バスケのデータ見ながら語ります。

20180109 ネッツ vs ラプターズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロケッツの失速によりリーグ2位までレーティング差が高くなったラプターズ

◯ラプターズレーティング オフェンス 111.0(3位) ディフェンス 103.2(6位)

攻守に高い順位にいてデータの上ではイースト最強のラプターズなのですが、強いチーム相手だと競り負ける傾向があります。

その特徴はラウリー&デローザンを中心とする形は変えずに、ベテランを放出して若手のロールプレーヤーに切り替えて成長させている事。

若さも溢れるのにリーグ2位のレーティングというのは尚更素晴らしい。

, , ,

放出されたベテランの1人はキャロル。

ネッツに経験とディフェンスと貴重なドラフト指名権を運んできてくれました。何だか未来への構想が抱けそうになってきたネッツ。なお、キャロルはお休みでオシャレな感じでベンチに座っています。

ガードの得点能力に活かし得点していくのがネッツスタイル。リンもラッセルもケガしたけど、ディンウィディーもアレン・クラブもラベルトもいます。

タレントも経験も足りないので安定して勝てるほど強くはないけど、しっかりと構成されているため当たれば強さを発揮するネッツです。

レーティング差は△3.0 昨季は△6.1なのでチームは順調です。

あとは、もう少し勝てるように頑張るだけ。

レーティング差は十分だからしっかり勝ちきりたいラプターズ レーティング差を向上させて勝てる機会を増やしたいネッツ

イースト上位と下位のゲームです。

, , ,

◉インサイドのディフェンス

お互いにディフェンスでプレッシャーをかけていく中で、ネッツがインサイドの合わせから打つシュートをイバカ&バランチューナスがブロックで叩き落とします。

対してラウリー&デローザンからのパスに合わせたイバカのレイアップに珍しいバランチューナスの3Pが決まり、早々にラプターズペースになります。

お互いにガードが中心なのですが、合わせていく選手の質には差があります。

ネッツのセンターはゼラーですが、攻守に負けてしまうのでルーキーのアレンが出てきます。能力はとんでもないけど、スキルはないアレン。

しかし、高さで有利になっていたラプターズには嫌な交代で、少し展開が落ち着いていきました。

, , ,

ラプターズはデローザンを残してセカンドユニットになります。今季はチームとして3Pを増やしプレーメイクが上手くなったデローザン。

そんなデローザンにプレッシャーをかけていくラベルトが奮闘します。ネッツがディフェンスのイメージはないのですが、色んな変化もみえてきます。

ネッツは若いので個人は頑張ってもスクリーン1つで簡単に剥がされたりしますが、アレンのブロックヘルプがあるので少しはマシになっています。

そうやって増やされたアウトサイドシュートは得てして決まらないもので、序盤の良さに反して得点を伸ばせなかったラプターズ

7点のリードで1Qが終わります。

, , ,

◉オカフォーとネッツ

ネッツのセンターはオカフォーに変わります。守れない事で有名ですが、対するポエルトにミドルがないためゴール下引きこもっても守れるネッツ

またも増えたのはシアカムの3Pですが、全く決まらないラプターズは得点がとれません。

ネッツのオフェンスはラベルト中心なのですが、こちらは守れるシアカム&ポエルトにリムプロテクトされます。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2年目、3年目はルーキー達に負けない活躍をしているのか?【バスケのデータ見ながら語ります。】

2017年 雑感【バスケットボールおぼえがき】

20180107 ウィザーズ vs バックス【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:1737
  • 累計のページビュー:2024441

(01月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  9. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss