バスケのデータ見ながら語ります。

バックスの今季を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

バックスの今季を振り返る。シーズン前のレビューは公式サイトから。

http://www.nba.co.jp/nba/2016-17-team-analysis-bucks/6w6xf7m35rlo1jt1vhmzb8koh

昨季33勝→今季42勝

今季の躍進が期待されたチームはそれなりに満足のいく結果を手に入れた。それなり、というのは単に昨季が悪すぎただけで、勝率5割というのは現実的なラインではあったから。

◉アンデトクンポの躍進

今季のMIP候補アンデトクンポは得点、アシスト、リバウンド、スティール、ブロックの5部門でトップ20位に入った初めての選手となった。20位となると珍しいのはスティールとブロックだから、むしろ今までいなかったのが驚き。

既に昨季の時点でスーパーだったので、そこまで躍進した感はなかったのだけど、全部門で数字をあげたことは素晴らしい。

そしてアンデトクンポからこのチームの変化を推し量る事が出来る。縮図のような選手。そしてキッドHCのイメージとは随分違うチーム。

, , ,

◉オフェンス効率を高める。

キッドといえばネッツに移籍した年に前年26勝だったチームを52勝まで引き上げ、イースト優勝しファイナルまで駆け上がった。 それはキッドによるファストブレイクがイーストを席巻した年でもあった。今でいえばウォーリアーズに近いよね。

そんなイメージのキッドだけど、バックスは逆で非常にペースの遅いチームである。リーグで5番目にペースの遅いチームであり、それ故に失点もリーグで9番目に少ない。なお、にも関わらずプレイオフではラプターズに遅いペースに持ち込まれて負けてしまったのは若さ故か。

ちなみに調べてみると当時のネッツはリーグで7番目に早いチームだけど、リーグ全体が遅かったので今のバックスより遅い。

速攻での得点 13位 ペイント内得点 3位 2ndチャンス 26位 リバウンド 29位 3P成功数 22位

遅いペースの割には速攻での得点が多く、ペイント内の得点が多い割にはリバウンドが少なくインサイドが強い訳ではない。また3Pは少ない。アンデトクンポの得点の仕方そのものな気もする。

あのサイズでドライブされたらダンクされてしまう。ただ1on1として抜く能力が高いわけではなく、3Pが得意でもない。

なお、3Pはアテンプトが少ないだけで成功率は高いのでアンデトクンポとチームでは違う。

, , ,

アシスト 5位 FG成功率 4位

ペースは遅いが速攻やペイントで得点していき、ボールをシェアして得点の確実性を高めるオフェンスを展開した。このオフェンスが安定した事で得点を4.6点伸ばし、勝利数を増やした。 しかし、その割にオフェンスレーティングでは13位とイマイチ振るわないので来年への課題となる。

, , ,

◉PG問題

シーズン前からPGに不安を抱えていた。確かにアンデトクンポがリバウンドからそのまま運んでいく形は悪くないが、ハーフコートでの展開力には欠けるし、何より3Pの確率が悪過ぎる。それはマイケルカーターウイリアムスも同様だ。さらにジャバリパーカーやミドルトンがケガをする事でアンデトクンポがウィングの役割をこなす方が大切になってきた。

それが意外にも良い方向に転ぶ。初の2巡目指名での新人王候補となっているブログトンが頭角を現した事だ。流石にここまでフィットするとはフロントも考えていなかったはずた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【Bリーグ】2017/5/14 QF Game2 サンロッカーズ渋谷●82-98○川崎ブレイブサンダース。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ラウリーの移籍先を考える【バスケのデータ見ながら語ります。】

グリズリーズの今季を振り返る【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2030289

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss