バスケのデータ見ながら語ります。

セルティックス 対 ブルズ 第6戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

セルティックス 105 ブルズ 83

連敗からの3連勝で迎えたセルティックスが気持ちよく通常運転して、抵抗する気力の足りなくなったブルズを圧倒してシリーズを締め括った。

数字だけみればウェイドが外したくらいで、全体的に上がらなかったブルズ。前半はバトラーしかフリースローを打っていないのが、ホームだけど強気に出て行けなかった事とセルティックスのディフェンスが見切っていたといえる。

その逆にセルティックスは目立った活躍をする選手がいなくてリードを広げた。らしいバランス。

早々にブルズが諦めたように、ここまでの3戦のショックが強かったのだろう。

セルティックスからすると、トーマスが常にパスを優先した調整がシリーズを通しての勝因。 ドライブを減らしボールを散らす、ドライブ時もヘルプディフェンスを意識し早めのキックアウトを行なっていて、強気のシュートは避けていた。マッチアップがキャナンになった事でパスを振りやすくなった事とディフェンスの負担が減った事も大きい。

しかし、そのリズムが本人に合っていないのか、シーズン38%だった3Pが20%しか入らなかった。 外を広げてドライブするのが本来の姿なので不安材料だろう。

ブルズファンからするとロンドがケガしなければ、と言うだろうけど結果は変わらなかった気がする。(もう1勝はしたかも)

慣れないプレイオフと妹の事でヒートしてしまったトーマスにつられてリズムに乗れなかったのが連敗の要因で、本当は第1戦の反省を第2戦に活かしたかったけど、トーマスの問題で間に合わなかった感じ。

単にスモールラインナップというだけではなくチームオフェンスを思い出してからはリズムを取り戻せていた。

ロンドの不在でウェイドがPGやってたけど、意外とハマりそう。フラッシュと呼ばれた姿がない今、SGとして動き回るよりボールを持ってゆっくり入ってチームを動かす方が負担も少なく、経験が活きそう。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ウェイド
トーマス
ブルズ
セルティックス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ウィザーズ 対 ホークス 第6戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

ペイサーズの今季を振り返る【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブレイザーズの今季を振り返る【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:12170
  • 累計のページビュー:727109

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. カイリーのトレードが決まらない
  3. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  4. 今季のキャブスを振り返る
  5. FA・トレード 20170717
  6. カイリー・アーヴィングのトレード問題を考える
  7. バトラーのトレードを考える
  8. 17-18シーズンプレビュー レイカーズ編
  9. FA・トレード 気になるチーム
  10. 17-18シーズンプレビュー クリッパーズ編

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss