バスケのデータ見ながら語ります。

ロンド先生に学ぶカズンズ&デイビスのペリカンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越し中です。 『NBAのデータ見ながら語ります』 として同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/

デマーカス・カズンズとアンソニー・デイビス

リーグ最高のインサイドコンビはスモールラインナップの高速化時代とは一線を画すスタイルをどうやって構築していくのか?

そもそもセンターがいないチームが増えた中で高さを全面に出すと思いきや、むしろ高くて早くて上手い、そんな現代型としての存在価値を示そうとしています。

その強さをどう定義すれば良いのか理解出来ないペリカンズは、自分達でも理解出来ない強さを発揮しているようにも思えます。

そんなツインタワーに触れようと思った矢先、ロンドが25アシストというジェイソン・キッド以来の記録を達成しました。

そこで企画変更。

ロンドの25アシストから観るカズンズ&AD

ペリカンズがめちゃくちゃ強く見えてくるはず

, , ,

◉固定観点は捨ててください。

まずはお願い。管理人は5つのポジション概念に何の意味も持たない派ですが、その是非はともかく、カズンズとデイビスを『センター』だとは考えないで下さい。 『2人の優秀な選手』とだけ捉えて下さい。

カズンズの事を「デカくて強くて遅いレブロン」と評していますが、ボールハンドラーとしてプレーメイクしながら、トップからローポストまで広く動いて得点だけでなくアシストまで、どんな役割もこなすのがカズンズです。

◯デマーカス・カズンズ 25.9点 12.1リバウンド 5.2アシスト 5.0ターンオーバー

注目すべきはターンオーバー。ミスが多いと言えば聞こえは悪いですが、得点数とアシスト数をみてもわかる通り、それだけボールに触れる機会が多い選手です。スクリーンファールなんかもあるので、むしろ純粋ガードよりも増えてしまいます。

◯FG 2P 6.7/12.4 54% 3P 2.2/6.2 35%

そしてFGの1/3が3Pであり、確率も悪くない選手です。

つまりはセンターではなく、ボールに絡む機会が多くシュートチャンスを演出するプレーメイカーであり、中外あらゆる距離からシュートを放つフィニッシャーでもあります。

それがカズンズ

, , ,

◯アンソニー・デイビス 25.4点 10.4リバウンド 2.4アシスト 2.1ターンオーバー 2.1ブロック

スタッツ的にはカズンズよりも効率的なデイビス しかしその能力はフィニッシャーに特化しています。アシスト2.4はキャリアハイなので、自分は得点しますがプレーメイカーではありません。

◯FG 2P 8.5/14.4 59% 3P 0.7/1.8 40%

ご覧の通り、3Pアテンプトは少ないものの毎試合打つくらいの数字はあり、かつ確率良く決めています。単にインサイドプレーをするわけではなく、広いシュートレンジを持っています。

高い身体能力と広いシュートレンジを活かすフィニッシャー

それがデイビス

, , ,

◉2人を中心にしているのか。

カズンズがプレーメイカーよりで、デイビスがフィニッシャーより。そのためデイビスは合わせるけど、カズンズは合わせのプレーを怠っているイメージがありました。しかし、今季は、特にロンド出場時は味方からのパスをフィニッシュするシーンが増えています。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

八村兄弟 日米で同時間帯にプレイし共に大活躍!TVとPCを並べ同時に2試合を観戦!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

【#高校バスケ】#ウインターカップ 2017' 6日目、女子:大阪桐蔭高が初優勝🏆、男子ファイナルは 福岡大大濠vs明成に。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ウルブズが求めるスタイルは何なのか?【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:4406
  • 累計のページビュー:2015103

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss