バスケのデータ見ながら語ります。

キャブス 対 ラプターズ 第1戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャブス 116 ラプターズ 105

昨年のカンファレンスファイナルの再現はキャブスの圧勝で幕を開けた。

◉何が両チームを分けたのか。

実質的に3Qで勝負が決まった試合で、終始キャブスが大きくリードしているが3Qに一時はラプターズが追いつきそうになっている。しかし3Q中盤から一気にキャブスが突き放した。十分に射程圏に捉えたラプターズだったがフリースローは1本しか与えられなかった。キャブスは15本打っている。試合全体を通しても14本差であり、勝敗を分けるキーポイントになった。

, , ,

◉オフェンス勝負

ラプターズのスタメンは通常のラインナップだった。この判断は正しく、インサイドでは優位に立てた。しかし、ケビン・ラブの対処に困るのも事実。オフェンスで外から決めたイバカだったが、もう少し確率を上げないとアドバンテージは取れない。

ファーストラウンドでラプターズはスモールラインナップにしたが、その狙いはディフェンス力の向上にあった。走力で負けないディフェンス。 この試合ではビックラインナップにしたが、試合のペースが上げるキャブスのペースに付き合ったラプターズのガード陣。

92回ペースで勝ってきたのにこの試合では102回。ペイサーズとのオフェンス勝負でさえ98回ペースだからかなり早いペースだ。

バランチューナスとトンプソンのマッチアップを考えたら、この選択肢は理解出来ない。 デローザン19点、ラウリー20点11アシストだが、この展開では2人で60点近く取らなければ勝てない。

なお、レブロン&アーヴィングは59点なのでこれが勝つための目安になる。

ビックラインナップを選択したのに、ペースを上げてしまうラプターズ。予定通り上げさせたキャブス。両方が事実の試合であり、オフェンス勝負こそがキャブスの正しい選択。

, , ,

◉ベンチメンバー

キャブスのベンチメンバーは豪華だ。豪華だが機能してるのはフライくらい。たまにコーバー。

対してビックネームはいないけど、仕事人のラプターズベンチ。

ベンチポイントは42ー22と圧倒したラプターズだけど、スターターと同じ様な確率で決めたキャブスに対して、確率の悪かったラプターズ。 得点数に反して機能しなかった。特にショットチャートでみると、パターソン・タッカー・パウエルがスペーサーとして決めなければならないコーナーからの3Pを外している事がよくわかる。

http://on.nba.com/2qyoGBo

キャブスからすると、これくらいの活躍をしてくれれば十分。

, , ,

◉予想外のアーヴィング

ゲームメイクなんてしないと踏んでいたアーヴィングがアシスト面でも活躍。その結果、レブロンが左右のウィングからのシュート中心になり、一部ラブに偏っていた左サイドが改善した。

点差ほどの差はないけど、レフリングを別にすればペースを全てキャブスがコントロール出来た試合。 次に繋がる部分は特になし。ラプターズはとりあえず、バランチューナスでしっかり攻める調整くらいはしよう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
アーヴィング
ラプターズ
レブロン
キャブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バスケットボール部・第66回関東大学バスケットボール選手権大会5回戦 対東経大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ミズーリ州はラプターズ全力応援、ウィザーズはその逆!衝撃の理由とは!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【NBA】R1 UTA 4-3 LAC , ジャズが7戦でクリッパーズ撃破、さらばP・ピアース。 #NBAPlayoffs【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12170
  • 累計のページビュー:727109

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. FA・トレード 20170717
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. バトラーのトレードを考える
  8. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  9. FA・トレード 気になるチーム
  10. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss