バスケのデータ見ながら語ります。

スパーズ 対 ロケッツ 第1戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロケッツ 126 スパーズ 99

キャブス対ラプターズなんかまだまだ圧勝とは言えないよ。とでも言いたくなる様な試合。ロケッツが50本の3Pを打って22本決めて、ほとんどの観客を早々に帰宅させた。

こういう離れた試合はスタッツに意味がなくなるから、書く事ないのだけど、それだとブログの意味ないので少しずつ触れてみよう。

, , ,

◉エース対決

ハーデンは20点14アシスト3ターンオーバー。得点が少ないのは自分で無理する必要がなかったから。そして3ターンオーバーはイージーな戦いだった証拠だろう。最も接戦にならなかったのでレナードのプレッシャーを受けなくて済んだ。スパーズからすると余力はある。

スパーズはレナード。マークのアリーザはフィジカルには来ないでポイントを押さえるタイプ。初めは良かったがリズムを乱されたか、7本目からシュートが入らなくなりFG36%21点。3Pは入っていたのだけど。 しかも逆にアリーザに23点を許してしまった。

ノンフィジカルなマッチアップはハーデンには吉とでてレナードには凶と出た。

, , ,

◉オルドリッジ対アンダーソン

どちらもファーストラウンドでイマイチだったけど、勝つべきオルドリッジと抵抗出来れば十分なアンダーソンのはずが、アンダーソンが3Pに当たりが出てきて10本を放ち14点をあげたのに対し、エースのはずのオルドリッジは4点のみ。ここが勝負の分かれ目だったね。

おそらくスパーズもアンダーソンには打たせても良いと踏んでいたはず。だから1Qに4本のアテンプトに繋がっている。ここでスペースを広げられたため、怒涛の3P攻勢にあった。

, , ,

◉ベンチ対決

ベンチも含めて自信のある両チーム。正直、この試合ではその出来が勝敗に左右される事はないくらいスターターで差が出た。

ロケッツはゴードン・ネネイ・ルーウィリアムスが揃ってFG50%と好調を維持。まぁ維持レベル。

スパーズもミルズ・ガソル、そしてジノビリが働いた。

ベンチ対決は次戦以降に持ち越し。

, , ,

◉3P対ミドル

3Pだけで66点を奪い、ペイントで36点のロケッツ。これだけでスパーズを上回る。なお、ミドルでの得点はなし。

スパーズも3Pは31%で27点とそこまで悪くはない。ペイントは32点。 ミドルレンジをしっかり決めてディフェンスのプレッシャーを軽減するのがスパーズの仕組みなのに失敗した。

FG87本中50本を3Pにしたロケッツの徹底ぶりが生み出した大勝利だった。アリーザ&アンダーソンで20本打っているので、ファーストラウンドを受けて準備した作戦でもあったのだろう。

次戦は警戒してくるスパーズに対し、ハーデン50点作戦をとってくるかもね。シーズンのスパーズ戦は39点が最高で、それもFG65%とバカ当たりした試合なので、まだその作戦は見せていないかもしれない。

スパーズからすると、あまりに離れたので最後はスターターを休ませられたくらいしか収穫のない試合。レナード以外が働かなければ大変な事になるよ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
オルドリッジ
ハーデン
アンダーソン
アリーザ
ロケッツ
レナード
スパーズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

キャブス 対 ラプターズ 第1戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

バスケットボール部・第66回関東大学バスケットボール選手権大会5回戦 対東経大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ミズーリ州はラプターズ全力応援、ウィザーズはその逆!衝撃の理由とは!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:488
  • 累計のページビュー:710261

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. FA・トレード 20170717
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. バトラーのトレードを考える
  8. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  9. FA・トレード 気になるチーム
  10. ウォーリアーズの今季を振り返る

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss