バスケのデータ見ながら語ります。

サンダー(ウエストブルック)の今季を振り返る①トリプルダブル編

このエントリーをはてなブックマークに追加

サンダーの今季を振り返ってみる。なお、管理人はサンダーファンのためチーム構成のトリプルダブル編と反省展望編に分けた二部構成です。

シーズン前のレビューは公式サイトから。

http://www.nba.co.jp/nba/2016-17-team-analysis-thunder/34xr15bmk0jq16uj7hvcg2lpc

, , ,

サンダーの今季を評価するのは難しい。 スタートを昨季終了時点にするなら大きなマイナスだ。デュラントを失ったのだから。シーズン開幕時から考えると大きなプラスだったといえる。

昨季55勝→47勝

リーグでレブロンに次ぐナンバー2の選手を失ったチームが8つしかか勝利数を落とさなかったのだから、それは成功以外の何物でもない。レブロンを失ったヒートは17も失っている。どちらもケガの事は無視した場合だけど。

, , ,

◉ウエストブルックのチーム

ウエストブルックのチームとなり、シーズン前からトリプルダブルについて騒がれていた。今考えるとそれは奇妙でもある。例えば同じようにオールラウンドなスタッツを残すレブロンはそんな事騒がれた事はない。 そしてシーズンが進むにつれ、サンダーがウエストブルックをリーグ1のスターにするために計画したマーケティングではなかったのかとすら思うようになった。

このチームはウエストブルックがスタッツを残しやすいように設計されている。ボールを持ちすぎ、スタッツ稼ぎと批判する人もいるけど、そういうチーム設計なのだからウエストブルックがスタッツ優先な訳ではない。 (最後の数試合除いて)

, , ,

◉リバウンド数を増やす。

昨季7.8→10.7

トリプルダブルの1番の課題はリバウンド数である。それはセンター並のウイングスパンを持つデュラントの穴をどうするか、というチームの課題とも重なった。

チームは得点源としてマジックでくすぶっていたオラディポを獲得する。本当はSFが理想だが獲得出来る良い選手がいなかった。ロバーソンと2人で相手の得点源へのディフェンスを担当する事になる。 自然とウエストブルックは相手のアウトサイドで最も得点力のない選手につく事になる。ボールチェックでアウトサイドに広がるケースが少なく、ヘルプポジションを取ることが多い。これによりリングの近くに位置するのでディフェンスリバウンドへの参加数が増える事になった。

その結果、ディフェンスリバウンドの占有率が23%から35%に増えた。オフェンスリバウンドはほぼ横ばいなので、チームとして取らせに行っている事がわかる。リングに近いのでついでにブロック数も微増した。

ひとつの例としてウエストブルックがリバウンドを取らなかった試合を調べると、ブレイザーズ戦のリバウンド数が6.4.7.3と4試合全て一桁になっている。ブレイザーズはリバウンドが強いチームではない。しかし、リラードとマカラムの速いガードコンビがいる。そのためハイライトをみるとリラードのマークになるケースが多く、リバウンド時にリングから離れているのだ。 なお、アシストも全て一桁。今季のダブルダブル出来なかった18試合の内、4試合がブレイザーズ戦だった事になる。なお、得点はいっぱい取ってるので不調とかではない。リバウンドからの速攻アシストが難しくなるからかもしれない。

スティールがキャリアでも3年目以降で最低となった。これはボールハンドラーをマークする機会が減り、スティールを狙い難くなったと考えられる。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
チーム展望
タグ:
サンダー
ウエストブルック

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA】WCSF SAS 3-2 HOU , クラッチタイムでジノビリがハーデンをブロック、スパーズ王手。#NBAPlayoffs【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【湘南校舎男子バスケットボール部】関東大学選手権大会閉幕 敗戦を糧に成長を誓う【東海スポーツ】

B.LEAGUEチャンピオンシップの予測と,その制度の不備について【konakalab】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2569
  • 累計のページビュー:2020362

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss