バスケのデータ見ながら語ります。

違う事を書いてみます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーグには30チームあり82試合を戦うので、贔屓チームの試合ですら全て観戦するのは簡単ではないのに、興味ないチームの情報はインプットされにくいものです。

このブログの目的の1つは、そんな方達に他のチームを知ってもらう事にもあります。

チームは生き物であり、選手も日々変わっていくものです。イメージで捉えていると現実の試合では違う姿の時もあります。NBAウォッチャーとして、実際に観た内容を伝えることで、そんな変化を知って頂ければと考えています。

スポナビブログが消えることもあり、情報が残らない前提で『観てないことを想像で書く』というブログの趣旨に反することをやります。

最終回なので書き逃げ企画です。 普通にNBAの話を読みたい方は続きを読んで頂く必要はありません。

, , ,

◉ブログの引越しについて

ブログを2017年4月からスタートし、10ヶ月足らずで約200万ページビューになりました。ありがたやありがたや。

こんなに増えるとは思っていませんでしたが、訪問者の多さに一念奮起し、有料ブログに移管しました。

『NBAのデータ見ながら語ります』 http://nba-data.work/

有料なので自分が嫌になったら、その時点で削除してしまいます。

スポナビブログの良いところは、シンプルなデザインにありました。それを継続したくて簡易デザインにしました。 引越し時に調べていたら、写真などの見た目ではなく内容で勝負するコンテンツSEOというらしいです。

, , ,

新ブログも更新していない日も1000アクセス/日くらいあるので、ホッとしています。スポナビのページビューは訪問者の10倍くらいあるのも分かりました。 スマホ版だと1つの記事で10ページくらいあるので、そんなものかと思います。

引越しにあたり、ツイッターを初めてみると、新規読者が獲得される事も分かりました。世の中SNS時代なのでブログの存在を知らないどころか、SNSしか観ていない方も多いという事が分かりました。

そしてツイッターを始めても、本ブログはSNS経由ではなく、直接ブックマークからアクセスされる方のほうが遥かに多い事も分かりました。

それは情報収集の使い分けが存在しているという事なので、SNS時代というのは本当のようで嘘なのだと思います。

そして内容的にもブログスタイルが合っていると再認識しました。

読み手のリアクションを求めるならばSNSだけど、発信者として価値ある情報にしたければブログスタイルであるべきと判断しています。

SNSは人であって情報ではなく、ブログは情報であって人ではないと捉えています。

バスケの話ではないスタートでした。

, , ,

◉Bリーグを何故観ないのか

Bリーグを観ないのにイメージだけで語ります。これ重要。イメージだから現実とは違うかもしれません。

Bリーグを観ない理由は、その時間をNBAを観る事に費やしたいからです。それはNBAの方が面白いからです。

ここで「レベルが高いから面白い」と言い出すと終わってしまうので、他の理由を考えましょう。1つはデータ使って語れる面白さがあり、本ブログの趣旨です。それはまぁ置いときましょう。

, , ,

ある方が本ブログについて、こう評してくれました。

『戦術ではなくマネジメントの視点で語っている』

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
本ブログについて
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20180112 ロンドンゲーム【バスケのデータ見ながら語ります。】

20180111 ホーネッツ vs マブス【バスケのデータ見ながら語ります。】

大豊作のルーキー達を評価してみました【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1737
  • 累計のページビュー:2024441

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss