バスケのデータ見ながら語ります。

20171224 ウォーリアーズ vs ナゲッツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスゲームを控えてアウェーのナゲッツ戦に挑むウォーリアーズ。こちらもオフェンシブなナゲッツなのでハイスコアが期待させる試合です。

◉マッチアップ

両チームのマッチアップは マコー vs マレー トンプソン vs ハリス デュラント vs チャンドラー グリーン vs プラムリー ベル vs ヨキッチ

マレーはスコアリングPGなので、どちらもコントローラーがいない形に。マコーをPG修行させるのは良い判断ですが特徴は消えています。修行。

かなり似た構成になっている両チーム。ヨキッチとグリーンがパスでゲームに絡む点も同じです。トンプソンとハリスのシューター力がオフェンスのスイッチになる点も同じかな。

明確に違うのはデュラントとチャンドラー。言い換えればデュラントへの対応だけを考えていても許されるチャンドラー。ここが負けないことが最も重要です。

, , ,

◉ヨキッチにゲームメイクさせないナゲッツ

ウルブズ戦を有利に進めながら選手不足とヨキッチ乱調で落としたナゲッツは、ノンヨキッチシステムにしています。

ヨキッチをフィニッシュ役として使います。やはりパスミスが多かったのを嫌ったのか。グリーンとマッチアップだとシュートを決めますが、ベルだと外します。ベルの方が少しだけ前までプレッシャーかける感じ。

しかし、全般的に渋滞気味のナゲッツ。ヨキッチのローポストくらいしか有効ではないのですが、それは逆にコーナーを使い難くしてトップ側にウォーリアーズディフェンスを集めてしまいます。

またインサイドへのパスが通っても、リバウンドをとってもフィニッシュ出来ないプラムリー。ギリギリで止めているベル。うーん優秀なルーキー。

ナゲッツは低調なスタートに。

, , ,

◉グリーンがゲームメイクするウォーリアーズ

しかし、ウォーリアーズも低調なスタートに。PGマコーから運ばれたボールに本来ならばトンプソンとデュラントに渡されるのが、頻繁にボールに顔を出すグリーンとベル。

今季の序盤はグリーンが出て来すぎてアウトサイドを狭くしていましたが、この試合ではマコーへの不安なのか出てくる事で同じ現象が。

でもこれをナゲッツ目線で見るとわかり易い構図な気もして来ます。怖いのはトンプソンとデュラント。そこにはハリスとチャンドラーが密着します。スピードには対抗できないヨキッチとプラムリーが外まで追いかけるのは得策ではないし、インサイドフォローしておきたい。

つまりは離されるグリーンとベルというのは自然な形。これがパチュリアだとひたすらトンプソンに絡んだり、カリーにピックしたり。まぁスクリーンしかしないか。大切なのはパスコースのジャマをしない事なのだけど、このスターターはコートを広く使えず、真ん中に人が寄ることに。

, , ,

全く決まらないデュラントとトンプソンだけど、そんなに密着されているのは何故?と考えればグリーンとベルのコンビはスクリナーとしてもスペーサーとしても課題があり過ぎる気がしました。

タイムアウトで妥協したカーHCはマコーをコーナーに配置し、スペースを確保してデュラントが行き始めます。更にコーナーへのパスでワイドに使ってマコーのドライブが決まります。この辺の修正はさすがなカーHCですが、グリーンじゃなくてマコーを動かすのか、という感じ。

デュラントは7点とったものの、トンプソンは0/4で無得点。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合関連
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【#Bリーグ】2017/12/24 G26 #富山グラウジーズ🔥○96-80●新潟アルビレックスBB。#grouses【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

レブロンの大活躍について考える【バスケのデータ見ながら語ります。】

20171224 ヒート vs ペリカンズ【バスケのデータ見ながら語ります。】

ブロガープロフィール

profile-iconwhynot

NBAに関してファンブログはありますが分析ブログがないので始めました。イメージで捉えていた内容とデータが一致するか、データに新しい発見があるか確認してみてください。

依頼事項あればメール送っていただければ対応します。
  • 昨日のページビュー:2569
  • 累計のページビュー:2020362

(01月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 17-18シーズンプレビュー キャブス編
  2. ボストン・セルティックスが強い理由 〜ディフェンス編〜
  3. センターを知ればチーム戦術が判る 〜前編〜
  4. ボストン・セルティックスが強い理由 〜オフェンス編〜
  5. カイリーのトレードが決まらない
  6. カイリー・アーヴィングのトレード先を考える
  7. センターを知ればチーム戦術が判る 〜後編〜
  8. スティーブ・カーとダントーニ 後編
  9. 渡邊雄太を獲得すべきチームはどこか?
  10. 今季のキャブスを振り返る

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss