バスケのデータ見ながら語ります。

大豊作のルーキー達を評価してみました

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/

スポナビブログは15日で終わります。 引越し先のブックマークをお願いします。

ルーキー大豊作と呼ばれる今季のルーキーを紹介してみましょう。前回は2年目、3年目を評価してみました。今回はルーキーなので少し甘めな採点になりそうです。

1つの特徴は単なる豊作と違い、やけに特徴的なタイプがいる事。ここ数年のNBAの傾向から増えたであろうタイプや更に進化させようとするタイプまで様々です。

それはリーグの評価基準も変わったということです。最大の変化はアンダーサイズのインサイドプレーヤーへの高評価。高速化時代には高さを凌駕する速さが必要で、パワーで対抗できればアンダーサイズでもインサイドが務まるという事。

そんな点も含めて多くのルーキーに触れたいので、ドラフト順に触れながら同じチームの選手は合わせて紹介します。選手名の前の数字は今季のドラフト順位です。

星評価の基準は前回を参考して下さい。 http://nba-data.work/?p=750

, , ,

◯シクサーズ ベン・シモンズ 5星☆☆☆☆☆ 1 マーケル・フルツ 星なし

昨年のドラフト1位シモンズは別格の存在感を示しています。迷わずに5星にしました。

戦術シモンズを採用していて勝利を重ねながら、戦術を変更して負け始めたシクサーズ。それでもここ数試合はシモンズが活躍できる体制にすると再び勝ち始めました。

本人は変わらぬパフォーマンスを披露しており、その安定感も魅力です。

そこに課題が1つ。

今年のドラフト1位のフルツ君もPGであり、戦術シモンズに重要なシュート力に課題があるタイプです。

ここまでケガで出遅れていますが、果たして戻ってきても活躍出来るのかどうか?本人ではなく戦術的な都合なので読めない部分が大きくあります。

大豊作のドラフトなのに1位は活躍していないという不思議な年でもあります。

, , ,

◯レイカーズ 2 ロンゾ・ボール 3星☆☆☆ 27 カイル・クズマ 4星☆☆☆☆ 30 ジョシュ・ハート 星なし

レイカーズを観ているとクズマのチームにみえてきます。ベンチスタートなのにイングラムよりも高い4星をあげてしまいます。

FG46%、3P38%はルーキーとしては誇らしい数字です。テイタムに比べれば低いわけですが、チーム事情が違い自分で打開して決めなければいけません。

判断力があってボールをもらった時のプレーセレクトに優れ、シュート力もあればコンタクトされても決め切る事が出来ます。ドライブからのアシストもあり、逐一見惚れる完成度の高さ。

性格も強気で向上心に溢れ、苦しい時でも自分が率先して打ちに行く姿勢は、毎年向上して行く雰囲気を出しています。

SGからPFまで守れそうなユーティリティ性も現代的です。どこを伸ばしていくのかは成長のカギになりそうです。

コービーとの会食エピソードやウォルトンHCを信頼する発言などリーダーとしてチームをリードしそうです。

ルーキーとしてはウィギンズ以来のウイングプレーヤー

「個人スタッツは求めないけどチームを勝たせる」

と評されたロンゾは、現状では逆で活躍度よりも高いスタッツです。問題はハーフコートでのプレーメイク力の低さにあります。

8ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20180110 レイカーズ vs キングス【バスケのデータ見ながら語ります。】

20180109 ネッツ vs ラプターズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

2年目、3年目はルーキー達に負けない活躍をしているのか?【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1737
  • 累計のページビュー:2024441

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss