バスケのデータ見ながら語ります。

ウルブズが求めるスタイルは何なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越ししています。引越し先でも同じ記事を掲載しています。

http://nba-data.work/

今季は大豊作のルーキーですが、近年でルーキーシーズンから素晴らしかったのはウィギンズとタウンズくらいでした。

そんな2人のいるチームにバトラーとティーグというオールスタークラスが加わり、ギブソンやクロフォードまで獲得したウルブズは今季の大注目チームでした。

ここまでウエスト4位につけているチームについて、プレビューから振り返ってみましょう。

, , ,

◉将来有望から優勝候補へ

ウィギンズ&タウンズはお気に入りの選手です。

ディフェンスには難があるけど、個人のオフェンス力は素晴らしく、パスが上手いわけではありませんが、セルフィッシュにシュートを打ちまくる選手でもありません。

周囲の状況を判断して得点を狙いに行く効率性を考えたプレーをする現代的な選手といえます。

何よりタウンズはゴール下でも強ければ3Pまで決める現代型センター。よく動き、スピードでもフィジカルでも戦えるビッグマンです。

ウィギンズはジョーダンやコービーの系譜にあるようなドライブからのジャンプシュートを利用する少しオールドタイプという印象でした。運動能力マックスでもないし、スキルマックスでもなく、余計なプレーをしません。

昨季は得点ランク12位と16位で、22歳以下で20位以内に入っているのはこの2人だけでした。 共にリーグを代表する選手になると考えられる超有望株でした。過去形。

この2人にルビオやラビーンのウルブズは魅力あるチームでしたが、2人に変わってバトラーとティーグにして優勝候補の一角に躍り出たわけです。

, , ,

◉ルビオとティーグ

夏の時点での疑問はティーグとルビオです。 何故ルビオではダメだったのか?

そして薄くなったベンチには独りよがりの代表格ジャマール・クロフォードを獲得します。それはルビオ型によるゲームメイクからの脱却を決定付けました。

◯昨季のルビオ / 今季のティーグ

得点 11.1 / 13.1 FG 40.2% / 45.5% 3P 30.6% / 38.7%

自分が得点することに関してはティーグの方がかなり優れています。昨季後半のルビオはシュートが決まるようになりましたが、今季のジャズでは昨季よりも下がっているのでシュート力向上に期待しなかった判断は理解できるものです。

◯昨季のルビオ / 今季のティーグ

アシスト 9.1 / 7.4 スティール 1.7 / 1.4 ターンオーバー 2.6 / 3.0

しかし得点以外に目を向ければルビオの方がかなり優れた選手です。特に長時間ボールを持ちながらターンオーバー率が低いことは、ウィギンズやタウンズのチームとしては非常に効果的な選手でした。

周囲を活かすことにのみ長けているルビオよりも、自分も得点出来る万能なティーグを求めたわけです。

, , ,

◯チームスタッツの変化 得点 105.6 → 108.4 FG 46.7% → 47.4% 3P 34.9% → 35.6%

結果としてチームスタッツが改善しています。バトラーもいるのでこれがティーグの成果ではありませんが、 「ルビオならば足を引っ張った」 と予想されても誰も文句は言えません。

昨季のウルブズは

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
考えるシリーズ
チーム展望
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171225 サンダー vs ロケッツ【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171225 ウォーリアーズ vs キャブス【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171224 ウォーリアーズ vs ナゲッツ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss