるからです。3Pを打たせるのは有効な手段ですが、目的がインサイドを攻める方法なので3P以外にも戦術的方法論があるわけです。 簡単に言えばスペーシングする方法論を考えていった結果です。チームによって考え方は様々ですが、それでもやっぱ......続きを読む»

センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜

「現代センターはアウトサイドからも攻められないとダメだぜ!」 そんな固定観念に縛られていませんか? それは多分、2年前の話。だから昨季のトレンドはストレッチ5でした。代表格はブルック・ロペスとマルク・ガソル。3Pなんて全く打たなかった2人は昨季から連打するようになりました。戦術の変化に合わせて必要な武器を新たに取り入れたわけです。 ポイントは《戦術に合わせて》です。 , , , チャイニン......続きを読む»

バックスが勝てない理由「戦略設計から導かれた敗北」

コービーから出たアンテトクンポへの課題はMVP! 次代を担うスーパースターとしての道を突き進みモンスター化していきます。誰も止められないその能力と若いながらもチームプレーで結束するバックスのリーダーとして大活躍。 しかし、チームは4勝6敗と負け越しスタートです。その理由を探っていくのが今回のテーマです。 , , , ◉大活躍してるアンテトクンポ。一方チームメイトは? ◯アンテトクンポ 得点 ......続きを読む»

サンダーが勝てない理由「ドノバンHCの苦悩」

新ビック3を結成したサンダー。開幕戦後にSNS検索すると賞賛の言葉がたくさんありましたが、そんな時期も今は昔。キングスにも負けてまさかの勝率5割を割りました。 ウルブズとの2戦は致し方ない部分もありますが、さすがにちょっと負け過ぎです。何がダメなのか、何となく答えは持っていたのですが、まぁそれ以前の問題がありました。 , , , ◉ロバーソンを笑えない ロバーソンってご存知ですよね? オー......続きを読む»

月間MVPを選んでみた 〜2017年10月

10月の月間MVPを決めてみよう。 こんな感じで決めています。 ・スタッツみて優れている選手を確認 ・管理人が観た試合で印象的な活躍をしている 片方だと偏りそうなので両方で考えてますが、実質は観た試合での活躍ぶりです。 ちなみにレポートした試合以外も観ています。多分、普通のNBAを現場取材している記者よりも観ていると思うので、むしろみんなどうやって選んでいるのか?と思います。やっぱりスタッツ......続きを読む»

インディアナ・ペイサーズを確認しておこう

そろそろインディアナ・ペイサーズを確認しておこうのコーナーです。基本的にはサプライズと捉えられているであろうペイサーズですが、わざわざプレビューしたように注目していました。 http://sp.plus-blog.sportsnavi.com/whynot/article/166?article_page=2 まとめるとこんな感じ ・昨季から機動力重視に切り替えたけど、メンバー構成に失敗してい......続きを読む»

17-18プレシーズンで気になった事を書く

プレシーズンは新戦力のお試し期間だったり、当落線上プレーヤーの絞り込みだったり、戦術革命の実験だったりします。マインド育成のため、全力ではないけど勝ちに拘るチームもたまにあります。 勝敗は関係ないけど、気になる点はいろいろ出てくるので、羅列していきたいと思います。これがそのままシーズンで使われるかわからないのも肝です。 , , , ◉戦術変更 昨季のスタート時から全チームHCの変更はありませ......続きを読む»

17-18シーズン順位予想 ウエスト編

ウエストの順位予想です。 ワイルド・ワイルド・ウエストの時代はまだまだ続くどころか更に進行してしまい、プレーオフのフォーマット変更なんて話まで出てきました。そんな超激戦ですから順位なんてわからないので、シーズン中のドラマ予想でもあります。 でも1度書いてみたら、思った以上につまらない内容だったので注目したいスタッツを書き足してみました。 , , , 1位 ウォーリアーズ 63〜69勝 ......続きを読む»

17-18シーズン順位予想 イースト編

イーストの順位予想です。プレビューしていないのは、ピストンズ、ネッツ、ニックス、ホークス、ブルズ、マジックの6チームです。そこはもう適当な内容になります。 , , , 1位 キャブス 60勝+。 強くなったかどうかはプレーオフになってから。しかし、確実に安定感は増しました。ラブをセンター起用するというのも、セカンドユニットが強くなるのでプラス要素です。 これまで足りなかったシーズンへのモ......続きを読む»

17-18シーズン予想 ウエストプレーオフ争い編

プレビューばかりも飽きるのでちょっとだけ順位予想にいきます。今回のテーマはウエストのプレーオフ争いです。 ◉当確チーム 当確というか負けたらダメなチーム。50勝出来なければ失敗レベル。仮にエースがケガしてもプレーオフに出れないとか許されないよね。 ウォーリアーズ スパーズ ロケッツ サンダー ウルブズ これらのチームはプレビューもこれからです。もう少し考えてみましょう。 問題は残りの3枠で......続きを読む»

スティーブ・カーとダントー二 おまけ

スティーブ・カーとダントーニはシステムは同じだけどセットが違うと書きました。自分のテストを兼ねて画像で見ていきたいと思います。 まぁ都合の良いシーンを切り取っただけなので、傾向でしかありません。 ①ダントーニはPG優秀じゃないと勝てない。カーは誰でも出来るようにプレーを簡単に変えている。 ②インサイドを空けてダイブさせる。ウォーリアーズはさらにスモールラインナップでリムプロテクターを外してしまう......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:16963
  • 累計のページビュー:1694622

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. カイリーのトレードが決まらない
  5. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. 今季のキャブスを振り返る
  8. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  9. バトラーのトレードを考える
  10. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss