バスケのデータ見ながら語ります。

20180111 ホーネッツ vs マブス

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/

スポナビブログは15日で終了です。 新ブログのブックマークをお願いします。

最近は勝ちまくっているマブス。ゾーンを活用したり、相手を見ながら様々な工夫をします。

管理人のお気に入りルーキーのモンクがベンチに座っているホーネッツ。HCが健康の問題で休んでいますが、詳しい理由が明かされないまま長い期間代行HCになっています。

かなり謎なホーネッツです。

, , ,

◉仕掛けるのはマブス

マブスの工夫はファレルを久々のスターターにしてアウトサイドの意識が薄いホーネッツの弱みを狙います。

しかし、先手は弱いマブスのインサイドをハワードでついていくホーネッツに。かなり驚いたのはハワードがポストアタックから簡単にキックアウトしていく事。 それが出来なくて価値を落としていったのに、マブスのディフェンスもあってパスを回せるハワード。一気に9点のリードを得ます。

もうノビツキーは全く動けないのですが、相変わらずのシュートを使いながら、見事な活かされ方をしています。走る距離も短くされていたり、リスクを考えた構成をしてます。

5人がフロアに広がり、パスの連続から3Pを狙っていくマブス。これが決まり始めるとあっさりと追いつきます。追いついた後に決まらなくなると再び9点ビハインドになります。

ハワードを止められないマブス 3Pに無策なホーネッツ

, , ,

ブロックショット専門職みたいなメジリが出てくると少し流れが変わって、インサイドは任せてボールマンにプレッシャーをかけるマブスにより、ハワードにボールが入らなくなります。

メジリを下げて、メンバー変えてゾーンしき、ノビツキーを下げてマンツーに戻してといろいろやるマブス

ちょっとずつ怪しくなったホーネッツオフェンスですが、ラムが個人で決めて8点リードして終わります。

, , ,

◉内容はホーネッツ。結果はマブス

モンクが出てきたホーネッツですが、ゼラーがいなくなり、ろくにスクリーンもかけられないセカンドユニット。パスするのがMCWしかいないので、1人でやったもの勝ちのホーネッツオフェンス

そんな時にたまに当たるのがカミンスキーですが、この試合は当たりみたいです。

マブスはデビン・ハリスが目立ちます。カットプレーが上手いというのを観ましたが、普通にドライブも上手いです。ギャロップステップを強く踏んで抜いていくハリス。

ほぼ互角の内容ですが、3P狙いでボールを回す中でハリスがカットしていくマブスと、もらった選手の個人技で終わるホーネッツなので、少しずつマブスが点差を詰めます。

, , ,

ホーネッツがスターターを戻すとハワードが無双しますが、押し込まれるとマブスはフリースローを打たせていきます。

その間にバレアの3Pで逆転します。更にホーネッツの緩いディフェンスの隙をついて1本のパスからアウトサイドで打っていきます。

ケンバの不用意なパスから速攻したりと、ディテールで上回っていくマブスでした。

, , ,

◯前半のマブス 得点 59 FG 21/43 3P 8/15

特別良かったわけではありませんが、緩かったアウトサイドで3Pを高確率で決めての59点でした。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

大豊作のルーキー達を評価してみました【バスケのデータ見ながら語ります。】

20180110 レイカーズ vs キングス【バスケのデータ見ながら語ります。】

20180109 ネッツ vs ラプターズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1737
  • 累計のページビュー:2024441

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss