バスケのデータ見ながら語ります。

20180110 レイカーズ vs キングス

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/

スポナビブログは15日で終わります。 引越し先のブックマークをお願いします。

割と勝っているキングスと、勝っていたけど失速していくレイカーズです。

◯最近10試合 キングス 4勝 レイカーズ 1勝

ネッツで感じたのは負けが多くて、しかも接戦を落とす事も多いのに誰も気落ちしないでプレーしている事。最近のレイカーズは全体に当初のエネルギーがない気がしています。

じゃあキングスは勝っているし元気なようでいて、誰もが活力あるかというとそうでもない。役割を担えていない選手は意気消沈気味。

◯3P キングス 38.2%(3) レイカーズ 32.8%(30)

◯フリースローアテンプト キングス 17.2(30) レイカーズ 23.8(7)

大きな違いがこの辺り。HCの経験を考えると意外な傾向なのですが。

イメージとしては

『堅実なシュートを決める方法』を若手に刷り込むキングス

『積極的にアタックする方法』を若手に刷り込むレイカーズ

連携を伸ばす事を重視するか、個人を伸ばす事を重視するか。それはペースの差にも現れています。

◯ペース キングス 96.6(29) レイカーズ 103.9(1)

遅いキングスと早いレイカーズ。同じ若手中心なのにね。

, , ,

◉高速化されていく理由

レイカーズの3P、キングスのフリースローで始まるデータと逆の立ち上がり。更にレイカーズは2本の3Pが決まるいつもとパターンが異なる得点方法

タイムアウト後も更に走って得点していくレイカーズ。この理由が高速化の典型的なパターンでした。

キングスにはランドルフがいるので戻るのが遅い。特に誰かがドライブして流れながらシュートを打つとその選手とランドルフが遅れます。

そのためアーリーでコーナーに開くイングラムやランドルが頻繁にフリーになります。

走るのはハイスコアにするためではなく、相手のディフェンスに後手を踏ませるためです。準備出来ているディフェンスを崩すのは簡単ではないけど、その前に仕掛ければミスマッチも生まれやすい。

レイカーズが良かった以上に、悪いキングスの欠点をついたレイカーズ

ハーフコートでもロペスが外に開いてランドルフを無効化しています。インサイドが空いたのでドライブも決まるよレイカーズ

あっという間に18点差

, , ,

キングスのオフェンスはランドルフを経由します。そんなオフェンスして将来どうするのか?

コーリーステインが同じプレーをしようとしても失敗します。ランドルフが25歳なら評価出来るけどね。

苦しい流れをボグダノビッチが変えます。この選手はワガママ過ぎて全く評価していなかったのですが、観るたびに洗練されてきている印象

セットオフェンスでスペースを気にし過ぎるキングスの中で、唯一ダイナミックに動き、ドライブで収縮させてからパスを使います。

レイカーズのディフェンスが動かされる。そうなると走るのも簡単ではなくなるわけで。

そしてランドルフがベンチに戻るとトランジションが良くなったので、レイカーズは益々走れなくなります。走れないとクズマしか得点できないレイカーズのベンチ

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20180109 ネッツ vs ラプターズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

2年目、3年目はルーキー達に負けない活躍をしているのか?【バスケのデータ見ながら語ります。】

2017年 雑感【バスケットボールおぼえがき】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1737
  • 累計のページビュー:2024441

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss