バスケのデータ見ながら語ります。

セルティックス 対 ウィザーズ 第1戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

セルティックス 123 ウィザーズ 111

シーズン中同様にハイスコアの展開となった1戦は3Qに失速したウィザーズを捉え、逆転でセルティックスがモノにした。

今季はディフェンス力が落ちたと評されるセルティックスだけど、今シーズンのアトレティコ・マドリーがレアルに負けた教訓からポゼッションで如何に結果を残すかを探ったのと同様に、スモールラインナップだからこそ守るだけでは安定して勝てないと考えた故の変化だと思う。それをやり過ぎてディフェンス出来なくなったペイサーズと違いメンバーもHCも変わらないセルティックスは、こういうオフェンス対決にも対応出来るようになった。

, , ,

◉スモールラインナップ対策

セルティックスはブルズ戦同様のスモールラインナップで臨んできた。 試合はゴータットのゴール下で始まり、オフェンスリバウンドからの3P、アシストとゴータット劇場になり、いきなり16ー0とウィザーズがリードする。

堪らずアミール・ジョンソンが出てきてブロックするなど、少しずつセルティックスがペースを取り戻し、同じくベンチから出てきたオリニクが1Qだけで10点とり、ウィザーズに食らいく。

2Qも連続得点でセルティックスが追いついた所でアクシデント。モリスがジャンプショットを返した着地でホーフォードの足を踏みヤバそうな捻挫。

ここで実質ウィザーズのとれる対応策が絞られた。モリスの代役はいないのでセルティックスに付き合うしかない。インサイド強調で対抗する術がなくなる。

可哀想なアミール・ジョンソン。このシリーズでも出番を失いそうだ。

, , ,

◉エース対決

ウォール 20点16アシスト ビール 27点

トーマス 33点 9アシスト

両チームともエースが機能した。ハイスコアゲームなので、お互いにもう少し高くても良いくらい。

そんな躍動するエース達だがセルティックスにはディフェンダーのブラッドリーとスマートがいる。3Qにこの2人が活躍し、ウォールからボールを奪い、さらにブロックで阻む。 ウォールは3Qだけで5ターンオーバーを喫する。さらにセルティックスはその勢いから6つのオフェンスリバウンドも拾って、ここで最大15点のリードを奪った。

エース対決はトーマスが3Pが不調の分、ウィザーズに分があると予想していたが、この試合は5/11と復活したトーマス。 インサイドで潰されるのを回避し始めてからタッチが悪くなったけど、このプレーにも慣れてきたのか。ウィザーズからするといきなり復活しなくても・・・と言いたくなるくらい外のシュートで圧倒した。

さらにブラッドリー・オリニクもブルズ戦からの良い流れが続き、クラウダーまで決めてしまうので、手の打ちようがなかった。 そしてそれだけ決めてくれればインサイドが空くよね。ホーフォードが後半にインサイドで加点していってウィザーズを突き放した。

, , ,

◉どこを反省点にするのか。

持ち前の速攻を封じられたウィザーズ。一方でオフェンスは悪くなかった。モリスのケガ次第ではセルティックスにオフェンスの主導権を握られ続ける事になる。 元々はスターターだけが強かったウィザーズだけど、ベンチもそこそこ活躍しているので上手くユニットを変えながらマッチアップ調整しなければならない。でも具体策には乏しい。

セルティックスの3Pが入り過ぎたのだと諦めるしかないかな。

セルティックスは会心の出来。言うことはないもない。2戦目でアミール・ジョンソンをスターターでインサイド強調したら更にイヤらしいぞ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ウォール
トーマス
ウィザーズ
セルティックス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Bリーグ(B1, B2)勝利数予測およびB1チャンピオンシップ予測(20170501)【konakalab】

クリッパーズ 対 ジャズ 第7戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

【Bリーグ】2017/4/30 Game57 サンロッカーズ渋谷●72-76○富山グラウジーズ。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

バスケコーチ
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:416765

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. FA・トレード 20170717
  2. バトラーのトレードを考える
  3. FA・トレード 20170706
  4. FA・トレード 気になるチーム
  5. 今季のキャブスを振り返る
  6. FA・トレード 20170703
  7. ウォーリアーズの今季を振り返る
  8. クリス・ポールについて考えてみる①
  9. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  10. 2017 ファイナル第3戦

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss