バスケのデータ見ながら語ります。

キャブス 対 ラプターズ 第2戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャブス ラプターズ

◉本日はスモールラインナップ

早い展開はNGなのにファーストラウンドの成功からかスモールラインナップに変更したラプターズ。 バランチューナスとキャロルを外し、パターソンとパウエルをいれる積極采配。パターソンをいれるのはわかる。相手がラブなのでインサイドよりアウトサイドディフェンス。 キャロルを外したのは戦術よりも単に調子が悪いからかもしれない。でも、それならタッカーでも良くない?

そんな試合はキャブスが先手を奪う。細部は色々あるけど、キャブスが良すぎた1Qだった。12/17で3P5本全て決められたら34点取られるのは仕方ない。でも、この試合はスモールラインナップ。3Pそんなに打たれちゃダメ。

キャブスのシュートが落ちなかったとはいえ、ラプターズのスターターが記録したリバウンドはパターソンの1のみ。オフェンスリバウンドはゼロ。

ラプターズはベンチから出てきたバランチューナスが反撃する。元々センターのいないキャブスには有効なバランチューナス。周囲が動きを作って合わせてフィニッシュするのは流れも良ければペースコントロールにも繋がる。

しかし、なんとも噛み合わせが悪いのはフライに当たりがあった。ここまで入ってしまうのはバランチューナスを責めてはいけない。

出場した20分でFG77%の23点と大活躍したバランチューナスなのに、オフェンスレーティング(100ポゼッションあたりのチーム得点)が74点とすこぶる悪い。ディフェンスも悪い。

ボールを持ちすぎるとかミスが多いとか、そんな要素のないプレーなのでチームのオフェンスコーディネートが悪い。

小さいラインナップのはずが、結果を残したのはバランチューナス。そしてこの試合も103ポゼッションペースとキャブスがノリノリになる展開。 スモールラインナップが早さへの対抗で点の取り合い挑んだのか、スピードのミスマッチ減らしてディフェンスのテコいれだったのか、ラプターズの狙いはさっぱりわからなかった。

, , ,

◉いつも活躍レブロン

チームメイトが良いとご機嫌のレブロン。余裕綽々でシュートを決めまくり39点。アシストが4つなのは、むしろ余裕だからアーヴィングに任せている感じすらある。

そのアーヴィングは11アシストもレイアップやフローターが入らず。なんとも荒い活躍をする。

マッチアップのラウリーはFG58%で20点と活躍。チェイスしてこないアーヴィングが緩い。

対してデローザンがディフェンダーのjrスミスに止められた。こいつまだスタメンなの?と思っていたけど、ディフェンダーとしてポジション守ってるのね。

気になるのは得点出来ないデローザンを1on1させてしまうラプターズ。nba.comの展望でキャブスのピック&ロールのボールマンに得点される弱点が出ていたが、ラウリーはまさにそのパターンでチェイスの甘いアーヴィングから得点している。 しかし、デローザンへは効果的にピックに来ない。オープンに打ち合う展開になった要因でもある。

イバカもパターソンもピック&ポップ出来るのだから、こちらもオフェンスコーディネートの疑問。

, , ,

◉勝敗に影響はしないけど

キャブスは54%も3Pを決めた。これが勝因。それは良い。

第1戦の疑問はラプターズが追い上げた時間に突然キャブスのフリースローが増えた事。 この試合でもレブロンは21回フリースローラインに立った。ラプターズはチームで19回だ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ラプターズ
レブロン
キャブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【湘南校舎男子バスケットボール部】課題を克服し優勝にむかう【東海スポーツ】

【Bリーグ】2017/5/3 Game58 サンロッカーズ渋谷○93-85●新潟アルビレックスBB。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【Bリーグ】16-17 第58Game 京都ハンナリーズ VS シーホース三河【京都ハンナリーズ観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:14037
  • 累計のページビュー:1335130

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. バトラーのトレードを考える
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  8. FA・トレード 20170717
  9. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編
  10. FA・トレード 気になるチーム

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss