バスケのデータ見ながら語ります。

20171225 サンダー vs ロケッツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフェンスはハーデンのスーパーな活躍で何とかなるけど、ディフェンスはケガ人だらけでどうにもなっていないロケッツ

ディフェンスはベンチも含めた動けるメンバーで何とかしているけど、オフェンスは上手くいかないので、ウエストブルック仕様に戻しているサンダー

昨季のプレーオフでもオフェンスではロケッツに追いつけなかったサンダーとしては、ロケッツを何とかして抑え込みたいところ。

抑え込む術はロバーソンはじめ結構あるけど、不安なのはカーメロを狙われる事。 でもカーメロのオフェンスは圧倒出来そうなポイントでもあります。

ビック3と言いつつ怪しいカーメロこそが輝くべき相手です。それが出来ればサンダーはサンダーなりの強さを身につけそう。

, , ,

◉ノーガードの勝負

ハーデンvsロバーソンにしか目がいきません。両極端な2人。

カペラのミスからロバーソンが速攻。 カーメロが3Pにミドル。サンダーが先行します。リバウンドも気合い入れてとるカーメロ。

ウエストブルックがプッシュしてアダムスのダンク、ポール・ジョージの3P、ロバーソンへのアリウープとアシストを重ねます。

しかし、ロケッツもイージー。

ハーデンのパスから、カペラ、ゴードン3P、カペラ、そして自らドライブ。

笑っちゃうくらいノーガードの打ち合い。これがディフェンスの良いチーム同士の対決とはね。

, , ,

面白いのはこの状況をパスで生み出すウエストブルックとハーデンにはFGが生まれない事。 割と空くけどシュートが下手なウエストブルックと最も警戒されているハーデンと理由は違いますが、お互いのアシスト数がポイントになりそうです。

◯1Qのアシスト ウエストブルック 5 ハーデン 5

20アシストするつもりの2人

なので少しずつ2人には持たせないような対応が。いやウエストブルックにはシュートさせる対応か。

5分で20点まで到達したのに、31-28のロケッツリードで終わった1Q。ハーデンの3Pとウエストブルックが無得点の差かな。

シュートではロケッツですが、オフェンスリバウンドなどで何とか頑張ったサンダーですが、やっぱりハイスコアは苦しそう。

, , ,

◉レポート泣かせの高速バスケ

お互いにワイドにボールが動き、空いたインサイドに飛び込むのですが、フリーでゴール下と思っても高速ヘルプが飛んでくるので、兎にも角にも速さが求められます。

例によって最もついていけないのがレフリーになりそう。あとこのレポートを書くスピードが全く追いつきません。

ウエストブルックが初めてシュートを決めて同点に追いつきますが、その後は速攻で思いっきり腕を絡まれてもノーコール。 走れレフリー!

, , ,

サンダーは展開をみてフェルトンをPGに残します。2Qでは珍しい気が。 ハーデンが戻ると見事なパスを通します。本当にパスコースを作るのが上手い。

一方で戻ってきたカーメロはタッチを忘れています。この展開だと立ち止まっちゃダメだから難しい。カーメロが悪いのではなく、もっと頑張らなきゃいけない。

ロケッツが7点リードしたところでそのカーメロが3P。クリスマスゲームは得意らしい。

でもハーデンの3Pにつられてファールしてしまいます。いやいや、予想通りの攻守にカーメロ。

, , ,

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

20171225 ウォーリアーズ vs キャブス【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171224 ウォーリアーズ vs ナゲッツ【バスケのデータ見ながら語ります。】

【#Bリーグ】2017/12/24 G26 #富山グラウジーズ🔥○96-80●新潟アルビレックスBB。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2692
  • 累計のページビュー:2017794

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss