バスケのデータ見ながら語ります。

クリッパーズ 対 ジャズ 第6戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリッパーズ 98 ジャズ 93

グリフィンの欠場により、このまま行くと思われたシリーズは、ホームでは王手をかけたら1敗しかしていなかったジャズに2敗目を与えたクリッパーズの勝利で、唯一の7試合目に持ち込んだ。

◉またもスモールラインナップ

クリッパーズのとった作戦は息子をスターターにする事。パパの奇策だけど、理には適っているか。 クリッパーズのウィングはレディースとバーアムーテ。どちらもドライブは苦手。グリフィンの代役はスペイツ。こちらも自分でハンドルするタイプではない。 なので1人はそんなタイプを置くべきというのは正しい。あまり武器のないリバースだけど、相手がイングルスになれば勝算はある。

意外にもその恩恵を受けたのはバーアムーテだった。普段は空気でコーナーにキックアウトされたパスからシュートして外すのが仕事なわけだが、PFが不在になった事で、むしろインサイドをスピードで搔きまわす。なんせ相手がディアウならレイアップにいける。 ピック&ロールだってジョーダンがやるよりも遥かに効果的だ。 恐らく計算外だったろうバーアムーテが動き回る姿はグリフィンよりマッチしていた。 その流れでミドルも3Pも決めてしまうのだから恐ろしい。

戦略の要となった息子リバースも数字的には活躍するが、前の試合活躍したレディックのアテンプトが減った事と無関係ではない。スペースを潰されたレディック。 さらにヘイワードに楽々と裏を取られてダンクされる息子は最後の3Pがなければトータルではマイナスだったと思う。

クリッパーズの勝因はもう一つ。負けたら引退のポール・ピアースがジョージョンソンを抑えた事。 ジョージョンソンに困っていたクリッパーズだが、この試合は9点と押さえ込んだ。ジョンソンが出ている時間に−18点はジャズからすると計算外だろう。速攻以外は全て外したロドニーフッドも大きな敗因。

このラインナップならバーアムーテにフェイバーズつければ解決する気もするけど、取り敢えず奇襲を成功させたクリッパーズがホームへ戻れる事に。

負けた方は夏の移籍問題に頭を悩まされそうなので、とても大切な一戦になるだろう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
バーアムーテ
ヘイワード
クリッパーズ
ジャズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

セルティックス 対 ブルズ 第6戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

ウィザーズ 対 ホークス 第6戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

ペイサーズの今季を振り返る【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:4406
  • 累計のページビュー:2015103

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss