バスケのデータ見ながら語ります。

ブルズの快進撃は何故生まれたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/

シーズンも30試合を過ぎたあたりから順位表も落ち着いてきて、勝てるチームがしっかりと浮上してきます。好不調の波はあれど、長い目で見たら強いチームが勝つという雰囲気に。

この10試合では、開幕当初は不調だったディフェンスが機能してきたウォーリアーズが9勝で、ウエストブルック仕様に戻して接戦を制しているサンダーが8勝しています。

そんなサンダーに並ぶのはイースト11位にいるブルズ

唯一、ここにきて変調を促すチームはミロティッチ復帰後は突如として強豪チーム並みの強さを発揮し始めました。

開幕から3勝20敗のチームが、 そこから10勝2敗。

一体、ブルズに何があったのか?

, , ,

◉結論は何もない。

ゲームレポートで書いた通り、結論は何もないです。ただ純粋に強くなっただけ。

プレシーズンから注目に値した『高速パッシング+スクリーンコンフュージョン』と名付けたホイバーグ流のオフェンスは、極めて魅力的だけど理想論も甚だしい部分も大きく、シーズンに入れば全く機能しませんでした。

では、それがミロティッチが戻ってきただけで全てを解決してくれる程の大活躍をみせてくれたのか?

◯ニコラ・ミロティッチ 25.5分 17.2点 FG50.4% 3P47.5% 7.6リバウンド

確かにその活躍は素晴らしいミロティッチ しかし、僅か25分のプレータイムでチームを勝たせるほどにスーパーなのか?

1人でチームを勝たせるのはオールスターでも難しく、そんな選手はリーグに数人しかいないレベルです。

ミロティッチがオールNBA1stチーム? さすがにそんな想像は出来ません。

ミロティッチがもたらしたものは何だったのか?

それを知るために、まずはミロティッチ復帰前のブルズを振り返ります。

, , ,

◉プレー以前の問題は昨季に遡る

開幕前の予想は、

ラビーン待ちではあるけれど、言うほど悪いチームではないし、戦術で武器を備えようとしていて30勝くらいはしそう。だけどフロントに勝つ気持ちが薄すぎる。

そんなものでした。そんな折に例の事件が勃発します。

ミロティッチを殴ったポーティス

殴られたミロティッチは脳震盪でダウンする程なので、完璧すぎるKOパンチが決まった事に。

しかも伝えられるのは、誰もがミロティッチに我慢ならなかったとされる不協和音

ポーティスがどうしようもない奴だったら話は簡単でしたが、昨季のバトラー・ウェイドとロンド問題、そしてシーズン前のウェイドがチームから浮いている問題も含めて、異常なチームである事が次々に表に出てきます。

戦術家としては非常に面白い発想を持つホイバーグHCですが、どうもチームをまとめる手腕には欠けていそう。 それでいてそもそも問題だらけのチームですから、プレー以前の問題が大き過ぎました。

, , ,

◉ホイバーグの発想とバトラー&ウェイド

少しホイバーグに触れます。ただ、昨季からブルズの試合は殆ど観ていないので、非常に浅い中での感想だということはお断りしておきます。

実際のホイバーグシステムはさておき、昨季のビック3と上手くいかなかった理由も含めて、ホイバーグの特徴はどんな部分にあるのか。

8ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
チーム展望
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「ブルズの快進撃は何故生まれたのか?」へのコメント

説得力が残念なのも、結論が間違ってるのも別に構いませんが、今のチームが全くダメでチームを解体すべきとか言われても、連勝している理由には全くならないのですが。


私はブルズファンではないので、選手もHCも全部ダメと判断して、そこまでするほど今のブルズが嫌ならば、他のチーム応援すればと思いますが。


ホイバーグ要らないなら他のチームに譲って欲しいです。

ブルズの快進撃は何故生まれたのか?

詳細な分析を長々と書いていただいてますが、
残念な説得力ですね。

私の結論は、
 ・1~2年以内にHCを交代
 ・1~2年はドアマット作戦でドラフトを充実
 ・再建を託すHC&ACを選別
ですね。
2020年から3年計画でカンファレンス制覇を目指し、
5年以内でファイナル制覇を達成するのがビジョンですね。

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/12/30 G28 #富山グラウジーズ🔥○83-76●西宮ストークス。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【#Bリーグ】2017/12/29 G27 #富山グラウジーズ●73-82○西宮ストークス。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ロンド先生に学ぶカズンズ&デイビスのペリカンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:4406
  • 累計のページビュー:2015103

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss