バスケのデータ見ながら語ります。

キャブス 対 ペイサーズ 第3戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャブス 119 ペイサーズ 114

5分の内容ながら連勝したキャブス。チャンピオンチームに5分の戦いが出来たギリギリプレイオフに進出したペイサーズ。

単純に相性の問題としてキャブスが躍動してしまうので、どうするのかと思っていたが、真っ向から殴り合う選択肢を選んだ。 選べた理由はポール・ジョージがレブロンを上回るプレーを見せている事。上回るからこそキャブスが躍動するのだけども。

殴り合えてるけど負けたのだから、ホームに戻って初めからガンガン殴りに行くペイサーズは非常に勇敢だった。 レブロンを上回るジョージを負けさせるわけにいかない(移籍させるわけにいかない)と考えたのか、なんと1Qのジョージを除くFGは13/16。

そんな仲間達に触発されたか、2Qだけでジョージが19点を奪い、最大26点差をつける。

ここまでの2戦を振り返れば、ファンの溜飲を下げる大きな勝利をあげられそうだった。

さて、ここで冒頭に戻る。

レブロンと戦えるジョージの存在によりレブロンからボールが周り、アーヴィングが搔き乱し、ラブが活きるのがキャブスが最も怖い形。 この試合の前半もそんな流れだが、アーヴィングが役に立たなければ、ラブも個人では決め切れない展開だった。

そこでダメな方のキャブスが顔をみせる。レブロンが1人でやり出す形である。

26点差なんて追いつける可能性低いし、2連勝してるし、今日は負けても仕方ないか、そんな事を考えていそうなチームとは違いレブロンは諦めてなかった。 2Qからベンチに座る事を拒否し、1人で点差を詰めて行く。後半だけで28点の大暴れ。 そんなレブロンに引っ張られ、低空飛行のラブとアーヴィングを置いてサポートキャスト達もシュートを沈めていき、大逆転勝利を挙げた。

結果だけみれば、前半はペイサーズが一方的に殴り、後半はキャブスが一方的に殴ったような試合。

45分以上出続け、ポール・ジョージを上回ったレブロンが自分の価値を証明してみせた試合だった。

先に書いたが、ラプターズのラウリー&デローザンは序盤で点差がついて為すすべなく敗れた。 しかし、レブロンは1人で追い上げた。この差は凄まじく大きいだろう。

ペイサーズは十分に戦えてきたシリーズでこころを折られる敗戦となった。これで次の試合勝ったら凄いけど、そんなエネルギーはポール・ジョージとランス・スティーブンソン以外には残っていないだろう。

それでも一矢を報いらないと報われない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:
ポール・ジョージ
ペイサーズ
レブロン
キャブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【NBA】R1 CLE 3-0 IND , レブロンがトリプルダブル、キャブスが大逆転でシリーズ王手。#NBAPlayoffs【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

スパーズ 対 グリズリーズ 第3戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

ラプターズ 対 バックス 第3戦【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

バスケコーチ
  • 昨日のページビュー:6738
  • 累計のページビュー:360423

(07月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. バトラーのトレードを考える
  2. FA・トレード 20170706
  3. FA・トレード 20170717
  4. FA・トレード 20170703
  5. 今季のキャブスを振り返る
  6. ウォーリアーズの今季を振り返る
  7. 2017 ファイナル第3戦
  8. 2017 ファイナル雑感 気になった戦略編
  9. 2017プレドラフト
  10. 2017 ドラフト中

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss