バスケのデータ見ながら語ります。

ウエストファイナル 展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーリアーズ(1位)とスパーズ(2位)の対戦。シーズン中はスパーズの2勝1敗。それぞれアウェーでも勝ってるよ。

◉3Pを打たせるウォーリアーズと打たないスパーズ

ウォーリアーズが3Pを打つ事はみんな知っているが、打たせた数も平均28本でリーグ20位と多い。その代わり3FG%が32.4%でリーグで最も抑えている。

対してスパーズは平均23.5本しか打たない(リーグ25位)。でも成功率は39%で1位だ。

シーズン中の対戦でも、44%、50%決めた試合に勝利し、37%で負けた。

というわけで、好勝負の期待に反し、単なる3Pの成功率で勝負が決まる可能性がある。そんなスパーズでプレイオフに入って確率が高いのはパーカー&レナード。なんという悲劇か。次がミルズで40%なので、ファンはレナードが万全で戻る事を祈るべきだろう。

, , ,

◉レナード対デュラントのカギを握るもの

当然のエース対決。1on1のオフェンスで無類の強さを誇るデュラントに、ディフェンスで無類の強さを誇るレナード。矛盾ってやつです。

そんな2人のカギを握るのは、ウォーリアーズはトンプソン。凄い確率で決めているデュラントだけど、それはトンプソンが決まらないからでもある。不調のトンプソンが決め始めるとウォーリアーズは高速回転するので、デュラントを止める所ではなくなる。回転しなければインサイドが高いスパーズなのでレナードはプレッシャーをかけやすくなる。

一方のスパーズでカギを握るのはオルドリッジ。ロケッツとの最終戦で自分がリズムを掴むとともに、チームとしても前後のギャップを使えるようになった。ギャップが出来たらレナードは決めてくるよ。

更に言えば多分デュラントはオルドリッジのマークになり、レナードはイグダラが担当する。オルドリッジがデュラントに勝てるのかも重要。実は7フッターでウィングスパンの長いデュラントはオルドリッジには天敵な気もする。その点でもオルドリッジはキーとなる。

, , ,

◉カリーとグリーンのホットラインは機能するのか。

3Pが少ないスパーズは裏を返せばインサイドで得点される事を嫌がる。ポポビッチはウォーリアーズのバックドアが1番嫌いだろう。それならグリーンに3Pを打たせるはずだ。ジャズ戦ではシュートが入ったのでゴキゲンだったけど、グリーンはやっぱり問題児なのでシュートを落とし始めたらファールも重みそう。

カリーはシュートを決めると思うが、その前のグリーンにトラブルを起こさせる事を狙うのではないだろうか。

リーグで最もアシストの多いウォーリアーズ。2位を5本近く離している。一方で負け試合の自分達のアシストも5本くらい少ない。 つまり普通のチーム程度のアシスト数に抑え込めば、ウォーリアーズの勝率を落とせる事になる。バックドアを優先して防ぐのは間違いではないと思う。

, , ,

◉予想

ウォーリアーズの4勝2敗

カリーは自分のシュートでチームのテンポを急激に上がる事が出来る。スパーズもパーカーがテンポコントロールをするのだが不在。ミルズはパーカーよりも良い選手ではあるがテンポコントロールは出来ない。

お互いに相手への対策を取り難い展開の中ではテンポコントロール出来るのは重要になる。その差でウォーリアーズが勢いに乗れると考えている。

カリーが活躍するシリーズになればウォーリアーズのテンポ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ウォーリアーズ
スパーズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA】WCSF SAS 4-2 HOU , オルドリッジが34P12R、スパーズがウエスタンカンファレンス・ファイナルへ。#NBAPlayoffs【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

スパーズ 対 ロケッツ 第6戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

B.LEAGUEチャンピオンシップQF および B2プレイオフ SF 予測【konakalab】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2030289

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss