バスケのデータ見ながら語ります。

20171225 ウォーリアーズ vs キャブス

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】 ブログの引越し準備中です。パイロット版にて同じ記事を掲載しています。 http://nba-data.work/

散々プレビューしたキャブスオフェンスが本物なのかを、個人でもチームでも守れるウォーリアーズによって試されるクリスマスゲームです。

そしてレブロンの3Pが本物なのか、マッチアップの優位性ゆえの代物だったのかも試されます。

最悪なのは強い相手を前にして、レブロンが独りよがりなワンプレーの効率性重視になってチームオフェンスをしないパターンです。

カリーがいなくてもそんな事を懸念してしまうくらいのウォーリアーズの見えないプレッシャーがある試合です。

, , ,

◉ディフェンスに影響がありそうなスターター

ウォーリアーズのスターターは

マコー トンプソン デュラント グリーン ベル

というビッグマンはいないけど、全員が大きいラインナップなので、まさにキャブスの個人力を止めやすい設計に。

ラブとのマッチアップに注目。

キャブスは

カルデロン JRスミス クラウダー レブロン ラブ

こちらはスミスの復帰でデュラントに対してクラウダーを使えるラインナップになりました。

レブロンがインサイドディフェンスをちゃんとやるのかと、グリーンを消すくらいディフェンスすれば楽そうですが、やらないだろうな。

, , ,

◉プレビュー通りの立ち上がり

クラウダーがデュラントからスティールし、 デュラントがラブをブロックし、 お互いにパスミスが続き、 ラブがデュラントからテイクチャージします。

ディフェンスが意識されている立ち上がり。ただ、ウォーリアーズはそこに自分達のミスも加わり前の試合の不調感があります。

クラウダー、カルデロンが決めると、レブロンのドライブに誰もヘルプが来れずダンク。

周囲が活きて、レブロンが活きるキャブス

ウォーリアーズはアーリーオフェンスからトンプソンの3P連発に、デュラントの&ワンと走って走って走る。

プレビュー通りの立ち上がり

, , ,

確率良く決めるデュラントですが、クラウダーがしつこくディフェンスで追い回します。

今季のウォーリアーズの特徴にして最悪なのはクレームしまくってテクニカル連発。早々にデュラントとグリーンがテクニカル

そんなフリースローが挟まってキャブスが先行します。グリーンに絡まれてもクラウダーは無視しているので、レフリーが悪いとか言えません。

デュラントがアーリーで3P、速攻からトンプソンが3Pと得点の殆どが走ってからのウォーリアーズ。

しかし、グリーンの無茶なパスを取れなかったベルでキャブスがカウンターするのでウォーリアーズペースにはならず。

キャブスもラブがトンプソンやルーニーに個人で止められたのでリードを広げられず。

重いのでデュラントとレブロンの個人勝負になり、あまり動かずに4点キャブスリードで終わります。

, , ,

◉チームオフェンスを忘れていくキャブス

やはり、デュラントに対してクラウダーとグリーンがマッチアップするのでファイナルとは全く違うレブロンの疲労度

しかし、ラブが負けてオフェンスが重くなると戦術レブロンが1Qから発動しているので、走れば全員が参加するウォーリアーズに流れが行きそう。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

20171225 ウォーリアーズ vs キャブス

コメント表示されないからおかしいなぁ思ってました!次から移行先のブログに書き込みます!!

「20171225 ウォーリアーズ vs キャブス」へのコメント

トリスタン・トンプソン戻ってくるとフライが使われなくなるのも相変わらずな感じがしました。

コーバーに決めさせたいならフライは適任だと思いますが。

3P42%と外は決めていたけど、インサイドを攻められなかったのが苦しかったです。その役割はレブロンとラブなので強引さも必要でした。やっぱりレブロンがポストアップした方が無条件で一回収縮させられて良い気もします。


バリエーションが持ち味のはずが、接戦になるとワンパターンになるのが難しいです。


あと新しいブログがコメント承認制とは今日知りました。申し訳ありません。

20171225 ウォーリアーズ vs キャブス

3Q途中まで見ましたが、レブロン焦って判断悪くなって上手いこといかず弱気なるの悪循環でしたねぇ、KDインサイドに待ってるからドライブしてのインサイドも弱気になってるように感じました。途中ウェイドが2連続でフリースローもらっていたのがヒントやったような気がしましたけど。今相手をファールで苦しめるゲームはしないんですかね?ルーもコーバーがタッチ悪かったら、とかフライとかレブロンベンチで頭冷やさせるとか柔軟に対応できなかったですね。エースが弱気になる中ラブとクラウダーは頑張ってましたね!

こんな記事も読みたい

20171224 ウォーリアーズ vs ナゲッツ【バスケのデータ見ながら語ります。】

【#Bリーグ】2017/12/24 G26 #富山グラウジーズ🔥○96-80●新潟アルビレックスBB。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

レブロンの大活躍について考える【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:4406
  • 累計のページビュー:2015103

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss